X-MEN (映画シリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
X-メン > X-MEN (映画シリーズ)
X-MEN
X-Men
製作 ローレン・シュラー・ドナー
配給 20世紀フォックス
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 合計(5作品):
$705,000,000
興行収入 合計(5作品):
$1,890,097,619
テンプレートを表示

映画『X-MEN』(X-Men)シリーズは、マーベル・コミック同名のスーパーヒーローチームをベースとしたスーパーヒーロー映画である。

概要[編集]

ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンを中心としたアンサンブル作品である。 原作コミックがアース616と呼ばれる世界に対して、こちらの映画シリーズはアース10005と呼ばれる平行世界である[1]。エグゼビア教授(演: パトリック・スチュワート及びジェームズ・マカヴォイ)とマグニートー (Magneto (comics)(演: イアン・マッケラン及びマイケル・ファスベンダー)との争いに巻き込まれてゆく。エグゼビアはミュータントと人類が共存できると信じているが、マグニートーはミュータントが人類を支配すべきと主張している。一部の作品は、「ウェポンX英語版」、「ダーク・フェニックス・サーガ英語版」、「デイズ・オブ・フューチャー・パスト」といった原作コミックのストーリーが基となっている。

20世紀フォックスは1994年にキャラクターの映画化権を購入し、いくつもの草案を経てブライアン・シンガーを雇い、2000年に『X-メン』、2003年に『X-MEN2』が公開された。シンガーは『スーパーマン リターンズ』のために3作目と4作目を降板し、ブレット・ラトナーが代わりに雇われ、『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(2006年)が公開された。その後フォックスは2つの別々の前日譚を公開した。1つはウルヴァリンの過去に焦点を当てたギャヴィン・フッド監督の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(2009年)、2つ目は、X-MENとブラザーフッドの起源を描いたマシュー・ヴォーン監督の『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(2011年)である。2013年にはウルヴァリンを主役とし、『ファイナル ディシジョン』の後の時系列を描いたジェームズ・マンゴールド監督の『ウルヴァリン: SAMURAI』、2014年には『ファイナル ディシジョン』と『ファースト・ジェネレーション』両方の続編となるシンガー監督の『X-MEN: フューチャー&パスト』が公開された。

またフォックスは、マーベル・スタジオマーベル・シネマティック・ユニバースに習い、リブートが企画されているファンタスティック・フォー (2015年の映画)と『X-MEN』シリーズのシェアード・ワールドを構築する予定である[2]

作品[編集]

『X-メン』(2000年)[編集]

1994年、20世紀フォックスとプロデューサーのプラワン・シンはX-メンの映画化権を購入した[3]。脚本執筆のためアンドリュー・ケヴィン・ウォーカーが雇われ[4]ジェームズ・キャメロンが監督することに興味を示していた。最終的には1996年7月にブライアン・シンガーが監督契約を交わした。シンガーはコミックのファンでは無かったが、そこにあった偏見や差別のアナロジーに魅了された[3]ジョン・ローガンジョス・ウェドン[5]エド・ソロモンクリストファー・マッカリーデヴィッド・ヘイター英語版が脚本を執筆し、最終的にヘイターのみがクレジットに残った[3]。撮影は1999年9月22日から2000年3月3日までにトロントで行われていた[6]

『X-MEN2』(2003年)[編集]

フォックスは2002年12月公開を目指してデヴィッド・ヘイター英語版ザック・ペンを脚本執筆のために雇った[7]。ストーリーは『X-Men: God Loves, Man Kills』に影響されているが、ストライカーのキャラクター設定は牧師から大佐に変更された[8]。2002年2月、マイケル・ドハティ英語版ダン・ハリス英語版が脚本書き直しのために雇われた[9]。撮影は2002年6月17日にバンクーバーで始まって11月に完了し、公開日は2003年5月1日に変更された[7]

『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(2006年)[編集]

ブライアン・シンガーは3作目と4作目の撮影を望んでいた[10]。2004年7月16日、シンガーは『スーパーマン リターンズ』を監督するために降板した[11]。彼の案ではフェニックスに焦点を当て[12]エマ・フロスト英語版シガニー・ウィーバーガンビットキアヌ・リーブスにする予定であった[13]。加えてシンガーは、ローグ英語版アイスマンパイロ英語版のキャラクターを掘り下げたがっていた[14]。翌月、サイモン・キンバーグザック・ペンが雇われ、スタジオ重役はジョス・ウィードンによる『アストニッシング X‐MEN英語版』のストーリー「ギフテッド」を映画の主要ストーリーにする提案をした。2005年2月にマシュー・ヴォーンが監督となったが[15]、急な製作スケジュールのために降板した[16]。6月にブレット・ラトナーが引き継ぎ[17]、8月2日より撮影が始まった[18]

『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(2009年)[編集]

2004年10月、デイヴィッド・ベニオフはウルヴァリンを主役としたスピンオフ映画の脚本家として雇われた[19]ヒュー・ジャックマンはウルヴァリン役を務めるとともにプロデューサーを兼任し、さらに脚本作業にも協力した[20]。スタジオ側は『ファイナル ディシジョン』の監督であるブレット・ラトナーを『ウルヴァリン』でも続投するように交渉したが、合意には至らなかった[21]。2007年7月、ギャヴィン・フッドが監督することが発表された[22]。撮影はこれまでとは違いオーストラリアとニュージーランドで行われた。

『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(2011年)[編集]

『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』はマシュー・ヴォーンが監督し、2011年6月3日に公開された[23]ジェームズ・マカヴォイが若きチャールズ・エグゼビア英語版[24]マイケル・ファスベンダーが後にマグニートーとなるエリック・レーンシャー (Erik Lehnsherrを演じた[25]。これは「形成期のエグゼビアとマグニートーが学園を設立し、仲違いする」ことに焦点を当てた前日譚である[26][27]。ヴィランはケヴィン・ベーコン演じるセバスチャン・ショウ (Sebastian Shaw (comics)が率いるヘルファイア・クラブ英語版であり[28]、他にジェニファー・ローレンスがミスティーク[29][30]ジャニュアリー・ジョーンズエマ・フロスト英語版を演じた[31]。2009年12月、ブライアン・シンガーが監督契約を交わしたが、2010年3月にフォックスはシンガーが監督ではなく製作に代わったことを明かした[32]。主要撮影は2010年9月にロンドンで始まった。2011年夏に公開された[33]

『ウルヴァリン: SAMURAI』(2013年)[編集]

2009年8月、『X-MEN』でノンクレジットながら参加したクリストファー・マッカリーが脚本のため雇われた[34]。2010年10月、ダーレン・アロノフスキーが監督することが報じられたが[35]、翌2011年3月、アロノフスキーはプロジェクトのために長期間国を離れなければならないことを理由に監督を降板した[36]。2011年6月16日、ジェームズ・マンゴールドが監督に選ばれた[37]。2011年9月、マーク・ボンバックがマッカリーの脚本書き直しのために雇われた[38]。撮影は2012年8月にオーストラリアで始まった[39]。公開日は2013年7月26日を予定している[40]。『ウルヴァリン: SAMURAI』は、独立した作品であり[41]、物語の時系列は『X-MEN: ファイナル ディシジョン』の後となる[42]

『X-MEN: フューチャー&パスト』 (2014年)[編集]

『X-MEN: フューチャー&パスト』(X-Men: Days of Future Past)はブライアン・シンガーが監督し[43]、『X-MEN』初期三部作と『ファースト・ジェネレーション』の両方のキャストが出演する。時代設定は『ファースト・ジェネレーション』から約10年後の1973年であり[44]クリス・クレアモント英語版ジョン・バーンが1981年に執筆したストーリー「デイズ・オブ・フューチャー・パスト」を基に[45]サイモン・キンバーグが脚本を執筆している[46]。当初マシュー・ヴォンが監督予定であったが、マーク・ミラーの『The Secret Service』を映画化するために降板した。彼はキンバーグと共に脚本、製作として残留する[47][48]。2013年4月より撮影が始まり[49]、2014年5月16日に3Dで公開[50][51]

『デッドプール』(2016年)[編集]

『デッドプール』(Deadpool)2004年2月、ニューラインシネマは監督/脚本であるデヴィッド・S・ゴイヤーと俳優のライアン・レイノルズと共に企画を立ち上げたが、結局とん挫する[52]。しかし、2011年に監督にティム・ミラーが起用され[53]、2012年に製作されたレイノルズが声とモーション・キャプチャをつとめたテスト映像がオンライン映像がリークされ[54]、好評をうけたため企画が本格的に指導し、2016年2月12日に設定された[55]。プロデューサーのサイモン・キンバーグによれば、他のX-MEN作品とも世界観を共有する予定であるとのことである[56]。本作品のデッドプールは『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』で描かれたものより原作に忠実であり(キャラクターのストーリー,赤いスーツ,暴力的なシーン,下ネタ,第四の壁の破壊)R-指定にも関わらず、X-MENの映画シリーズやR-指定映画で歴代最高の興行収入を記録した[57][58]

『X-MEN: アポカリプス』 (2016年)[編集]

『X-MEN: アポカリプス』(X-Men: Apocalypse)は、前作に引き続き、ブライアン・シンガーが監督を務めた、X-MENシリーズの第6作[59]

『ローガン』 (2017年)[編集]

主なキャスト[編集]

キャラクター 作品
X-メン
(2000)[60]
X-MEN2
(2003)[61]
X-MEN:
ファイナル ディシジョン

(2006)[62]
ウルヴァリン:
X-MEN ZERO

(2009)[63]
X-MEN:
ファースト・ジェネレーション

(2011)[64]
ウルヴァリン:
SAMURAI

(2013)
X-MEN:
フューチャー&パスト

(2014)
ローガン /
ウルヴァリン
ヒュー・ジャックマン
(『ファースト・ジェネレーション』ではカメオ出演)
チャールズ・エグゼビア /
プロフェッサーX
パトリック・スチュワート
(『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』ではカメオ出演)
ジェームズ・マカヴォイ パトリック・スチュワート
ジェームズ・マカヴォイ
エリック・レーンシャー /
マグニートー
イアン・マッケラン マイケル・ファスベンダー イアン・マッケラン
マイケル・ファスベンダー
オロロ・マンロー /
ストーム
ハル・ベリー エリザベス・ライト
(カメオ出演)
ハル・ベリー
スコット・サマーズ /
サイクロプス
ジェームズ・マースデン ティム・ポーコック
ジーン・グレイ /
フェニックス
ファムケ・ヤンセン ファムケ・ヤンセン
(カメオ出演)
マリー /
ローグ
アンナ・パキン アンナ・パキン
レイヴン・ダークホルム /
ミスティーク
レベッカ・ローミン ジェニファー・ローレンス
レベッカ・ローミン
(ローミンはカメオ出演)
ジェニファー・ローレンス
ボビー・ドレイク /
アイスマン
ショーン・アシュモア ショーン・アシュモア
ジョン・アラーダイス /
パイロ
アレキサンダー・バートン
(カメオ出演)
アーロン・スタンフォード
キティ・プライド /
シャドウキャット
スメラ・ケイ英語版
(カメオ出演)
ケイティ・スチュアート英語版
(カメオ出演)
エレン・ペイジ エレン・ペイジ
ハンク・マッコイ /
ビースト
スティーヴ・ベーシック英語版
(カメオ出演)
ケルシー・グラマー ニコラス・ホルト ニコラス・ホルト
ピョートル・ラスプーチン /
コロッサス
ダニエル・クドモア
(『X-MEN2』ではカメオ出演)
ダニエル・クドモア

評価[編集]

興行成績[編集]

作品名 公開日 興行収入 興行収入順位 製作費 出典
全世界 米国 北米 北米以外 全世界 北米歴代 全世界歴代
X-メン 2000年8月 2000年7月14日 $157,299,717 $139,039,810 $296,339,527 #209 #279 $75,000,000 [65]
X-MEN2 2003年5月1日 2003年5月2日 $214,949,694 $192,761,855 $407,711,549 #103
#195(A)
#149 $110,000,000 [66]
X-MEN: ファイナル ディシジョン 2006年5月25日 2006年5月26日 $234,362,462 $224,997,093 $459,359,555 #80
#193(A)
#117 $210,000,000 [67]
ウルヴァリン: X-MEN ZERO 2009年5月1日 2009年5月1日 $179,883,157 $193,179,707 $373,062,864 #156 #171 $150,000,000 [68]
X-MEN: ファースト・ジェネレーション 2011年6月3日 2011年6月3日 $146,408,305 $207,215,819 $353,624,124 #238 #200 $160,000,000 [69]
合計 $932,903,335 $957,194,284 $1,890,097,619 $705,000,000
備考

各作品は北アメリカでは公開初週末の興行収入ランキングで1位を獲得している。『X-メン』は当時、7月公開作品としては最高の初週末成績であった[70]。『X-MEN2』と『X-MEN: ファイナル ディシジョン』はそれぞれ当時、歴代の公開初週末興行収入4位であった[71][72]。これらの記録は後に全て更新された。歴代のスーパーヒーロー映画では、『X-MEN: ファイナル ディシジョン』は8位、『X-MEN2』は9位、『X-メン』は13位である[73]マーベル・コミック原作映画では、『X-MEN: ファイナル ディシジョン』は11位、『X-MEN2』は13位、『X-メン』は13位[74]、漫画原作映画では、『X-MEN: ファイナル ディシジョン』は11位、『X-MEN2』は13位、『X-メン』は24位である。またマーベル・コミック原作の映画シリーズとしては、『マーベル・シネマティック・ユニバース』、『スパイダーマン』シリーズに次いで3位である[75]

批評家の反応[編集]

作品名 Rotten Tomatoes Metacritic Yahoo! Movies
Overall Top Critics
X-メン 82% (155 reviews)[76] 59% (32 reviews)[77] 64 (33 reviews)[78] A+ (21 reviews)[79]
X-MEN2 88% (222 reviews)[80] 83% (40 reviews)[81] 68 (38 reviews)[82] A+ (15 reviews)[83]
X-MEN: ファイナル ディシジョン 57% (228 reviews)[84] 53% (43 reviews)[85] 58 (38 reviews)[86] A+ (15 reviews)[87]
ウルヴァリン: X-MEN ZERO 37% (250 reviews)[88] 19% (43 reviews)[89] No consensus (1 review)[90] A+ (13 reviews)[91]
X-MEN: ファースト・ジェネレーション 87% (238 reviews)[92] 70% (40 reviews)[93] 65 (37 reviews)[94] A+ (12 reviews)[95]
平均値 70% 57% 64 A+

タイアップ商品[編集]

2000年6月1日、マーベルは『X-メン』の前日譚となるコミック『X-Men: Beginnings』を出版し、マグニートー、ローグ、ウルヴァリンのバックストーリーを明らかにした[96]。映画のコミック化もされた[97]。マーベルは『X-MEN2』もコミック化した。それにはナイトローラーのバックストーリーやアルカリ湖を探索するウルヴァリンといった前日譚要素も含まれた[98]デル・レイ・ブックスは3作のノベライズ版を発行し、クリス・クレアモント英語版が後期2作を執筆した[99][100][101]。2006年、『X-MEN2』と『X-MEN: ファイナル ディシジョン』のあいだの設定であるコンピュータゲーム『X-MEN THE OFFICIAL GAME英語版』が発売された[102]。2009年、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』を原作としたコンピュータゲームが発売された[103]

参考文献[編集]

  1. ^ http://marvel.wikia.com/wiki/Earth-10005
  2. ^ Kofi Outlaw. “Mark Millar Talks Shepherding Fox’s Marvel Movie Universe & Upcoming Films”. Screenrant. 2012年10月25日閲覧。
  3. ^ a b c Jeff Jensen (2000年7月21日). “Generating X”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,276737,00.html 2007年8月8日閲覧。 
  4. ^ Steve Daly (1995年9月29日). “Deadly Done Right”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,298924,00.html 2007年5月22日閲覧。 
  5. ^ Craig Seymour (2000年5月10日). “X-Man Out”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,85186,00.html 2007年5月22日閲覧。 
  6. ^ Greg Dean Schmitz. “Greg's Preview – X-Men”. Yahoo!. 2007年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月11日閲覧。
  7. ^ a b Greg Dean Schmitz. “Greg's Preview – X2: X-Men United”. Yahoo!. 2008年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月11日閲覧。
  8. ^ Peter Sanderson (2003). X-Men: The Ultimate Guide. Dorling Kindersley. p. 176. ISBN 0-7513-4617-9. 
  9. ^ Martin A. Grove (2003年4月11日). “Fox's 'X2' marks spot as presummer starts May 2”. The Hollywood Reporter. オリジナル2007年9月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070930201512/http://www.hollywoodreporter.com/hr/search/article_display.jsp?vnu_content_id=1863776 2007年4月15日閲覧。 
  10. ^ Patrick Sauriol (2004年2月24日). “What's X3 about?”. Mania Movies. http://www.mania.com/40910.html 2007年7月11日閲覧。 
  11. ^ Cathy Dunkley, Michael Fleming (2004年7月18日). “Supe's on with 'X' man”. Variety. http://www.variety.com/index.asp?layout=upsell_article&articleID=VR1117907948&categoryID=13&cs=1 2007年7月11日閲覧。 
  12. ^ Eric Vespe (2006年7月22日). “Quint on Superman Returns gag reel & sequel talk with Singer”. Ain't It Cool News. http://www.aintitcool.com/node/23943 2007年7月11日閲覧。 
  13. ^ Garth Franklin (2006年9月14日). “Sigourney was considered for "X3"”. DarkHorizons.com. http://www.darkhorizons.com/news04/040916e.php 2007年7月11日閲覧。 
  14. ^ Rob Allstetter (2003年12月1日). X2 Update”. Comics Continuum. http://www.comicscontinuum.com/stories/0312/01/index.htm 2008年2月18日閲覧。 
  15. ^ Sean Elliott (2006年6月8日). “Exclusive Interview: Screenwriter Simon Kinberg talks X-men: The Last Stand – Part 1”. iF Magazine. オリジナル2007年3月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070310142055/http://www.ifmagazine.com/feature.asp?article=1525 2007年7月11日閲覧。 
  16. ^ Steve Prokopy (2007年8月7日). “Capone talks to Matthew Vaughn about PUSSYLIPS, Bobby De Niro, X-MEN, THOR and much more!!!”. Ain't It Cool News. http://www.aintitcool.com/node/33607 2007年8月7日閲覧。 
  17. ^ Michael Fleming, Claude Brodesser (2005年6月5日). “New master for mutants”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117923934.html?categoryid=13&cs=1 2007年7月11日閲覧。 
  18. ^ Greg Dean Schmitz. “Greg's Preview – X-Men: The Last Stand”. Yahoo!. 2007年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月3日閲覧。
  19. ^ Michael Fleming (2004年10月4日). “'X' marks spinoff spot”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117911455?categoryId=13&cs=1 2006年9月1日閲覧。 
  20. ^ “Interview- Hugh Jackman”. CanMag. (2006年10月15日). http://www.canmag.com/news/4/3/5413 2006年10月15日閲覧。 
  21. ^ “Ratner To Direct Wolverine Film?”. Internet Movie Database. (2006年3月20日). http://www.imdb.com/news/wenn/2006-03-20#celeb8 2006年9月1日閲覧。 
  22. ^ Michael Tsai (2006年11月8日). “Sequel to Superman Returns due in 2009”. The Honolulu Advertiser. http://the.honoluluadvertiser.com/article/2006/Nov/08/br/br0948627351.html 2007年10月18日閲覧。 
  23. ^ Fleming, Mike (2010年5月4日). “Fox Signs Vaughn To Direct 'X-Men: First Class' And Sets June 3, 2011 Release Date”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2010/05/fox-seals-deal-for-matthew-vaughn-to-direct-x-men-first-class/#more-38098 2010年7月9日閲覧。 
  24. ^ “James McAvoy Cast as Charles Xavier”. Superhero Hype!. (2010年5月28日). http://www.superherohype.com/news/articles/101706-james-mcavoy-cast-as-professor-xavier 2010年11月22日閲覧。 
  25. ^ Friedman, Roger (2010年6月24日). “Michael Fassbender to appear in "X Men: First Class"”. hollywoodnews.com. http://www.hollywoodnews.com/2010/06/24/michael-fassbender-to-appear-in-%E2%80%9Cx-men-first-class/ 2010年6月24日閲覧。 
  26. ^ /Film Interview: ‘X-Men: First Class’ Director Matthew Vaughn | /Film. Slashfilm.com (2011-05-25). Retrieved on 2011-06-13.
  27. ^ Fleming, Michael (2009年12月17日). “Bryan Singer to direct 'X-Men: First Class'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118012931 
  28. ^ Lesnick, Silas (2010年8月21日). “Major X-Men: First Class Details Emerge”. Superhero Hype!. http://www.superherohype.com/news/articles/106051-major-x-men-first-class-details-emerge 2010年8月21日閲覧。 
  29. ^ Kit, Borys (2010年7月15日). “'Winter's Bone' star cast in 'X-Men: First Class' (exclusive)”. Heat Vision. オリジナル2010年7月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100716195454/http://heatvision.hollywoodreporter.com/2010/07/winters-bone-star-cast-as-mystique-in-xmen-first-class.html 2010年7月16日閲覧。 
  30. ^ “Kevin Bacon Playing Sebastian Shaw in X-Men: First Class”. forcesofgeek.com. (2010年7月16日). http://www.forcesofgeek.com/2010/07/kevin-bacon-playing-sebastian-shaw-in-x.html 2010年7月20日閲覧。 
  31. ^ Lesnick, Silas (2010年8月18日). “January Jones Joins X-Men: First Class”. Superhero Hype!. http://www.superherohype.com/news/articles/105877-january-jones-joins-x-men-first-class 2010年8月18日閲覧。 
  32. ^ Fleming, Mike (2010年3月26日). “Bryan Singer Producing 'X-Men: First Class'”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2010/03/singer-to-producex-men-first-class/ 2010年7月9日閲覧。 
  33. ^ Marshall, Rick (2010年9月8日). “First Look At January Jones As Emma Frost In 'X-Men: First Class'”. MTV (Viacom). http://splashpage.mtv.com/2010/09/08/january-jones-emma-frost-x-men-first-class/ 2010年9月8日閲覧。 
  34. ^ Borys Kit (2009年8月13日). “McQuarrie to pen 'Wolverine' sequel”. The Hollywood Reporter. オリジナル2010年1月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100110110714/http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/film/news/e3i367bfce562b7ee624637405023e9228f 2009年8月13日閲覧。 
  35. ^ “Jackman Talks Wolverine 2, Confirms Aronofsky”. Superhero Hype!. (2010年10月19日). http://www.superherohype.com/news/articles/109165-jackman-talks-wolverine-2-confirms-aronofsky 2010年10月19日閲覧。 
  36. ^ McClintock, Pamela (2011年3月17日). “Darren Aronofsky Bows Out of 'Wolverine'”. The Hollywood Reporter. オリジナル2011年3月17日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5xFzhgQKX 2011年3月17日閲覧。 
  37. ^ Fleming, Mike (2011年6月16日). “Fox Chooses James Mangold On 'Wolverine'”. Deadline. オリジナル2011年6月17日時点によるアーカイブ。. http://www.deadline.com/2011/06/James-mangold-foxs-choice-for-the-wolverine 2011年6月16日閲覧。 
  38. ^ Sneider, Jeff (2011年9月1日). “'Total Recall' scribe rewriting 'Wolverine'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118042116?categoryid=13&cs=1&cmpid=RSS 2011年9月2日閲覧。 
  39. ^ Sandy George and Amanda Diaz (2012年4月20日). “The Wolverine to shoot in Sydney”. IF Magazine. 2012年5月11日閲覧。
  40. ^ 'The Wolverine' Claws Out July 26, 2013 Release Date”. MTV (2012年2月7日). 2012年2月7日閲覧。
  41. ^ Bently, David (2012年8月13日). “Hugh Jackman confirms The Wolverine is standalone film not a sequel and won't be 'overloaded' with mutants”. Coventry Telegraph. オリジナル2012年8月13日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/69tAI8dUB 2012年8月13日閲覧。 
  42. ^ Hewitt, Chris (2012年10月25日). “James Mangold Talks The Wolverine”. Empire. オリジナル2012年10月25日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6BgFlNCFI 2012年10月25日閲覧。 
  43. ^ Vary, Adam B. (2012年10月30日). “Bryan Singer will direct 'X-Men: Days of Future Past'”. Entertainment Weekly. 2012年10月31日閲覧。
  44. ^ http://www.comicbookmovie.com/fansites/JoshWildingNewsAndReviews/news/?a=73523
  45. ^ Spencer Perry (2013年1月28日). “Bryan Singer Talks X-Men: Days of Future Past”. 2013年1月29日閲覧。
  46. ^ Josh Wilding 9/26/2011 indieWIRE (2011年11月3日). “Exclusive: Simon Kinberg Writing X-Men: First Class Sequel”. Superherohype.com. 2011年11月3日閲覧。
  47. ^ Trumbore, Dave. “Matthew Vaughn Out as Director of X-MEN: FIRST CLASS Sequel, X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST; Bryan Singer May Replace Him”. Collider. 2013年4月6日閲覧。
  48. ^ http://www.comicbookmovie.com/fansites/JoshWildingNewsAndReviews/news/?a=69757
  49. ^ ‘X-Men: Days Of Future Past′ Shoots In April 2013”. 2013年1月29日閲覧。
  50. ^ Rich, Katey (2012年5月31日). “X-Men: First Class Sequel Sets Summer 2014 Release Date”. Cinema Blend. 2012年5月31日閲覧。
  51. ^ http://m.cinemablend.com/new/X-Men-Days-Future-Past-Shoot-3D-Bryan-Singer-Explains-His-Secrecy-35728.html
  52. ^ http://www.mtv.com/news/2593264/deadpool-and-gambit-the-long-road-to-x-men-origins-wolverine-and-beyond/
  53. ^ http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/fox-sets-tim-miller-direct-176603
  54. ^ http://www.dailydot.com/parsec/new-deadpool-test-footage-leaks/
  55. ^ http://variety.com/2014/film/news/deadpool-release-date-fox-marvel-1201308783/
  56. ^ http://comicbook.com/2014/10/03/simon-kinberg-confirms-deadpool-movie-is-part-of-shared-x-men-ci/
  57. ^ http://collider.com/deadpool-box-office-records-highest-grossing-r-rated-movie/
  58. ^ http://www.forbes.com/sites/scottmendelson/2016/03/29/deadpool-is-biggest-r-rated-movie-and-is-about-to-be-top-x-men-film-ever/#31afcbb64bfd
  59. ^ “『X-MEN』最新作にウルヴァリン参戦!? マグニートーら“黙示録の四騎士”と大決戦!”. シネマトゥデイ. (2016年5月17日). http://www.cinematoday.jp/page/N0082725 2016年5月27日閲覧。 
  60. ^ X-Men cast”. Yahoo!. 2007年11月1日閲覧。
  61. ^ X2 cast”. Yahoo!. 2007年11月1日閲覧。
  62. ^ X-Men: The Last Stand cast”. Yahoo!. 2007年11月1日閲覧。
  63. ^ X-Men Origins: Wolverine cast”. Yahoo!. 2007年11月1日閲覧。
  64. ^ X-Men: First Class cast”. Yahoo!. 2011年2月20日閲覧。
  65. ^ X-Men (2000)”. Box Office Mojo. 2012年7月15日閲覧。
  66. ^ X2: X-Men United (2003)”. Box Office Mojo. 2012年7月15日閲覧。
  67. ^ X-Men: The Last Stand (2006)”. Box Office Mojo. 2012年7月15日閲覧。
  68. ^ X-Men Origins: Wolverine (2009)”. Box Office Mojo. 2012年7月15日閲覧。
  69. ^ X-Men:First Class (2011)”. Box Office Mojo. 2012年7月15日閲覧。
  70. ^ Brandon Gray (2000年7月17日). “Weekend Box Office”. Box Office Mojo. http://www.boxofficemojo.com/news/?id=1126&p=.htm 2007年8月3日閲覧。 
  71. ^ Brandon Gray (2003年5月5日). “'X2' Evolves Past Predecessor in Stellar Summer Kick-Off”. Box Office Mojo. http://www.boxofficemojo.com/news/?id=1240&p=.htm 2007年8月3日閲覧。 
  72. ^ Brandon Gray (2006年5月30日). “'X-Men' Marvels with Memorial Record”. Box Office Mojo. http://www.boxofficemojo.com/news/?id=2078&p=.htm 2007年8月3日閲覧。 
  73. ^ Superhero Movies”. Box Office Mojo. 2012年7月15日閲覧。
  74. ^ Marvel Comics Movies”. Box Office Mojo. 2007年8月3日閲覧。
  75. ^ Comic Book Adaptation Movies”. Box Office Mojo. 2007年8月3日閲覧。
  76. ^ X-Men”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年7月15日閲覧。
  77. ^ X-Men (Cream of the Crop)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年7月15日閲覧。
  78. ^ X-Men (2000): Reviews”. Metacritic. CBS. 2009年6月10日閲覧。
  79. ^ X-Men (2000) Critics Reviews”. Yahoo! Movies. 2010年4月2日閲覧。
  80. ^ X2: X-Men United”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2009年12月2日閲覧。
  81. ^ X2: X-Men United (Cream of the Crop)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年7月15日閲覧。
  82. ^ X2: X-Men United (2004): Reviews”. Metacritic. CBS. 2009年6月10日閲覧。
  83. ^ X2: X-Men United – Critics Reviews”. Yahoo! Movies. 2009年6月10日閲覧。
  84. ^ X-Men: The Last Stand”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2009年6月10日閲覧。
  85. ^ X-Men: The Last Stand (Cream of the Crop)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年7月15日閲覧。
  86. ^ X-Men: The Last Stand (2006): Reviews”. Metacritic. CBS. 2009年6月10日閲覧。
  87. ^ X-Men: The Last Stand – Critics Reviews”. Yahoo! Movies. 2009年6月10日閲覧。
  88. ^ X-Men Origins: Wolverine”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年7月15日閲覧。
  89. ^ X-Men Origins: Wolverine (Cream of the Crop)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年7月15日閲覧。
  90. ^ X-Men Origins: Wolverine (2009): Reviews”. Metacritic. CBS. 2009年6月10日閲覧。
  91. ^ X-Men Origins: Wolverine – Critics Reviews”. Yahoo! Movies. 2009年6月10日閲覧。
  92. ^ X-Men: First Class”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年7月15日閲覧。
  93. ^ X-Men: First Class”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年7月15日閲覧。
  94. ^ X-Men: First Class”. Metacritic. CBS. 2011年6月4日閲覧。
  95. ^ X-Men: First Class – Critics Reviews”. Yahoo! Movies. 2011年6月4日閲覧。
  96. ^ X-Men: Beginnings (Paperback)”. Amazon.com. 2008年2月9日閲覧。
  97. ^ X-Men: The Movie (Paperback)”. Amazon.com. 2008年2月9日閲覧。
  98. ^ X-Men 2: The Movie TPB (Paperback)”. Amazon.com. 2008年2月9日閲覧。
  99. ^ Kristine Kathryn Rusch, Dean Wesley Smith (June 2000). X-Men. Del Rey Books. p. 256. ISBN 978-0-345-44095-2. http://www.randomhouse.com/delrey/catalog/display.pperl?isbn=9780345440952. 
  100. ^ Chris Claremont (March 2003). X-Men 2. Del Rey Books. p. 416. ISBN 978-0-345-46196-4. http://www.randomhouse.com/delrey/catalog/display.pperl?isbn=9780345461964. 
  101. ^ Chris Claremont (May 2006). X-Men: The Last Stand. Del Rey Books. p. 352. ISBN 978-0-345-49211-1. http://www.randomhouse.com/delrey/catalog/display.pperl?isbn=9780345492111. 
  102. ^ X-Men: The Official Game website”. 2008年2月9日閲覧。
  103. ^ X-Men Origins: Wolverine video game website”. 2012年7月26日閲覧。
  • Chupnick, Steve (2006-08-10). "James Marsden Talks Cyclops and X-Men Spinoffs". Moviehole.net. Archived from the original on 2006-08-15. Retrieved 2007-06-25.
  • Pamela McClintock (2011-04-08). "Fox Sets Tim Miller to Direct 'Deadpool'". The Hollywood Reporter. Retrieved 2011-06-25.

外部リンク[編集]