ネメシス (1992年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネメシス
Nemesis
監督 アルバート・ピュン
脚本 レベッカ・チャールズ
製作 トム・カーノウスキー
エリック・カーソン
アッシュ・R・シャー
製作総指揮 アンダース・P・ジェンセン
サンディップ・R・シャー
サニル・R・シャー
出演者 オリヴィエ・グラナー英語版
ティム・トマーソン英語版
ブライオン・ジェームズ
音楽 ミシェル・ルビーニ英語版
撮影 ジョージ・ムーラディアン
編集 マーク・コンテ
デヴィッド・カーン
配給 アメリカ合衆国の旗インペリアル・エンターテイメント
日本の旗パイオニアLDC=ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗1993年1月
日本の旗1992年12月26日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
 デンマーク
言語 英語
次作 ネメシス2
テンプレートを表示

ネメシス』(Nemesis)は、1992年アメリカ合衆国SFアクション映画オリヴィエ・グラナー英語版ティム・トマーソン英語版出演。

ストーリー[編集]

2027年のロサンゼルス、手術によって身体をサイボーグ化する技術が普及し、負傷した身体の一部をサイボーグ化することが普通になっていた。

LA市警の警官、アレックス・レインも身体の一部をサイボーグ化され、LA市警の指令で、犯罪者を射殺するため奔走していた。ある日、アレックスはデータチップを盗んだサイボーグ女を葬った直後、チップを受け取るはずだったテロリストグループに鉢合わせる。テロリストたちは一切サイボーグ化しておらず、次々と彼らを倒していくアレックスだが、最後の1人の女に追いつめられる。女に、人類の未来を守るため機械と戦っていると聞かされ、とどめを刺されそうになったとき、隙をついて女に傷を負わせる。死は避けることができたが、重傷を負い意識を失ったアレックスは、再び手術を受けて身体の大半をサイボーグ化される。6ヶ月のリハビリを受けたアレックスは、身を隠していた女を見つけ出し、射殺する。そこにLA市警に勤める、アレックスを警官にさせたジャードと、彼女の相棒サムが現れる。ジャードは囚人だったアレックスに、出所の条件として警官になることを約束させていた。しかし仕事に嫌気がさしたアレックスは、警官をやめると彼女に伝える。

その後アレックスは、闇の売人をやり始めるが、向いていないと感じてやめ、職を転々として1年が過ぎる。ある日、情報屋のマリオンという男が会いたがっているという噂を聞く。彼に会いに行くと気絶させられ、元上司のファーンズワース長官の元に連れて行かれる。長官と、彼の部下であるジャーメインとマリッツによると、5年前に統合されたアメリカと日本について、大統領と内閣総理大臣が会合を開く予定だという。長官は、その警備プランをジャードが盗んだため、アレックスに、彼女から警備プランを取り戻すよう命令する。さらに、従わない場合、アレックスの身体に埋め込んだ爆弾を起爆すると警告する。

エンディング[編集]

エクステンデッド・エディションと呼ばれるバージョンは、日本でのみ公開された。このバージョンでは、クレジット前のアレックスとマックスが去った後、ファーンズワース長官に扮したサムが生きていることが示される。またこのカットが追加されたことで、アメリカ公開版にあった、長官の最期が描かれたシーンがカットされたため、アレックスの顔に包帯が巻かれた理由が不明となった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アレックス・レイン オリヴィエ・グラナー英語版 江原正士
ファーンズワース長官 ティム・トマーソン英語版 石森達幸
露崎亘
アンジー=リブ ケイリー=ヒロユキ・タガワ 真実一路
マックス・インパクト マーレ・ケネディ 安達忍
ジャーメイン ニコラス・ゲスト英語版 金尾哲夫
マリッツ ブライオン・ジェームズ 古田信幸
ヨシロー・ハン ユウジ・オクモト 中村秀利
(露崎亘)
ジュリアン デボラ・シェルトン 土井美加
マリオン トム・マシューズ英語版 茶風林
ジャード マージョリー・モナハン英語版 駒塚由衣
ビリー トーマス・ジェーン 宮本充
アインスタイン ジャッキー・アール・ヘイリー 長島雄一
老婆を問いただすサイボーグ スヴェン=オーレ・トールセン 茶風林

※日本語吹替:VHS発売時に日本公開版本編を吹き替えたもの。2019年12月6日発売のDVD・ BDにはオリジナル版本編にあわせて日本版でカットされたシーンの追加吹き替えを行った「日本語吹替完声版」を収録[1]

スタッフ[編集]

  • 監督:アルバート・ピュン
  • 脚本:レベッカ・チャールズ
  • 製作:トム・カーノウスキー、エリック・カーソン、アッシュ・R・シャー
  • 製作総指揮:アンダース・P・ジェンセン、サンディップ・R・シャー、サニル・R・シャー
  • 撮影監督:ジョージ・ムーラディアン
  • プロダクションデザイナー:E・コリーン・サロ
  • 編集:マーク・コンテ、デヴィッド・カーン
  • 音楽:ミシェル・ルビーニ英語版
  • 衣裳:リズ・ウルフ
  • 日本語字幕:岡田壯平
  • 日本語吹替演出:壺井正
  • 日本語吹替翻訳:鈴木導
  • 日本語吹替制作:グロービジョン

公開[編集]

アメリカ合衆国では、インペリアル・エンターテイメントによって1993年1月に限定公開され、$2,001,124を稼いだ[2]。同年に、同社からVHSレーザーディスクが発売された[3]

続編[編集]

本作の後ビデオ映画として、続編が3作製作された。舞台を本作の73年後に設定し、主人公は本作のアレックスから、科学者によって開発されたスーパーDNAで誕生した、スー・プライス英語版演じるアレックスへと変更されている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]