フライドバイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フライドバイ
flydubai
فلاي دبي
Fly Dubai logo 2010 03.svg
IATA
FZ
ICAO
FDB
コールサイン
SKY DUBAI
設立 2008年3月19日
運航開始 2009年6月1日
拠点空港 ドバイ国際空港
保有機材数 61機 (MAXは225機発注済み)[1]
就航地 45カ国 100都市以上[2]
スローガン Get Going
親会社 ドバイ政府
本拠地 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 ドバイ
代表者 Ahmed bin Saeed Al Maktoum社長
Ghaith Al Ghaith (CEO)
Kenneth Gile (COO)
従業員数 3,773人(2017年1月) [3]
外部リンク http://www.flydubai.com/
テンプレートを表示

フライドバイ英語:flydubai、アラビア語:فلاي دبي)はアラブ首長国連邦ドバイに本拠地を置く格安航空会社である。本社をドバイ国際空港第2ターミナルをベースに運航されている。2017年8月現在で中東、アフリカ、東南アジア、ヨーロッパなど100都市以上へ就航している。[4]

沿革[編集]

2008年4月19日に設立。エミレーツ航空は親会社ではないものの、ドバイ政府を大株主とする点で共通しており、設立にあたっては大きな支援を得ている。翌年の6月1日にドバイアンマンベイルート間で運行を始めた。[5]

2013年10月8日 ビジネスクラス装備の機材で、ビジネスクラスサービスを提供する便の運航を開始、ビジネスクラス旅客は優先搭乗、出入国の優先レーンが使用可能。737-800に12席が装備されており、シートは42インチ、モニターはタッチスクリーン式の12.1インチが装備されている。[6]

2014年7月6日 ビジネスクラスを同社機材に装備していることを受け、ドバイ国際空港ターミナル2にビジネスクラス向け24時間営業のラウンジが開設された。[7]

2017年7月17日 姉妹会社のエミレーツ航空とパートナージップ協定を結ぶ。これにより両社により200都市以上への就航となる。[8]

2017年7月31日 中東の航空会社には初、ボーイング737MAX (登録番号A6-MAX)が導入された。

[9]

2017年11月15日 ドバイ航空ショーにて総額270億ドルを総じて737 MAXを計225機注文(175機発注しかつ50機の購入権設定)[10]

就航都市[編集]

2018年現在ドバイを拠点に下記の都市に就航している。

アジア

中東

アフリカ

ヨーロッパ


以上45カ国 100都市[11]

機材[編集]

  • ボーイング737-800 (189席)(174席)(162席):57機[1]
  • ボーイング737MAX:4機 新機種となる737 MAXは225機発注済み 50機以上は胴体長が最長となる開発中の737 MAX 10となる見込み。そのほかは標準型の737 MAX 8と長胴型の737 MAX 9となる。[12][13]

事故[編集]

2016年3月19日午前3時50分頃(ロシア第2標準時、UTC+3)、ドバイ国際空港からロシアロストフ・ナ・ドヌにあるロストフ・ナ・ドヌ空港英語版に向かっていたフライドバイ981便(ボーイング737-800、A6-FDN)が、悪天候の中で着陸しようとしたところで墜落した[14]。乗員7人、乗客55名が死亡した[15]。現在もなお事故原因を調査中である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]