ジャック・リーチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジャック・リーチャー
Jack Reacher
初登場キリング・フロアー』(1997年)
アウトロー』(映画・2012年)
最後の登場 ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2013年)
作者 リー・チャイルド
トム・クルーズ(映画『アウトロー』)
詳細情報
性別 男性
職業 元・米陸軍憲兵隊捜査官
肩書き 少佐
家族

父・スタン・リーチャー(元米海兵隊員/大尉・故人)
母・ジョセフィーヌ・ムーティエ・リーチャー(フランス国籍・故人)

兄・ジョー・リーチャー(元・米軍諜報部/財務省勤務・故人)
テンプレートを表示

ジャック・リーチャー(Jack Reacher)は、在米イギリス人推理小説家リー・チャイルド(Lee Child, 1954年 -)による小説シリーズの主人公で架空の人物。今は流れ者だが、かつては米陸軍憲兵隊捜査官だったという設定。同シリーズの9作目を映画化した『アウトロー』(原題:Jack Reacher・2012年製作)では、トム・クルーズがジャック・リーチャーを演じている。

人物設定[編集]

経歴[編集]

ベルリンの米軍基地で、アメリカ海兵隊員の父とフランス人の母の間に生まれる。ウェストポイントの陸軍士官学校を卒業後、13年にわたって米陸軍憲兵隊で犯罪捜査官として働いていた。陸軍を除隊してからは流れ者となり、アメリカ全土を放浪している。

性格[編集]

ストイックで寡黙、孤独を好む。怒りをあらわにすることはほとんどない。正義のためなら手段を選ばず悪を罰するが、良心の呵責といった感情は持ち合わせない。

能力[編集]

  • 時計なしに時刻を知る鋭い能力。いつでも思った通りの時刻に起きることができる。
  • 特定の武術のエキスパートではないが、様々な格闘技に熟練した能力を発揮することができる。
  • 優れた狙撃能力。軍のライフルやピストルの射撃大会での優勝経験を持ち、拳銃のインストラクターも務めていた。いろいろなタイプの火器、銃・武器について精通している。
  • 鋭い観察眼を持ち、敵との対決で発揮される。

映画版(『アウトロー』)においての人物像[編集]

映画概要[編集]

原題は、“Jack Reacher”。ジャック・リーチャー・シリーズ初の映画化作品(2012年製作)。シリーズ9作目の“One Shot”(邦訳タイトルは「アウトロー」)を、『ユージュアル・サスペクツ』でアカデミー賞脚本賞を受賞したクリストファー・マッカリーが監督を務め、トム・クルーズが主人公ジャック・リーチャーを演じている。 また、トム・クルーズの新たな主演映画シリーズの第一弾として製作され、続編も噂されている。映画化第一弾の原作シリーズに9作目を選んだ理由について、プロデューサーのドン・グレンジャーは「シリーズで最も映画的な作品だからだ。リーチャーを紹介するのに最適だと思った」とコメントしている。

キャスティング[編集]

原作シリーズでは、2メートル近い身長と100キロ以上の体重の巨漢でダークなイメージのジャック・リーチャーを、小柄で明るいイメージのトム・クルーズが演じることについて、アメリカでは映画製作発表の際話題となった。原作者チャイルドは、リーチャー役を演じさせたい俳優について、「ブルース・ウィリスをもっと長身にして、さらに体格をよくし、首の上にウィリアム・ハートの頭を載せた男」と述べ、また、後にはラッセル・クロウの名を挙げていたが、プロデューサーのマッカリーからリーチャー役にトム・クルーズをキャスティングしたいと聞かされると、「私が作ったキャラクターを演じるのに、史上最大の映画スターを断る理由はないね」と承諾したという。クルーズ自身も「もし彼(原作者リー・チャイルド)がOKしなければ、この役を引き受けなかった」と語っている。

人物設定[編集]

アウトロー7カ条

  1.  職には就かない(陸軍憲兵隊の捜査官だったが、除隊後は全米を放浪)。
  2.  住居は持たない(徒歩やヒッチハイク、バスで移動し、流れ着いた街の安宿を転々)。
  3.  身分や居所を明かす物は持たない(携帯電話、免許証、クレジットカードなどは持たない)。
  4.  人とは絶対につながらない(恋人、家族、友人など面倒な人間関係は必要なし。女も一夜限り)。
  5.  証拠は信じない(警察はまったく信用せず、証拠も信じない)。
  6.  法律は関係ない(自分に絶対的な自信を持ち、己が定めたルールこそが法)。
  7.  悪は決して許さない(悪を見過ごすことができず、正義のためには手段を選ばない)。

続編[編集]

登場小説[編集]

ジャック・リーチャー・シリーズは、2016年までに21作の小説が発表された。これまで95カ国、40言語に翻訳されており、邦訳は「アウトロー」を含めて9作が、いずれも講談社文庫から刊行されている。

  • Killing Floor(1997) 「キリング・フロアー」(講談社文庫・刊)
  • Die Trying(1998) 「反撃」(講談社文庫・刊)
  • Tripwire(1999)「警鐘」(講談社文庫・刊)
  • The Visitor(2000)
  • Echo Burning(2001)
  • Without Fall(2002)
  • Persuader(2003)
  • The Enemy(2004)「前夜」(講談社文庫・刊)
  • One Shot(2005) 「アウトロー」(講談社文庫・刊)
  • The Hard Way(2006)
  • Bad Luck and Trouble(2007)
  • Nothing to Lose(2008)
  • Gone Tomorrow(2009)
  • 61 Hours(2010)「61時間」(講談社文庫・刊)
  • Worth Dying for(2010)
  • The Affair(2011)
  • A Wanted Man(2012)「最重要容疑者」(講談社文庫・刊)
  • Never Go Back(2013)「ネバー・ゴー・バック」(講談社文庫・刊)
  • Personal(2014)「パーソナル」(講談社文庫・刊)
  • Make Me(2015)
  • Night School(2016)
  • The Midnight Line(2017)
  • Past Tense(2018)

外部リンク[編集]

参考文献[編集]