秘境駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秘境駅(ひきょうえき)とは山奥や原野などにある鉄道駅である。

概要[編集]

「秘境駅」という言葉が使われ始めた時期は不明確であるが、1990年代には一例として所澤秀樹の著書『列島周遊 もっとへんな駅!?』(1998年 山海堂刊)の中で田本駅小和田駅に対して「秘境駅」との表現が使用されている。しかし、現在では牛山隆信が、テレビ番組や自身のウェブサイトを通じ、「秘境駅」という言葉を世に知らしめたとされる。

一般に「鉄道路線集落までの間に距離がある」(例:小和田駅坪尻駅紀伊神谷駅など)「登山などの目的の人が利用するのみ」(例:土合駅など)「昔は集落があったが消滅した」(例:赤岩駅(廃止)・布原駅など)「駅に一切車道が通じていない」(例:田本駅張碓駅(廃止)など)などの理由によって、人家のほとんどない地帯に存在する駅のことを指す。

越えや海岸線沿いでは、鉄道を建設する際に、周辺住民の利便性よりも鉄道敷設の容易さが優先され、立地条件に恵まれなかったために、このような形態になる駅は多い。また、仮乗降場から昇格した鉄道駅は、そもそも駅開設当初から、利用価値が希薄な場合もある。

日常的な利用者がおらず、駅やその路線が維持費の問題で廃止されるため、減少傾向にある[2]

秘境駅の基準[編集]

秘境駅を決定する絶対的な基準は存在しない。日本の秘境駅を研究している牛山隆信が自身の著作やウェブサイトで秘境駅を格付けする際、その採点基準としているのは下記の5つの要素で、これらを総合的に判断し秘境駅をランキング化して発表している。

  • 秘境度 - 周囲が断崖絶壁、深い山林、荒涼とした原野にあり、人家が無い(少ない)。
  • 雰囲気 - 駅舎待合室、周囲の建造物などに古い歴史を感じさせる。
  • 列車到達難易度 - 停車する列車が極めて少なく、鉄道を使って当該秘境駅に到達するのが困難である。
  • 車到達難易度 - 駅までの道が無い場合が最も高く、次いで歩道のみ、未舗装の林道など、自動車やオートバイでの当該秘境駅訪問が困難。
  • 鉄道遺産指数 - スイッチバックループ線引き込み線廃線跡などの鉄道遺構が存在する。この要素は、2012(平成24)年度版のランキングから追加された。

この基準も多分に主観的な要素を持つため、駅周囲に人家があって定期利用者がいる駅であっても、「平地が少なく駅の立地場所が限られる場所」「古い駅舎がある」「列車の停車本数が少ない」「駅への取り付け道路が狭隘」「かつて貨物の搬出や列車交換等に使っていた廃プラットホームと錆びたレールがある」といった点で秘境駅と認定される場合がある。特に、牛山の言う「秘境駅の周囲の人家」とは駅から見渡せる範囲の人家を指すことが多く、地図で確認すると駅からそう離れていない位置に集落があったり、よく整備された国道が駅のすぐ横を走っていたり、ということが多々ある。特に北海道や東北地方では吹き溜まりを防止するために駅構内を防雪林で被うことが多く、そのような駅に降り立つと「山林の中に立地する駅」と誤解しがちである。なお、廃駅になるとランキングから除外される。

秘境駅への臨時列車[編集]

日本国内での例[編集]

「秘境駅」がブームとなって以降は、鉄道各社で秘境駅に関する臨時列車を運行している。

日本国外での例[編集]

タイ国鉄では2019年11月3日に、アジア鉄道旅行計画の主催により、バンコクフアランポーン駅からスパンブリーまで貸切列車が運行された。

この路線では、定期列車が走るのは暗い時間帯の1往復のみである。あえて観光路線でない路線で車窓風景を楽しむことができるよう企画され、参加者は秘境駅の雰囲気を味わった[10]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]