アントマン (スコット・ラング)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Ant-Man
出版の情報
出版者 マーベルコミックス
初登場 ラングとして:
アベンジャーズ』第181号(1979年3月)
アントマンとして:
マーベル・プレミア英語版』第47号(1979年4月)
クリエイター デイヴィッド・ミッチェリーニ英語版
ジョン・バーン英語版
作中の情報
本名 スコット・エドワード・ハリス・ラング
所属チーム アベンジャーズ
ファンタスティック・フォー
ヒーローズ・フォー・ハイアー英語版
ディフェンダーズ英語版
フューチャー・ファウンデーション英語版
能力 エレクトロニクスの専門家
ユニフォームの機能:
サイズの変更
昆虫とのテレパシー通信
縮んだ状態で通常の強度を維持

スコット・ラングScott Lang)は、マーベルコミックスによって出版されるコミック作品に登場するキャラクターである。ヘンリー・ピムに続いてマーベル・ユニバース英語版アントマンAnt-Man)を名乗った2人目のスーパーヒーローである。マーベル・スタジオズ製作による2015年公開の映画『アントマン』ではポール・ラッドがラングを演じた。

出版上の歴史[編集]

スコット・ラングは『アベンジャーズ』第181号(1979年3月)で初登場し、『マーベル・プレミア英語版』第47号(1979年4月)で2代目アントマンとなった。

2012年11月からは『FF英語版』誌に登場している[1]

キャラクターのバイオグラフィ[編集]

生い立ち[編集]

スコット・ラングはフロリダ州コーラルゲーブルズ英語版で生まれた。電気技術者として家族を養っていたが上手くいかず、生活が貧窮する。強盗を働くが逮捕され、実刑判決を受ける。模範囚であったために3年で仮釈放される。

獄中で自身の研究を進めていたことが認められ、スターク・インターナショナルの設計部門に雇われる。スタークの指揮下で彼はアベンジャーズ・マンション英語版の警備システムを改良した[2]

アントマンとなる[編集]

娘のカサンドラ・ラング英語版が重い病にかかると彼は最後の手段として再び強盗業へと戻った。彼はヘンリー・ピム博士の家に押し入り、アントマンの装備と縮小ガスを盗み出した。アントマンとなったラングはクロス・テクノロジカル・エンタープライズ英語版侵入し、唯一娘を助けることが出来る腕を持ち、クロスに誘拐されていたエリカ・ソンドハイム博士を見つけ出す。ラングはソンドハイムを救出し、彼によって娘の命が救われ、安堵した。

ラングはアントマンの装備を返還して出頭するつもりであったが、ピムは正義のために使ってもらうとして彼に与えたままにした[3]

ヒーロー活動[編集]

その後ラングはアントマンの装備を身につけ、様々な局面でアイアンマンアベンジャーズを助けることとなった。

アイアンマンが自らのアーマーの罠にかかった際に彼を助けた[4]。またパーネル・ソロモン博士に捕らえられたワスプを救出しようとするイエロージャケット(ヘンリー・ピム)を助けた。さらにアベンジャーズと共に初めてタスクマスター英語版と戦った[5]

その後、オッド・ジョンの操る突然変異の昆虫と戦い、マイクロノーツ英語版のバイオトロンと遭遇した[6]。さらにスパイダーマンと共にタスクマスターと再戦した[7]

ラングとしての彼は、ダラスのエレクトロニクス・エンジニア大会でレイダースを止めようとした[8]。その後は故障したGARDコンピュータ・セキュリティ・システムと戦った[9]。また、モーラー英語版と戦うアイアンマンとジム・ローディを支援した[10]ファンタスティック・フォーと会い、彼らと共に初めて「ミクロワールド」を冒険し、シング英語版と共闘した[11]

アーマー・ウォーズ英語版」事件では自分の技術をコピーした人物を探そうとするアイアンマンに協力した[12]。またアベンジャーズに協力してタスクマスターの訓練施設に侵入し、ホークアイと共にタスクマスターと戦った[13]リック・ジョーンズ英語版アルファフライトと遭遇し、その後、ロム英語版スターシャイン英語版と共にダイア・レイス英語版と戦った[14]バロン・ジモ英語版マスターズ・オブ・イビル英語版がアベンジャーズ・マンションを占拠してチームの一部を捕らえていた際、ラングはアベンジャーズのバックアップチームで働いており、ワスプと協力して、昏睡状態のハーキュリーズ英語版を殺すために病院を襲ったアブソービングマン英語版ティターニア英語版を倒した[15]

彼は誤ってスパイダーマンを縮小化し、スカーレット・ビートルと戦った[16]。またドラゴンフライ英語版とも戦った[17]

ラングはルー・ゲーリッグ病に苦しんでいたハルクを治療する際に、身体を微視的サイズまで縮小してハルクのもつ病気の遺伝子をブライアン・バナー英語版(ブルース・バナーの父)の遺体から採取した健康な遺伝子と取り替えた[18]

元妻のペギー・レイが娘キャシーの親権を得るとラングは正式にアベンジャーズに参加した[19]。ラングはメンバーであるジャック・オブ・ハーツ英語版と何度も衝突したが、ジャックは爆死する前にラングの娘を殺人鬼から守った[20]

ラングはブライアン・マイケル・ベンディスによるシリーズ『エイリアス英語版』誌上にも登場し、元スーパーヒーローの私立探偵である主人公ジェシカ・ジョーンズ英語版と短期間交際していた[21]

死亡[編集]

ジェシカ・ジョーンズとの活動後、死んだはずのジャック・オブ・ハーツがゾンビのような姿となって突如アベンジャーズ・マンションに現れる。ジャックは爆発し、近くに居たラングはそれに巻き込まれて死亡、マンションの大部分は破壊された。このジャックは本人ではなく、発狂したスカーレット・ウィッチが創り出した「幻」である可能性があり、アベンジャーズ解散事件英語版の始まりとなった[22]

彼の死後、娘のキャシーは長年にわたってピム粒子を浴びた影響によって自分のサイズを自在に変換する能力を身につけていたことが明らかとなり、スタチュアを名乗りヤング・アベンジャーズ英語版の一員となった[23]。ラングのヘルメットはしばらくの間、アマデウス・チョ英語版が所有することとなった。キャシーの承認によって彼はそれを装着し、昆虫を操作する機能を中心に使用した[24]

復活[編集]

リミテッド・シリーズ『アベンジャーズ: ザ・チルドレンズ・クルセイド』でアイアンラッド英語版はヤング・アベンジャーズとワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ時代の記憶を失っている)を連れてアベンジャーズ解散事件の始まりとなった日までタイムスリップした。これによりスコットはジャック・オブ・ハーツの自爆による死を免れ、その後スカーレット・ウィッチは記憶を取り戻し、一同は現代へと帰還する[25]。スコットは娘が自分の跡を継いでいたことを誇りに感じた[26]。しかしながらその後、スカーレット・ウィッチを巡ってアベンジャーズ、ヤング・アベンジャーズ、X-メンマグニートーX-ファクター英語版ドクター・ドゥームが始まり、キャシーはその過程で命を落とした[27]

その後、スコットはドクター・ストレンジシルバーサーファーネイモアレッド・シーハルク英語版アイアンフィスト英語版ブラックキャットで構成される新たなチーム「ディフェンダーズ」に参加する[28]。またファンタスティック・フォーがタイムトラベルをしている時にはリード・リチャーズに代わってフューチャー・ファウンデーション英語版のリーダーを務めた[29]

他のバージョン[編集]

アルティメット・マーベル[編集]

アルティメットのスコット・ラングはジャイアントマンを名乗っている。彼はアルティメット・アベンジャーズ3英語版』で初登場し、その後『Ultimate Comics: Avengers Vs. New Ultimates』でニューアルティメッツに参加する[30]

他のメディア[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Beard, Jim (2012年8月9日). “Marvel NOW! Q&A: Fantastic Four”. Marvel.com. 2012年8月9日閲覧。
  2. ^ Avengers #181
  3. ^ Marvel Premiere #47-48
  4. ^ Iron Man #133
  5. ^ Avengers #195-196
  6. ^ Micronauts Vol. 1 #19-20
  7. ^ Marvel Team-Up #103
  8. ^ Iron Man #145
  9. ^ Iron Man #151
  10. ^ Iron Man #156
  11. ^ Marvel Two-in-One #87
  12. ^ Iron Man #225
  13. ^ Avengers #223-224
  14. ^ Rom #58-59
  15. ^ Avengers #275-277
  16. ^ Amazing Spider-Man Annual #24
  17. ^ Iron Man Annual #12
  18. ^ Paul Jenkins and Sean McKeever (w), Joe Bennett (p), Tom Palmer (i). "Spiral Staircase (Part Three)" Incredible Hulk vol. 3, #32 (), Marvel Comics
  19. ^ Avengers vol. 3 #62
  20. ^ Avengers vol. 3 #76
  21. ^ Alias #13-28
  22. ^ Avengers #500
  23. ^ Young Avengers #2
  24. ^ Mighty Avengers #25
  25. ^ Avengers: The Children's Crusade #5
  26. ^ Avengers: The Children's Crusade #6
  27. ^ Avengers: The Children's Crusade #7
  28. ^ Defenders vol 4 #10 (September 2012)
  29. ^ FF #1 (November 2012)
  30. ^ Ultimate Comics: Avengers Vs. New Ultimates #1
  31. ^ Paul Rudd Set to Star in Marvel's Ant-Man”. Marvel Entertainment. Marvel Studios (2013年12月19日). 2013年12月19日閲覧。
  32. ^ Kroll, Justin (2014年1月13日). “Michael Douglas to Star as Hank Pym in Marvel's Ant-Man”. Variety. オリジナル2014年1月13日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6MbWRh6s6 2014年1月13日閲覧。 
  33. ^ Director Peyton Reed and Writer Adam McKay Join Marvel's Ant-Man”. Marvel.com (2014年6月7日). 2014年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]