パニッシャー (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Marvel's Punisher
ジャンル
出演者
作曲 タイラー・ベイツ
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 2
話数 26
各話の長さ 49分 〜 58分
製作
製作総指揮
撮影監督 マット・ロイド
製作
放送
放送チャンネル ネットフリックス
映像形式 4K (Ultra HD)
放送期間 2017年11月17日 (2017-11-17) - 2019年1月18日 (2019-1-18)
公式ウェブサイト
番組年表
関連番組 マーベル・シネマティック・ユニバースのテレビシリーズ英語版
テンプレートを表示

パニッシャー』 (Marvel's Punisher) は、同名のコミックのテレビドラマ版。マーベル・シネマティック・ユニバースシリーズの1作品である[1]ネットフリックスにて2シーズン(全26話)が公開されている[2]

概要[編集]

マーベル・コミック」のアメリカン・コミックの実写作品を同一の世界観で扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズに属する作品であり、テレビドラマ版『デアデビル』のスピンオフ作品でもある[1]

元軍人であり、家族を殺害された後に私刑執行人として暗躍していたフランク・キャッスル(パニッシャー)を、ジョン・バーンサルが演じる[3]。製作は『デアデビル』と同様、マーベル・テレビジョンABCスタジオの共同で行われた[4]

2017年11月17日にシーズン1の全話が配信され、シーズン2は2019年1月18日に配信された[5]。2019年2月、2シーズンをもって完結することが発表された[6]

なお、Netflixとマーベルの間で交わされた契約に従い、パニッシャーが打ち切られてから2年間はNetflixと共同制作したドラマシリーズのキャラクターを使用できないため、マーベルが本シリーズやキャラクターの権利を再取得できるのは2021年2月以降となる[7]

キャスト[編集]

メイン[編集]

フランク・キャッスル / パニッシャー (Frank Castle / Punisher)
演 - ジョン・バーンサル、日本語吹替 - 坂詰貴之
ギャングの抗争に巻き込まれ、最愛の家族を殺害された元海兵隊員。私刑執行人パニッシャーとして犯罪者を次々と殺害している。軍隊時代はアメリカ海兵隊武装偵察部隊に所属し、CIAの秘密作戦にも従軍していた[8]
ビリー・ルッソ / ジグソウ (Billy Russo / Jigsaw)
演 - ベン・バーンズ 、日本語吹替 - 佐藤拓也
フランクの軍人時代から親友の元海兵隊員。除隊後は民間軍事会社アンヴィルの経営者として成功している[9]
ダイナ・マダニ (Dinah Madani)
演 - アンバー・ローズ・レヴァ
アメリカ合衆国国土安全保障省"DHS"の捜査官。カンダハルで同僚だったアーマッド・ズバイルが拷問され殺害の映像をマイクロから受け取って以来、その事件の捜査に執念を燃やす[10]
デヴィッド・リーバーマン / マイクロ
演 - エボン・モス・バクラック
NSA分析官。カンダハルでの米兵によるアーマッド・ズバイルの殺人を告発しようとして殺されかけた[11]
ウイリアム・ローリンズ
演 - ポール・シュルツ
CIA上級工作要員。
カンダハルでフランクやビリーを上官としてケルベロス作戦の指揮を執った人物。
カレン・ペイジ
演 - デボラ・アン・ウォール
ニューヨーク・ブルティンの記者。
カーティス・ホイル
演 - ジェイソン・R・ムーア
元衛生兵でフランクの親友。帰還兵のセラピストで保険のセールスマン。義足。
サム・ステイン
演 - マイケル・ナサンソン
DHSの捜査官でマダニの相棒。
ジョン・ピルグリム
演 : ジョシュ・スチュワート
シュルツ家の使用人。キリスト教原理主義者。(S2)
エイミー・ベンディックス
演 - ジョージア・ウィガム
詐欺師の不良少女。 (S2)
クリスタ・デュモン
演 - フロリアナ・リマ
ビリーの担当心理療法士。 (S2)

リカーリング[編集]

エピソード[編集]

シーズン1[編集]

通算
話数
タイトル監督脚本公開日
1"午前3時"
"3 AM"
Tom ShanklandSteve Lightfoot2017年11月17日 (2017-11-17)
フランク・キャッスルは復讐を終え、別人を装い解体業を営んでいた。そんな時、職場に新人のドニーが現れ、フランクに絡むタチの悪い同僚と接近していく。一方、DHS捜査官のマダニはアフガニスタンの警察官が殺害される事件を捜査しており、事件に関わったと見られるフランクを探していた。
2"死んだはずの男が2人"
"Two Dead Men"
Tom ShanklandSteve Lightfoot2017年11月17日 (2017-11-17)
フランクはドニーを殺そうとした同僚などを始末するが、マイクロを名乗るサイバーテロリストから思いもよらない電話を受け、マダニが捜査していた警察官殺害事件の映像を送り付けられ、対抗するためにマイクロと離れ離れになった妻のサラに近づく。一方、マダニは民間軍事会社アンヴィルの訓練に参加し、フランクの元戦友であるビリーと知り合う。
3"カンダハール"
"Kandahar"
Andy GoddardSteve Lightfoot2017年11月17日 (2017-11-17)
マイクロを拘束したフランクは、彼を容赦なく尋問する。フランクはアフガニスタンのカンダハールで「ケルベロス作戦」という対反乱作戦に参加していたが、それは非人道的かつ無謀な作戦であった。
4"武器の調達"
"Resupply"
Kari SkoglandDario Scardapane2017年11月17日 (2017-11-17)
フランクは武器を調達するためギリシャ人より武器を奪取しようと試みるが、マダニもまたギリシャ人の武器を摘発しようとしていた。一方フランクの戦友であったカーティスは、精神を病んだルイスという帰還兵の青年に気をかける。
5"グンナー"
"Gunner"
Dearbhla WalshMichael Jones-Morales2017年11月17日 (2017-11-17)
戦闘の末に負傷したマダニを助けたフランクは、「ケルベロス作戦」の非道さを告発したと思われる戦友・グンナーとコンタクトを取ろうとする。しかし人里離れたグンナーの居住区には、いつの間にか「ケルベロス作戦」でフランクと因縁を持つCIA工作員・ローリンズが傭兵を何人も送り込んでいた。
6"黒いヤギ"
"The Judas Goat"
Jeremy WebbChristine Boylan2017年11月17日 (2017-11-17)
フランクが瀕死の状態になり、マイクロの要請によりカーティスは彼を助ける。一方、ビリーと深い仲になったマダニは、自分を助けたフランクが生きていることを徐々に確信し始める。やがてフランクは、かつて共に戦ったビリーと再会していく。
7"ターゲット捕捉"
"Crosshairs"
Andy GoddardBruce Marshall Romans2017年11月17日 (2017-11-17)
ビリーはローリンズと繋がっていた。フランクは米軍基地に潜入し、「ケルベロス作戦」に関わってヘロイン密輸を担当していたベネット大佐から情報を引き出そうとする。マダニはグンナーを調べ始めてから彼が襲撃されたことから、自分達の捜査が盗聴されていることに気付く。
8"白刃"
"Cold Steel"
Antonio CamposFelicia D. Henderson2017年11月17日 (2017-11-17)
フランクは、サラが自分に惹かれつつあることに気づき、それにうなだれるマイクロの家族への想いを知る。盗聴に気付いたマダニはニセの作戦を行い、現場に現れたものを確保しようとするが、そこには顔を隠したビリーと傭兵達が待ち構えた。
9"敵の真正面"
"Front Toward Enemy"
Marc JobstAngela LaManna2017年11月17日 (2017-11-17)
おとり作戦の結果銃撃戦が発生し、サムが殉職してしまう。一方、精神のバランスを崩したルイスは大規模な爆破テロを敢行。カーティスが止めに入るが、ルイスは彼を叩きのめし、カーティスを助けに来たフランクと連絡を取る。
10"野蛮な美徳"
"Virtue of the Vicious"
Jim O'HanlonKen Kristensen2017年11月17日 (2017-11-17)
ルイスの次の標的は、銃規制派の議員だった。フランクはルイスを止めカレンを助けようと、マダニはサムらが殉職した銃撃戦についてビリーに問い詰めるために議員のいるホテルに向かう。しかし、やがて二人はビリーの裏切りを知ることになる。フランクはその後ルイスと対峙し、彼の最期を見届ける。
11"助けたい人達"
"Danger Close"
Kevin HooksFelicia D. Henderson2017年11月17日 (2017-11-17)
警官に扮装した「アンヴィル」の傭兵が、サラと息子のザックを拉致した。ビリーが敵に回ったと知ったフランクは逃げ延びた娘のレオをマイクロに任せ、入手した情報を元に隠れ家に近づいていく「アンヴィル」の傭兵達と正面切っての勝負を挑む。
12"家"
"Home"
Jet WilkinsonDario Scardapane2017年11月17日 (2017-11-17)
ダイナに確保されたフランクはDHS本部で尋問を受け、自らとビリー、ローリンズらがしてきた「ケルベロス作戦」についてのすべてを自白する。やがてフランクはサラとザックと引き換えに、ローリンズとビリーに身柄を押さえられ、凄惨な拷問を受けることになる。
13"メメント・モリ"
"Memento Mori"
Stephen SurjikSteve Lightfoot2017年11月17日 (2017-11-17)
ビリーの裏切りによりローリンズを殺したフランクは、ダイナの父親によって治療され事なきを得る。一方、ビリーは指名手配され、フランクを見つけるためにカーティスに迫る。フランクは家族が死んだ遊園地のメリーゴーランドで、ビリーとの因縁の戦いに挑む。

シーズン2[編集]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本放送日
141"酒場のブルース"
"Roadhouse Blues"
Jim O'HanlonSteve Lightfoot2019年1月18日 (2019-01-18)
フランク・キャッスルは、放浪の旅を経てデトロイトのバーでとある少女を発見した。少女は牧師の服装をした男・ピルグリムが率いる殺し屋達に狙われていて、バーでの乱戦となるがその中でフランクと親交を深めた女性が撃たれてしまう。
152"闘争か逃走か"
"Fight or Flight"
Jim O'HanlonSteve Lightfoot2019年1月18日 (2019-01-18)
女性を病院に運び終えたフランクと少女は、オハイオのモーテルでピルグリムの手下たちと再び相対する。一方、ニューヨークで精神病院に拘束されていたビリーは、喪失した記憶の中でフランクの存在に怯え始める。
163"神の使い"
"Trouble the Water"
Jeremy WebbKen Kristensen2019年1月18日 (2019-01-18)
オハイオの保安官達はモーテルでの戦いによりフランクと少女らを拘束するが、ピルグリム達の襲撃に悩まされることになる。一方、精神のバランスを崩したビリーは、セラピー中に暴れたことから飛び出してきた警官を殴り飛ばして脱走をする。
174"消せない痕跡"
"Scar Tissue"
Iain B. MacDonaldAngela LaManna2019年1月18日 (2019-01-18)
ビリーを追うマダニにより、フランクはニューヨークに舞い戻る。マダニが用意した隠れ家の中で、少女は自分の本名がエイミーであることを明かす。脱走を果たしたビリーは幼少期に自分を虐待した施設の職員を探し当て殺害する。
185"手の平の上で踊れ"
"One-Eyed Jacks"
Stacie PassonDario Scardapane2019年1月18日 (2019-01-18)
エイミーがシカゴで奪ったネガを奪い取るため、ピルグリムは故郷であるニューヨークに赴く。フランクはエイミーが奪ったものが何であるか知るために、本来買い手となるはずだった男と関係が深いロシアン・マフィアと接触する。
196"狩人"
"Nakazat"
Jamie M. DaggChristine Boylan2019年1月18日 (2019-01-18)
フランクはロシアン・マフィアの頭目を問い詰め、アメリカ政府に大きな影響力を持つシュルツ家の子息が同性愛者であり、キスの写真が入ったそのネガを保守的なシュルツ家への脅迫材料にしていたことを知る。ネガを狙っていたピルグリムは、フランクに命を見逃されたその頭目を撃ち殺す。
207"最悪な1日"
"One Bad Day"
Jet WilkinsonFelicia D. Henderson2019年1月18日 (2019-01-18)
フランクとカーティスは、ビリーを本当に止めるには殺すしかないという結論に達する。自分を匿うカウンセラーのクリスタや帰還兵を魅了したビリーはギャング団を作り上げ、換金所を狙った武装強盗を実行に移す。
218"裏切られた思い"
"My Brother's Keeper"
Michael OfferBruce Marshall Romans2019年1月18日 (2019-01-18)
強盗現場のニューヨーク市街でフランク、ビリーとその一派、警察が入り乱れた壮絶な銃撃戦が発生する。ビリーを追うあまりフランクは情緒不安定になり仲間と揉め、ビリーの心の傷に惹かれるクリスタは、彼の心を治癒を求めつつ支配しようとする。
229"カオス"
"Flustercluck"
Salli Richardson-WhitfieldSteve Lightfoot & Ken Kristensen2019年1月18日 (2019-01-18)
ビリーと仲間たちは軍人としての経験をもとに強盗・殺人を繰り返し勢力を伸ばしていく。シュルツはピルグリムのコネを活かしてフランクとエイミーに対して賞金をかけ、彼らはニューヨークのギャング達に追われることになる。
2310"心に残る闇"
"The Dark Hearts of Men"
Alex Garcia LopezSteve Lightfoot & Angela LaManna2019年1月18日 (2019-01-18)
ピルグリムはギャングだった頃の仲間と出会い、壮絶な乱闘の末にその場を切り抜けるが、満身創痍の中かつての自分を思い出し始める。フランクはカーティスとともにビリー達のアジトを襲うが、罪のない女性たちの死体を見つけ、自分が殺したと思い絶望する。
2411"奈落の底"
"The Abyss"
Meera MenonLaura Jean Leal2019年1月18日 (2019-01-18)
フランクは警察に逮捕され、カレンやマダニの呼びかけにもフランクは応えることがない。カレンとマダニはフランクの無実を証明するため、死体の検視を行う。ピルグリムは自分の妻の死を知らされ、徐々に自らの信仰に葛藤が生じ始める。
2512"衝突必至"
"Collision Course"
Stephen KayDario Scardapane2019年1月18日 (2019-01-18)
ピルグリムはフランク達のアジトを襲い、仕留め損ねるもエイミーは彼の車に隠れ、逆に彼の居所をつきとめることの成功する。クリスタがビリーと通じていることに気づき始めたマダニは彼女を問い詰めて乱闘になり、クリスタを地面に突き落とす。
2613"つむじ風"
"The Whirlwind"
Jeremy WebbSteve Lightfoot2019年1月18日 (2019-01-18)
フランクはシュルツの息子を拉致し、ピルグリムは戦いの中でエイミーを確保。一方ビリーはクリスタを叩き落としたマダニに襲いかかるが、銃撃を受けて重傷を負う。戦いの中でフランク、ビリー、マダニ、エイミー、カーティス、ピルグリム、シュルツ家の運命が交錯する。

脚注[編集]

  1. ^ a b Marvel News, Blog, Articles & Press Releases | Marvel” (英語). Marvel Entertainment. 2020年6月13日閲覧。
  2. ^ Patten, Dominic (2017年10月19日). “‘Marvel’s The Punisher’ Gets November Premiere Date & Trailer On Netflix” (英語). Deadline. 2020年6月13日閲覧。
  3. ^ Petski, Dominic Patten,Denise (2017年9月12日). “‘Marvel’s The Punisher’ Coming Soon & Suddenly, Teases Netflix” (英語). Deadline. 2020年6月13日閲覧。
  4. ^ Weisman, Andrew Wallenstein,Jon (2011年10月21日). “ABC Studios sells scripts tapping music and Marvel” (英語). Variety. 2020年6月13日閲覧。
  5. ^ Shows A-Z - marvel's the punisher on netflix | TheFutonCritic.com”. www.thefutoncritic.com. 2020年6月13日閲覧。
  6. ^ Patten, Dominic (2019年2月18日). “‘The Punisher’ & ‘Jessica Jones’ Canceled By Netflix; Latter’s 3rd Season Still To Air” (英語). Deadline. 2019年2月18日閲覧。
  7. ^ マーベル・スタジオ、デアデビルのドラマの権利を2020年11月に取り戻す予定”. IGN Japan (2020年6月4日). 2020年6月4日閲覧。
  8. ^ WebCite query result”. www.webcitation.org. 2020年6月13日閲覧。
  9. ^ WebCite query result”. www.webcitation.org. 2020年6月13日閲覧。
  10. ^ Elliott, Dave (2017年9月14日). “Geektown’s Exclusive Interview With ‘The Punisher’ Star, Amber-Rose Revah” (英語). Geektown. 2020年6月13日閲覧。
  11. ^ Marvel News, Blog, Articles & Press Releases | Marvel” (英語). Marvel Entertainment. 2020年6月13日閲覧。

外部リンク[編集]