啓明仮乗降場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
啓明仮乗降場
けいめい
Keimei
遠別 (3.5km)
(1.6km) 丸松
所在地 北海道天塩郡遠別町字啓明
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 羽幌線
キロ程 106.8*km(留萠起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年昭和31年)5月1日
廃止年月日 1987年昭和62年)3月30日
備考 羽幌線廃線に伴い廃駅
*実キロ、営業キロ設定無し
テンプレートを表示
1977年の啓明仮乗降場と周囲約500m範囲。上が幌延方面。羽幌側に踏切と待合室がある。周囲は牧草地帯で民家が散在しているが、現在はさらに過疎化して左端の民家が残っているだけである。下を流れているのはウツツ川。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

啓明仮乗降場(けいめいかりじょうこうじょう)は、かつて北海道天塩郡遠別町字啓明に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)羽幌線仮乗降場廃駅)である。羽幌線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)3月30日に営業を停止し、廃止された。

駅構造[編集]

廃止時点で、1面1線の単式ホームを有する地上駅であった。プラットホームは、線路の東側(幌延方面に向かって右手側)に存在した[1]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1956年(昭和31年)5月1日 - 日本国有鉄道(国鉄)天塩線の啓明仮乗降場設定)として開業。
  • 1958年(昭和33年)10月18日 - 天塩線を羽幌線に編入し、羽幌線が全通。それに伴い、同線の仮乗降場となる。
  • 1987年(昭和62年)3月30日 - 羽幌線の全線廃止に伴い、閉鎖。

駅跡[編集]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
羽幌線
遠別駅 - 啓明仮乗降場 - 丸松駅

参考文献[編集]

  • 国土地理院25000分の1地形図

脚注[編集]

  1. ^ 工藤裕之 『北海道廃止ローカル線写真集 追憶の鉄路』 北海道新聞社2011年12月、75頁。ISBN 978-4894536197

関連項目[編集]

外部リンク[編集]