テッド・バンディ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テッド・バンディ
Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile
監督 ジョー・バーリンジャー英語版
脚本 マイケル・ワーウィー
原作 エリザベス・ケンドール
The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy
製作 ジョー・バーリンジャー
マイケル・コスティガン
ニコラス・シャルティエ英語版
アラ・ケシシアン
マイケル・シムキン
製作総指揮 ザック・エフロン
ジェイソン・バレット
ジョナサン・デクター
マイケル・ワーウィー
出演者 ザック・エフロン
リリー・コリンズ
カヤ・スコデラリオ
ジョン・マルコヴィッチ
音楽 マルコ・ベルトラミ
デニス・スミス
撮影 ブランドン・トロスト英語版
編集 ジョシュ・シェファー
製作会社 COTAフィルムズ
サード・アイ・モーション・ピクチャー・カンパニー
ヴォルテージ・ピクチャーズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 Netflix
日本の旗 ファントム・フィルム
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年5月3日
日本の旗 2019年12月20日[1]
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $9,883,932[2]
テンプレートを表示

テッド・バンディ』(Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile)は2019年アメリカ合衆国犯罪映画。監督はジョー・バーリンジャー英語版、主演はザック・エフロンが務めた。本作はエリザベス・ケンドール1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』を原作としている。

原題の「Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile(極めて邪悪、衝撃的に凶悪で卑劣)」は、被告人のテッド・バンディに死刑を言い渡す際、裁判長エドワード・カワート英語版が読み上げた判決文の中に含まれていた文言である。

本作は諸外国でNetflixによる配信スルーとなったが、日本でのみ劇場公開された[3]

ストーリー[編集]

シングルマザーのエリザベス・ケンドール(リズ)はバーでテッド・バンディと名乗る男と知り合った。テッドは容姿端麗で気遣いのできる男であり、リズの娘であるモリ―とも仲良くなっていた。2人はあっという間に恋に落ちたが、ほどなくして、テッドが女性を誘拐した容疑で逮捕されてしまった。テッドが必死になって自分の無実を訴えたため、リズは彼の言い分を鵜呑みにした。その後、テッドは有罪判決を受けて服役することになったが、刑務所の管理の甘さを突いて脱獄した。しばらくして、テッドはフロリダ州で身柄を拘束され、今度は連続殺人の容疑で裁判にかけられた。テッドは弁護士を信用しておらず、自ら弁護を行った。

裁判はテッドに不利なまま進んでいき、テッドの残虐な本性が明るみに出ることとなった。何故リズは凶悪な殺人鬼に心酔してしまったのか。本作はその謎を解き明かしていく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替声優。

製作[編集]

2017年5月15日、ジョー・バーリンジャー監督の新作映画にザック・エフロンが出演することになったとの報道があった[4]。10月31日、リリー・コリンズが本作に起用されたと報じられた[5]

2018年1月11日、ジョン・マルコヴィッチの出演が決まった[6]。18日、本作の主要撮影ケンタッキー州コビントンで始まった[6]。1月下旬、グレース・ヴィクトリア・コックス、ジェフリー・ドノヴァン、アンジェラ・サラフィアン、カヤ・スコデラリオがキャスト入りした[7][8][9][10][11][12]。2月12日、ジェームズ・ヘットフィールドの出演が決まったとの報道があった[13]

公開・マーケティング[編集]

2019年1月26日、本作はサンダンス映画祭でプレミア上映された[14]。2月4日、Netflixが本作の全米配信権を900万ドルで購入したと報じられた[15]。4月2日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[16]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには51件のレビューがあり、批評家支持率は63%、平均点は10点満点で6.23点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「ザック・エフロンの凄味のある名演技のお陰で、『テッド・バンディ』は脚本の不出来という問題点を乗り越えている。」となっている[17]。また、Metacriticには15件のレビューがあり、加重平均値は60/100となっている[18]

出典[編集]

  1. ^ テッド・バンディ”. ムビチケ (2017年5月15日). 2019年10月5日閲覧。
  2. ^ Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile (2019) - Financial Information” (英語). The Numbers. 2019年12月30日閲覧。
  3. ^ ザック・エフロン、犯罪史に残るカリスマ殺人鬼に ─ 『テッド・バンディ』12月20日公開決定、予告編&ポスターなど一挙到着”. The River (2019年10月8日). 2019年10月8日閲覧。
  4. ^ Cannes: Zac Efron to Play Ted Bundy in 'Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile'”. Hollywood Reporter (2017年5月15日). 2019年4月30日閲覧。
  5. ^ Lily Collins to Play Ted Bundy’s Girlfriend In ‘Extremely Wicked, Shockingly Evil, And Vile’ – AFM”. Deadline.com (2017年10月31日). 2019年4月30日閲覧。
  6. ^ a b John Malkovich Joins Ted Bundy Thriller ‘Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile’”. Variety (2018年1月11日). 2019年4月30日閲覧。
  7. ^ Grace Victoria Cox Cast In ‘Extremely Wicked, Shockingly Evil, And Vile’; Brit Shaw Joins ‘Between Worlds’”. Deadline.com (2018年1月25日). 2019年4月30日閲覧。
  8. ^ 'Burn Notice' Star Jeffrey Donovan Joins Zac Efron in Ted Bundy Movie (Exclusive)”. Hollywood Reporter (2018年1月25日). 2019年4月30日閲覧。
  9. ^ ‘Westworld’s Angela Sarafyan Set For Ted Bundy Pic ‘Extremely Wicked, Shockingly Evil, And Vile’”. Deadline.com (2018年1月23日). 2019年4月30日閲覧。
  10. ^ ‘Maze Runner’s Kaya Scodelario To Play Ted Bundy’s Ex-Wife In ‘Extremely Wicked, Shockingly Evil, And Vile’”. Deadline.com (2018年1月29日). 2019年4月30日閲覧。
  11. ^ Jim Parsons Joins Zac Efron in Ted Bundy Movie (Exclusive)”. Hollywood Reporter (2018年1月31日). 2019年4月30日閲覧。
  12. ^ Jim Parsons, Haley Joel Osment & More Board ‘Extremely Wicked, Shockingly Evil And Vile’”. Deadline.com (2018年1月31日). 2019年4月30日閲覧。
  13. ^ Metallica’s James Hetfield Boards Voltage’s ‘Extremely Wicked, Shockingly Evil, And Vile’”. Deadline.com (2018年2月12日). 2019年4月30日閲覧。
  14. ^ Sundance Film Festival Unveils 2019 Features Lineup”. Variety (2018年11月28日). 2019年4月30日閲覧。
  15. ^ Zac Efron Ted Bundy Pic ‘Extremely Wicked’ Sells To Netflix – Sundance”. Deadline.com (2019年2月4日). 2019年4月30日閲覧。
  16. ^ ‘Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile’ Exclusive Trailer: Zac Efron Charms and Terrifies as Ted Bundy”. Indiewire (2019年4月2日). 2019年4月30日閲覧。
  17. ^ Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile”. Rotten Tomatoes. 2019年4月30日閲覧。
  18. ^ Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile (2019)”. Metacritic. 2019年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]