レザボア・ドッグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レザボア・ドッグス
Reservoir Dogs
Reservoir Dogs Logo.png
監督 クエンティン・タランティーノ[1]
脚本 クエンティン・タランティーノ
製作 ローレンス・ベンダー
製作総指揮 リチャード・N・グラッドスタイン
モンテ・ヘルマン
ロンナ・B・ウォーレス
出演者 ハーヴェイ・カイテル
ティム・ロス
マイケル・マドセン
クリス・ペン
スティーヴ・ブシェミ
ローレンス・ティアニー
クエンティン・タランティーノ
音楽 カリン・ラクトマン
撮影 アンジェイ・セクラ
編集 サリー・メンケ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年1月18日
日本の旗 1993年4月24日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,200,000[2]
興行収入  アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $2,832,029[2]
テンプレートを表示

レザボア・ドッグス』(原題:Reservoir Dogs)は、1992年アメリカ合衆国犯罪映画クエンティン・タランティーノが、監督・脚本・出演の三役を務めた。

2005年イギリスの映画雑誌「Empire」が発表したインディペンデント映画ベスト50において『ターミネーター』、『ユージュアル・サスペクツ』といった作品を抑えて1位にランクイン。

ストーリー[編集]

ロサンゼルスを拠点とする裏社会の大物ジョー・カボットは、大掛かりな宝石強盗を計画し、息子ナイスガイ・エディと共にプロの犯罪者6名を招集する。互いの素性を隠すために色をコードネームとし、周到な強盗計画が実行されるはずであった。

ところが現場には警察が待ち伏せており、計画は失敗する。仲間は散り散りになる中、ホワイトは、腹部に銃撃を受けて重傷を負い血まみれのオレンジを連れてアジトへと帰り着く。後から合流したピンクはホワイトに状況から裏切り者がいると訴える。ブラウンは逃走中に死亡し、ブルーとブロンドは行方不明である。雇い主のジョーや、仲間たちを信じるホワイトと、誰も信じられないと言うピンクが喧嘩になる中で、ブロンドがやってくる。彼は警官のマーヴィン・ナッシュを誘拐しており、拷問で彼から真実を吐かせればいいと提案する。ブロンドが警官を誘拐したと聞きつけ慌ててやってきたエディは彼を非難しつつ、ピンクやホワイトと共に隠した宝石を取りに行くため、ブロンドと瀕死のオレンジを残し、一旦アジトを離れる。

ブロンドはナッシュの耳を削ぎ落とすなど拷問を加えるが、彼は「自分は新人警官で何も知らない」と一切のシラを切る。業を煮やしたブロンドはナッシュにガソリンを掛けるとそのまま焼き殺そうとするが、突然、瀕死状態のオレンジがブロンドを射殺してしまう。そこでオレンジはナッシュに自分こそが潜入捜査官であることを明かす。オレンジの目的はジョーの逮捕であり、助けを求めるナッシュに彼は、ジョーがアジトにやってくるまでは付近に潜伏している警察は動かないと言う。

そこにホワイトやエディ、ピンクが帰ってくる。ブロンドの死体を見て事情を聞くエディにオレンジは、ブロンドが裏切り者であったと嘘を付くが、即座に見破られる。激怒するエディはナッシュを射殺し、そしてオレンジも殺そうとするが、オレンジを信じるホワイトが反対する。そこにジョーも現れ、事情を聞いた彼もまたオレンジが怪しいとして殺そうと銃口を向ける。ホワイトは止めさせるためジョーに銃口を向けるが、エディもホワイトに銃口を向け一触即発の状態となる。緊張の糸が切れ、それぞれが銃を撃ち、ジョーとエディは即死、ホワイトも重傷を追う。驚くピンクは宝石を持って現場から逃げ出す。瀕死のホワイトはオレンジの側に寄り添うが、そこでオレンジは自分が警官だったと明かす。そこにアジトに警察が踏み込み、銃声が響き渡る中で物語は終わる。

登場人物[編集]

ミスター・ホワイト
本名をラリー・ディミックという、ジョーとの関係も長い熟練の犯罪者。仲間想いであり、重傷を負ったオレンジの身を気遣い、ピンクと誰が裏切り者か口論する。
ミスター・オレンジ
麻薬の仲買いをやっていたという若いチンピラ風の男。物語冒頭で腹部に銃撃を受け瀕死の状態となる。実はフレディ・ニューエンダイクという名の警官で、ジョー逮捕のため潜入していた。
ミスター・ブロンド
ホワイトからサイコパスと非難されるほど暴力的な若い男。本名をヴィック・ベガと言い、エディの友人。4年の刑期を終えて出所したばかり。
ミスター・ピンク
チップを払わない主義など、独特の価値観を持ち仲間を困らせる若い犯罪者。警察に追われながらも奪った宝石をアジトへと持ち帰ることに成功する。いち早く裏切り者がいることに気づき指摘する。
ジョー・キャボット
ロサンゼルス犯罪者社会の大物。犯罪計画の立案者であり、そのたびに必要な要員の招集をかける。今回は大掛かりな宝石強盗を計画し、6名を集める。
ナイスガイ・エディ(エディ・キャボット)
ジョーの息子。ブロンドとは旧知の仲で、喧嘩しつつも犯罪仲間としては厚く信頼している。ブロンドが警官を誘拐した情報を掴み、慌ててアジトに駆けつける。
ミスター・ブルー
初老の犯罪者。メインの登場は冒頭のみであり、強盗失敗後に行方不明となった後にエディより死亡したことが伝えられる。
ミスター・ブラウン
喋り好きの犯罪者。宝石強盗ではホワイトやオレンジと行動を共にするが逃亡中に頭部を警官に撃たれ死亡する。
マーヴィン・ナッシュ
ブロンドに誘拐された若い警官。配属されてまだ数ヶ月の新人警官だという。ブロンドの拷問を受け、耳を切り落とされるなどしたが、潜入捜査官の情報は知らないとシラを切り通す。
DJ K-ビリー
たびたび作中で流れるラジオのDJ。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ミスター・ホワイト / ラリー・ディミック ハーヴェイ・カイテル 堀勝之祐
ミスター・オレンジ / フレディ・ニューエンダイク ティム・ロス 安原義人
ミスター・ブロンド / ヴィック・ベガ マイケル・マドセン 金尾哲夫
ナイスガイ・エディ・キャボット クリス・ペン 荒川太郎
ミスター・ピンク スティーヴ・ブシェミ 有本欽隆
ジョー・キャボット ローレンス・ティアニー 中庸助
マーヴィン・ナッシュ カーク・バルツ英語版 神谷和夫
ミスター・ブルー エディ・バンカー 水野龍司
ミスター・ブラウン クエンティン・タランティーノ 高宮俊介
DJ K-ビリー スティーヴン・ライト(声) 山寺宏一
  • DVDパッケージにはミスター・ブルーとミスター・ブラウンの日本語吹替が逆に表記されている。

スタッフ[編集]

日本語版スタッフ[編集]

作品解説[編集]

若手製作者による映画への積極的な助力で知られる俳優ハーヴェイ・カイテルがタランティーノの自主制作映画を気に入り製作総指揮を申し出、カイテル本人の出演を含めたハリウッドでの本格的なリメイクが実現した。脚本はタランティーノが3週間半で書き上げた[3]

当時、28歳であったタランティーノにとって初めての監督作品となった本作は、公式出品作品に選出されたカンヌ国際映画祭では「心臓の弱い方は観賞を控えてください」との警告が発令するほど暴力描写が残酷でありながら、緻密な人間描写と時間軸を巧みに操った構成、さらに主題歌であるジョージ・ベイカーの『リトル・グリーン・バッグ』に代表されるスタイリッシュな劇中音楽が高い評価を得てカルト的な人気を博した。

スタンリー・キューブリック監督の傑作ノワール『現金に体を張れ』(1956)に触発され、本作の製作にいったと言われている[4]

映画評論家の久保田明は、見せ場の多くが香港映画「友は風の彼方に」のリメイクかアレンジと言えると指摘する[5]またキャラクターを色で区分けする手法は『サブウェイ・パニック』の影響がうかがえる。それ以外にも日本の『仁義なき戦い』の影響もタランティーノは公言し、日本で発売されたビデオには「仁義なき男たち」というコピーがつけられた[要出典]

製作費90万ドルという低予算で作られた映画のため、多くの俳優は私服を着ている[6]

配役[編集]

「ミスター・ブルー」を演じた俳優「エディ・バンカー」は、元犯罪者という経歴を持ち、「エドワード・バンカー」名義で犯罪小説を発表している作家でもある。監督のタランティーノが彼のファンであったため出演することになった[6]

題名の意味[編集]

"Reservoir dogs"という題名は英語を母国語としている者にとっても意味が曖昧であり[7]、特定のスラングでもない[8]。 "Reservoir"とは貯水池、貯蔵、蓄積などを表すフランス語が語源となっている単語である[9]。reservoir(酒の貯蔵庫-酒場)に群がる犬(不良)から「たまり場の男たち、盛り場の不良ども」という意味であるという説[10]、ギャングの集団のアジト(=reservoir)からスパイを探し出す映画だから、"reservoir dogs"とはネズミを追いかけ回す走狗であるという説[11]、タランティーノがフランス映画「さよなら子供たち」の原題"Au Revoir Les Enfants"を上手く発音できず"Reservoir Dogs"と呼んでいた事があり、それをサム・ペキンパーの映画"Straw dogs(わらの犬)"と結びつけたという説、聞こえの良い単語を繋げただけで意味は無いとする説[12][13]、など諸説が存在するが、「雰囲気を重視し、あえて幅広く解釈出来るような題名にした」という内容がインタビュー上で語られているのが確認できる[14]

reservoirは「ため池、水の淀んだふきだまり」だからふきだまりの男たちという意味だ、という説が日本語のWEB上で見受けられるが[15]、Cambridge英語辞典によれば、reservoirは「1.水を貯蔵する場所。特に天然の、あるいは人工の上水道用貯水池 2.大規模な備蓄(貯蔵)」という意味を表すので[16]、この単語に対して吹きだまりや掃きだめという訳は適さない。大切なもの、価値のあるものという意味に解釈するのがより自然である。またreservoirは「かっこいい、クールである」という形容詞として使われる事がある[17]。よって"Reservoir dogs"という題名は「格好の良い雰囲気が感じられる荒っぽい男たち」、「経験を積んで円熟した恰幅の良い中年の不良」というイメージを表現する事が出来ると理解できる。

この題名は名詞が連続して冠詞も無いが、通常英語は名詞を連続させただけでは文章として意味を成さない[18]。前述のインタビューも含めて考えれば、ナンセンスな題名を付けることで逆に観客の深読みを誘う、映画に対する想像を膨らませる効果を狙った意図があると考える事が出来る。

ただし、TV program(「テレビ(の)」番組)のように名詞であっても形容詞的な用法で使用される事は英語では普通に見られる。

サウンドトラック[編集]

受賞/ノミネート[編集]

影響[編集]

エピソード[編集]

  • 冒頭でタランティーノが、歌手マドンナの代表作である楽曲「ライク・ア・ヴァージン」について極端な解釈を披露するシーンがある。後にタランティーノはこの解釈について、マドンナ自身からダメ出しされたという[20]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ レザボア・ドッグス : 作品情報 - 映画.com
  2. ^ a b Reservoir Dogs” (英語). Box Office Mojo. 2020年5月11日閲覧。
  3. ^ 『レザボア・ドッグス』デラックス版DVD特典映像の製作ローレンス・ベンダーのインタビューより。
  4. ^ 好き嫌いがハッキリ分かれる?クエンティン・タランティーノ作品まとめ
  5. ^ キネマ旬報増刊5月10日号フィルムメーカーズ[3]クエンティン・タランティーノ、1998年5月10日号、p.38
  6. ^ a b 『レザボア・ドッグス』デラックス版DVD特典映像のクリス・ペンのインタビューより。
  7. ^ Where does the title 'Resevoir Dogs' come from? www.theguardian.com
  8. ^ Where does the title 'Resevoir Dogs' come from? www.theguardian.com
  9. ^ Reservoirの意味 - 英和辞典 Weblio辞書 weblio英和辞典
  10. ^ Where does the title 'Resevoir Dogs' come from? www.theguardian.com
  11. ^ Where does the title 'Resevoir Dogs' come from? www.theguardian.com
  12. ^ Where does the title 'Resevoir Dogs' come from? www.theguardian.com
  13. ^ キネマ旬報増刊5月10日号フィルムメーカーズ[3]クエンティン・タランティーノ、1998年5月10日号、p.54
  14. ^ 「レザボア」の綴りと意味は何ですかsoudan1.biglobe.ne.jp
  15. ^ 「レザボア」の綴りと意味は何ですかsoudan1.biglobe.ne.jp
  16. ^ reservoir noun Cambridge Dictionaries Online
  17. ^ Urban Dictionary: reservoirwww.urbandictionary.com
  18. ^ 名詞の連続について www.ravco.jp
  19. ^ キネマ旬報増刊5月10日号フィルムメーカーズ[3]クエンティン・タランティーノ、1998年5月10日号、p.209
  20. ^ “『レザボア・ドッグス』の公開から25年。再集結したクエンティン・タランティーノとキャスト陣が明かした真実”. ムビッチ. (2017年5月2日). https://moviche.com/contents/news/25330/ 2020年5月11日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 小出幸子「キネマ旬報増刊5月10日号フィルムメーカーズ[3]クエンティン・タランティーノ」、株式会社キネマ旬報社、1998年5月。

外部リンク[編集]