干拓仮乗降場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
干拓仮乗降場
かんたく
Kantaku
更岸 (2.6km)
(3.6km) 天塩
所在地 北海道天塩郡天塩町字更岸
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 羽幌線
キロ程 118.6*km(留萠起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1955年昭和30年)12月2日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月30日
備考 羽幌線廃線に伴い廃駅
*キロ程は、実キロ
テンプレートを表示
1977年の干拓仮乗降場と周囲約500m範囲。上が幌延方面。羽幌側に水路状のトコツナイ川。左に国道232号の旧道と建設中の新道が並ぶ。1両程の長さしかない簡易型ホーム上横に水色の屋根の待合室が見える。周囲は酪農地帯でほとんど家がない。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

干拓仮乗降場(かんたくかりじょうこうじょう)は、北海道天塩郡天塩町字更岸にかつて存在した、日本国有鉄道(国鉄)羽幌線廃駅)である。羽幌線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)3月30日に廃駅となった。

駅構造[編集]

廃止時点で、1面1線の単式ホームを有する地上駅(仮乗降場、廃止時まで)であった。ホームは、線路の西側(幌延方面に向かって左手側)に存在した。ホーム上の待合所のみで、駅舎は存在しなかった[1]

駅名の由来[編集]

所在地付近の集落の地名から。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1955年(昭和30年)12月2日 - 日本国有鉄道(国鉄)天塩線干拓仮乗降場設定)として開業。
  • 1958年(昭和33年)10月18日 - 天塩線を羽幌線に編入して羽幌線が全通、それに伴い同線の仮乗降場となる。
  • 1987年(昭和62年)3月30日 - 羽幌線の全線廃止に伴い、営業を停止、廃止となる。

駅跡[編集]

2001年(平成13年)時点で、遺構は残されておらず、跡形もなくなっている[2]

また、2001年(平成13年)時点では当仮乗降場跡附近のトコツナイ川に、コンクリートの橋台が残存していた[2]。2010年(平成22年)時点でも同様であった[3]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
羽幌線
更岸駅 - 干拓仮乗降場 - 天塩駅

参考文献[編集]

  • 国土地理院25000分の1地形図

脚注[編集]

  1. ^ 工藤裕之『北海道廃止ローカル線写真集 追憶の鉄路』北海道新聞社、2011年12月、71頁。ISBN 978-4894536197
  2. ^ a b 『鉄道廃線跡を歩くVIII』宮脇俊三JTBパブリッシングJTBキャンブックス〉、2001年7月、38頁。ISBN 978-4533039072
  3. ^ 『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』今尾恵介、JTBパブリッシング、2010年3月、46頁。ISBN 978-4533078583

関連項目[編集]

外部リンク[編集]