エレクトラ (2005年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレクトラ
Elektra
監督 ロブ・ボウマン
脚本 ザック・ペン
レイヴン・メツナー
スチュアート・ジッカーマン
原作 キャラクター創造
フランク・ミラー
マーク・スティーヴン・ジョンソン(映画版)
製作 アヴィ・アラッド
ゲイリー・フォスター
アーノン・ミルチャン
製作総指揮 スタン・リー
マーク・スティーヴン・ジョンソン
ブレント・オコナー
出演者 ジェニファー・ガーナー
ゴラン・ヴィシュニック
ウィル・ユン・リー
ケイリー=ヒロユキ・タガワ
テレンス・スタンプ
音楽 クリストフ・ベック
撮影 ビル・ロー
編集 ケヴィン・スティット
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
マーベル・エンターテインメント
ニュー・リージェンシー・プロダクションズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年1月14日
日本の旗 2005年6月4日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
製作費 $43,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $56,995,646[1]
前作 デアデビル
テンプレートを表示

エレクトラ』(Elektra)は、2005年アメリカ合衆国スーパーヒーロー映画。監督はロブ・ボウマン、出演はジェニファー・ガーナーゴラン・ヴィシュニックなど。2003年の映画デアデビル』のヒロイン役エレクトラを主役に据えたスピンオフ

ストーリー[編集]

デアデビルと殺し屋ブルズアイとの戦いに巻き込まれて命を失ったエレクトラ。しかしその後、善の組織のリーダーでもある師匠スティックのパワーにより蘇生する。そして彼の指導の下、武術や銃器の必殺法を見につけた最強の暗殺者へ生まれ変わっていた。ある時、エレクトラは自分の少女時代を思い起こさせる、13歳のアビーという謎の少女に出会う。だがエレクトラに新たに課せられた指令は、アビーとその父親マークを抹殺することだった。一方でエレクトラ自身も、悪の組織“ザ・ハンド”から命を狙われていた。彼等はエレクトラとアビーを殺そうと、5人の刺客を放つ。5人はエレクトラの屋敷を急襲し、追い詰めていく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「ジェニファー・ガーナーは真面目に嬉々として役を演じているが、『エレクトラ』の調子っぱずれな脚本はあまりに自己中心的で知的な台詞がないため魅力的なスリルを提供できていない。」であり、166件の評論のうち高評価は11%にあたる18件で、平均点は10点満点中3.8点となっている[3]Metacriticによれば、35件の評論のうち、高評価は1件、賛否混在は18件、低評価は16件で、平均点は100点満点中34点となっている[4]

出典[編集]

  1. ^ a b Elektra” (英語). Box Office Mojo. IMDb. 2021年8月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j エレクトラ(2005) - 映画.com
  3. ^ Elektra” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年8月29日閲覧。
  4. ^ Elektra Reviews” (英語). Metacritic. 2021年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]