千代駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
千代駅
Chiyo Station-Platform 1.jpg
駅全景(2022年10月)
ちよ
Chiyo
金野 (1.2 km)
(1.4 km) 天竜峡
所在地 長野県飯田市千栄[1]732
北緯35度25分46.67秒 東経137度49分0.18秒 / 北緯35.4296306度 東経137.8167167度 / 35.4296306; 137.8167167座標: 北緯35度25分46.67秒 東経137度49分0.18秒 / 北緯35.4296306度 東経137.8167167度 / 35.4296306; 137.8167167
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 CD 飯田線
キロ程 114.8 km(豊橋起点)
電報略号 チヨ[1]
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
3人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1932年昭和7年)10月30日[1][2]
備考 駅員無配置駅[1]
標高:380m[1]
テンプレートを表示

千代駅(ちよえき)は、長野県飯田市千栄(ちはえ)にある、東海旅客鉄道(JR東海)飯田線である[1]

一部の普通列車は当駅を通過する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を持つ地上駅[1]飯田駅管理の無人駅で駅舎はないが、ホーム上に待合所がある。

1966年まで駅の南側に、天竜川で採取された砂利無蓋車に積み込むためのホッパーがあり、そこへ至る専用線が駅から分岐していた。

利用状況[編集]

乗車人員は以下の通りとなっている。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2003 7
2004 9
2005 5
2006 5
2007 4
2008 6
2009 4
2010 3
2011 3
2012 2
2013 2
2014 2
2015 1
2016 2
2017 2
2018 3

駅周辺[編集]

一部では秘境駅と言われ、JR東海も自らパンフレットや車内広告で秘境駅という言葉を使っている。ただし周辺には民家がある。民家と反対側(天竜川側)の田園は駅前すぐだが、遮断機・警報機のない勝手踏切を横断する必要がある。駅前には屋根付の自転車置き場があったが、現在では撤去され道路の一部となっている。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
CD 飯田線
快速(上りのみ運転)・普通(一部の下り列車は通過)
唐笠駅 - 金野駅(※) - 千代駅 - 天竜峡駅
(※)一部の普通列車は金野駅に停車しない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j 信濃毎日新聞社出版部 『長野県鉄道全駅 増補改訂版』信濃毎日新聞社、2011年7月24日、224頁。ISBN 9784784071647 
  2. ^ a b c d e f g h i 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、104頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  3. ^ a b 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 03号、15頁
  4. ^ 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 03号、17頁

参考文献[編集]

  • 曽根悟(監修)「飯田線・身延線・小海線」『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』第3号、朝日新聞出版、2009年7月26日。

関連項目[編集]