007 トゥモロー・ネバー・ダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
007 トゥモロー・ネバー・ダイ
Tomorrow Never Dies
Tomorrow Never Dies logo.svg
監督 ロジャー・スポティスウッド
脚本 ブルース・フィアスティン
原作 イアン・フレミング
製作 マイケル・G・ウィルソン
バーバラ・ブロッコリ
出演者 ピアース・ブロスナン
ジョナサン・プライス
ミシェール・ヨー
音楽 デヴィッド・アーノルド
主題歌トゥモロー・ネヴァー・ダイ
シェリル・クロウ
撮影 ロバート・エルスウィット
編集 マイケル・アルカン
ドミニク・フォーティン
製作会社
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
イギリスの旗日本の旗 UIP
公開 イギリスの旗 1997年12月12日
アメリカ合衆国の旗 1997年12月16日
日本の旗 1998年3月14日
上映時間 119分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $110,000,000
興行収入 $333,011,068[1]
前作 007 ゴールデンアイ
次作 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ
テンプレートを表示

007 トゥモロー・ネバー・ダイ』(ダブルオーセブン トゥモロー・ネバー・ダイ、Tomorrow Never Dies)は、ロジャー・スポティスウッド監督のスパイアクション映画1997年公開。英国諜報部MI6の諜報員007ことジェームズ・ボンドが活躍する007シリーズ第18作。米国では『ゴールデンアイ』の収益を上回り、1997年の映画の世界興行成績で、第4位を記録した[2]

ストーリー[編集]

イギリス諜報部MI6はロシア当局と合同で、ロシア国境における武器取引マーケットの調査を行っていた。侵入したボンドの撮影した映像から、大量の武器と日本テロリストの磯倉聡やアメリカ人のテロリストのヘンリー・グプタをはじめとする危険人物が集まっていることを確認したMI6は、ロシア側の合意によりイギリス海軍艦艇からの巡航ミサイル攻撃を行う。ところが、市場の商品の中に核魚雷があることが判明、ミサイルは母艦から距離が離れすぎていたため自爆電波が届かず、ボンドには退避命令が出される。だが、ボンドは命令を無視して核魚雷を搭載した戦闘機もろとも確保して飛び去り、チェルノブイリ以上の核汚染は阻止された。しかし、この代償に会場にいた危険人物の1人、ヘンリー・グプタは逃走してしまう。

その後、南シナ海の中華人民共和国の沿岸の「公海上」を航行していたイギリス海軍フリゲート「HMSデヴォンシャー」が、中国人民解放軍空軍ミグ戦闘機による領海侵犯の警告を受けた後に撃沈された。同時に中国人民解放軍空軍のミグ戦闘機も撃墜された上に、脱出したフリゲート艦の乗組員たちは謎のステルス艦の乗務員に「中国製の銃」を使って皆殺しにされた。

HMSデヴォンシャーは実際には中華人民共和国の領海内を航行していたにもかかわらず、なぜか領海から離れた公海上を航行していたと艦内のレーダーには表示されていた。また同時にシンガポールのMI6支局は不可思議なGPS電波が発信されていたことを掴んでいた。さらに、HMSデヴォンシャーからの「公海上で中国人民解放軍空軍機の攻撃を受け撃沈された」との電文を受けたばかりのイギリス国防省とM、さらに首相らが事実関係の確認に追われている最中にもかかわらず、なぜか「カーヴァー・メディア・インターナショナル」の総帥でメディア王・エリオット・カーヴァーが発行するイギリスの新聞「トゥモロー」上に「公海上を航行するイギリス海軍艦と中国人民解放軍のミグ戦闘機が交戦し、撃沈され乗組員が虐殺された」という記事が掲載された。

「トゥモロー」が伝えるHMSデヴォンシャーの「公海上」での撃沈と乗組員の虐殺に激怒したイギリス首相は、イギリス海軍艦隊の中華人民共和国への派遣を命じるものの、「トゥモロー」の早すぎる記事の掲載と不可思議なGPS電波の発信に疑問を抱いたMはこれに抗議し、これを受けて首相は艦隊派遣の48時間の保留と、保留期間内の事実関係調査を命じた。Mはボンドをカーヴァーのパーティーが行われるハンブルクに派遣する。

以前に関係があったカーヴァー夫人パリスから情報を得たボンドは、カーヴァーの出版ビルに潜入、実はカーヴァーの部下であったグプタの部屋からレーダーの座標を狂わせるGPS暗号機を奪う。その場を脱出しようとしたボンドは、パーティーの席で新華社通信の記者と偽っていた中華人民共和国国外安保隊員ウェイ・リンと鉢合わせする。侵入者に気付いた警備員たちから追われた末に、二人は別々に脱出する。ボンドとパリスの会話を盗聴したカーヴァーの逆鱗に触れたパリスは、カーヴァーに依頼された殺し屋Dr.カウフマンにホテル・アトランティークで殺されてしまう。ボンドはカーヴァーからの電話で示唆されたホテルの部屋でパリスの遺体と対面を果たし、心中を装ってカウフマンに殺されそうになるが、一瞬の隙を突いてカウフマンを倒す。その後カーヴァーの部下たちに追われ、ボンドカーを駆使したカーチェイスの末に脱出を遂げる。

ボンドはCIAのジャック・ウェイドの協力で、沖縄県アメリカ軍の基地からデヴォンシャーが沈んでいることが判明した南シナ海へ向かう。沈没したデヴォンデャーの艦内でボンドはウェイと再会するが、カーヴァーの手下に捕らえられてベトナムサイゴンにあるカーヴァー・メディア・インターナショナルの支局に送られてしまう。そこでカーヴァーの口から、偽のGPS電波でHMSデヴォンシャーを中華人民共和国の領海におびき寄せた上に、HMSデヴォンシャーと中国人民解放軍のミグ戦闘機を自らが所有するステルス艦によって撃沈・撃墜したこと、さらに情報操作で両国間の戦争を演出し大きな利益を得る計画が語られる。

何とかカーヴァーの元から脱出し二人は、協力して彼が所有するステルス艦に潜入。二人は発見されてウェイが捕まってしまうが、ボンドが艦の外板を破損させたことで、近海にいた英海軍フリゲート「HMSベッドフォード」はステルス艦を捕捉し、中国軍了解のもとで砲撃を開始。ボンドは乗組員との銃撃戦やカウフマンの部下スタンパーの抵抗を制して、デヴォンシャーから盗み出された巡航ミサイルに爆弾を仕掛けることに成功。カーヴァーの野望を本人ごと粉砕した。報告を受けたMは、「カーヴァーは海上で事故死した模様」と情報操作するよう手配するのであった。

スタッフ[編集]

  • 監督 - ロジャー・スポティスウッド
  • 製作 - マイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ
  • 脚本 - ブルース・フィアスティン
  • 音楽 - デヴィッド・アーノルド
  • 主題歌 「トゥモロー・ネヴァー・ダイ」 - シェリル・クロウ
  • エンディング・テーマ 「サレンダー」 - k.d.ラング
  • 撮影 - ロバート・エルスウィット
  • 編集 - マイケル・アルカン、ドミニク・フォーティン
  • プロダクション・デザイン - アラン・キャメロン
  • 特殊効果 - クリス・コーボルド
  • メインタイトル・デザイン - ダニエル・クラインマン

キャスト[編集]

主題歌[編集]

アメリカの女性シンガー、シェリル・クロウが起用され、同タイトル曲を歌った。イギリスの「ミュージック・ウィーク」誌では、最高位12位を獲得した。さらに、同サウンドトラック・アルバムに収録されたMoby演奏のテーマ曲"James Bond Theme"が、「ミュージック・ウィーク」誌で、最高位8位を獲得しているが、アメリカでは、どちらもチャート入りを果たせなかった。なお、同サウンドトラック・アルバムは、アメリカの「ビルボード」誌アルバム・チャートでは、最高位197位だった。

また、主題歌候補としてパルプ (バンド)が「トゥモロー・ネバー・ライ」を歌っているが選考で敗れた[3]

映画評[編集]

映画の評判はまちまちで、映画レビューコレクションのウェブサイトである「Rotten Tomatoes」は58%の評価を、類似のサイト「Metacritic」は52%の評価を付けた。「CinemaScore」によって実施された投票では、映画に「A +からF」のスケールで「A-」の平均等級を与えられた。

シカゴ・サンタイムズ、ロジャー・エバートは4つ星の3を与え、「もう少し現代的で、通常よりももっともらしい」悪役が登場し、時々おもしろい場面がある」 「映画にはいつもよりも微妙な風刺が見られた」と評した。評論家ジェームス・ベラーディネリは「多くの年で最高のボンド映画」とし、ブロスナンについて「柔らかな自信を持ち、ショーン・コネリーに非常に似ている。」と記述したしかし、ロサンゼルス・タイムズ、ケネス・トゥランは、この映画は「以前のボンソ映画とはほとんど変わらない」と批判し、評論家Charles Taylorは、サイトSalon.comにこの映画は「非人道的なもの」だと書いた。

シェリル・クロウが歌ったタイトル曲は、ゴールデン・グローブ賞「ベストオリジナルソング–映画」と、「映画またはテレビのために特別に書かれたベストソング」のグラミー賞にノミネートされました。また、この映画は、サターン賞で4つのノミネートを受けた。

概要[編集]

  • 本作は1996年に逝去した映画シリーズの生みの親、アルバート・R・ブロッコリに捧げられている。
  • そのため、前作まではオープニング・クレジットには「Albert R. Broccoli presents」としか入っていなかったが、本作以後の作品には、シリーズに対しての貢献を称え「アルバート・R・ブロッコリのイオン・プロダクション提供」(Albert R. Broccoli's EON Productions Limited presents)と入るようになった。
  • 悪役にジョナサン・プライスを起用している。作中のメディア王エリオット・カーヴァーは、イギリスのメディア王でヨットから転落し水死したロバート・マクスウェルをモデルにしていると思われるが、そのライバルで同じく実在のメディア王ルパート・マードックを皮肉った部分もある[4][5]
  • 冒頭の軍需品の密取引バザールのシーンで、日本の有名カルト教団の幹部をモチーフにした日本人の武器バイヤー(役名 - サトシ・イサグラ。キャストはカーン・ボンフィルス)が登場する。彼は映画ではモニター上の写真のみの登場であるが[6]プレイステーションのゲーム版で中ボスである。イサグラは当時「東京の毒ガステロ事件により指名手配されている」と説明されているが、現実では2012年6月に、カルト教団関連の指名手配容疑者は全員逮捕されている。
  • 通常、核魚雷は外部から圧力や熱を受けても爆発(核分裂)しないようになっている。
  • 南シナ海のアメリカ軍基地にてGPSを確認するシーンの地図では沖縄の真南に台湾島があり、中国大陸上海は沖縄の真西に位置している。
  • ジャック・ウェイド役を演じたジョー・ドン・ベイカーは、『007 リビング・デイライツ』では敵役の武器商人の「ブラッド・ウィティカー」を演じていた。
  • 1997年9月1日、ダイアナ元王太子妃と交際相手のドディ・アルファイドが、本作を撮影中のパインウッド・スタジオを見学に訪れることになっていた。ドディと本作のプロデューサーのバーバラ・ブロッコリが幼馴染だったため、バーバラがドディとダイアナ元妃を招待したのだが、二人はその前日の8月31日、パリで事故死した。2008年3月13日、ロンドンの高等法院で行われていたダイアナ元妃の死因究明審問で、バーバラ・ブロッコリが明らかにした[7][8]
  • パリス・カーヴァー役の女優テリー・ハッチャーは当時妊娠中で、撮影は彼女の体調を考慮して彼女の出演するシーンを先に終了させていた。

日本語吹替[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ テレビ朝日
ジェームズ・ボンド ピアース・ブロスナン 神谷明 江原正士 田中秀幸
エリオット・カーヴァー ジョナサン・プライス 谷口節 小川真司 羽佐間道夫
ウェイ・リン ミシェール・ヨー 松熊明子 佐々木優子 深見梨加
パリス・カーヴァー テリー・ハッチャー 相沢恵子 田中敦子 渡辺美佐
ヘンリー・グプタ リッキー・ジェイ 島香裕 宝亀克寿 辻親八
ローバック ジョフレー・パーマー 筈見純 藤本譲
M ジュディ・デンチ 此島愛子 谷育子 沢田敏子
マニーペニー サマンサ・ボンド 加藤優子 宮寺智子 佐藤しのぶ
Q デスモンド・リュウェリン 田口昂 北村弘一
スタンパー ゲッツ・オットー 諸角憲一 谷口節 中田和宏
カウフマン ヴィンセント・スキャベリ 稲葉実 青野武 千田光男
ジャック・ウェイド ジョー・ドン・ベイカー 大川透 内海賢二 池田勝
チャールズ・ロビンソン コリン・サーモン 水野龍司 山野井仁 青山穣
国防長官 ジュリアン・フェロウズ 稲葉実 小島敏彦 仲野裕
デイブ・グリーンウォルト コリン・スティントン 中博史 牛山茂 内田直哉
インガ・バーグストロム セシル・トムセン 幸田夏穂 鈴鹿千春
ステルス艦艦長 マーク・スポルディング 稲葉実 佐々木梅治 大川透
チェスター艦長 ブルース・アレクサンダー 小島敏彦 水野龍司
リチャード・デイ クリストファー・ボーエン 大川透 金尾哲夫 仲野裕
ピーター・ヒューム アンドリュー・ホーキンス 伊藤栄次 内田直哉
ブカーリン テレンス・リグビー 中博史 稲葉実 稲葉実
ケリー提督 マイケル・バーン 田口昂 仲野裕
ジェフ・ホッブズ ヒューゴ・ネイピア 水野龍司 小室正幸 池田勝
軍曹 アル・マシューズ 青山穣 斎藤志郎 後藤哲夫
大佐 ピップ・トレンス 水野龍司 中田和宏 池田勝
エイビスレンタカー係員 アンチェ・シュミット 幸田夏穂 木藤聡子 斎藤恵理
アシスタント ウィリアム・スコット・マッソン 大川透 古田信幸 後藤敦
兵装士官 アンソニー・グリーン 高瀬右光 山野井仁 古田信幸
デボンシャーの船員 ドミニク・ショーン 樫井笙人
カーヴァーの手下 ニール・フィネガン 大川透 北川勝博 木村雅史
レーダー兵 アダム・ベイカー 堀川仁 高瀬右光 樫井笙人
ミグパイロット ビンセント・ウォン 田口昂 田尻ひろゆき 清水敏孝
広報係 ダフネ・デッカーズ 幸田夏穂 鈴鹿千春 藤貴子
水兵 ジェラルド・バトラー 古田信幸 鈴木正和
BMW750iLのコンピューター 加藤優子 小野未喜
空港アナウンス 青山穣 吉田孝

※キングレコードから発売の特別版DVDにはフジテレビ版とテレビ朝日版の2バージョンの吹替を収録

  • ソフト版
演出 - 福永莞爾、翻訳 - 岸田恵子、編集 - オムニバス・ジャパン、調整 - 高久孝雄、製作 - 東北新社
演出 - 伊達康将、翻訳 - 松崎広幸、調整 - 荒井孝、プロデューサー - 前田久閑(フジテレビ)、製作 - 東北新社
  • テレビ朝日版 - 初回放送2002年9月29日21:00-22:54 『日曜洋画劇場』(初回放送版とリピート放送で追加されたバイクシーンを合わせて本編119分中正味100分)
演出 - 伊達康将、翻訳 - 平田勝茂、効果 - リレーション、調整 - 高久孝雄、製作 - 東北新社

ノベライズ[編集]

  • レイモンド・ベンソン『トゥモロー・ネバー・ダイ』玉木亨訳、角川書店、1998年2月。ISBN 9784042767015
  • Benson, Raymond (1977-11-06) (英語). Tomorrow Never Dies. Coronet Books. ISBN 9780340707425 

その他[編集]

  • 本作よりボンドの愛用銃がワルサーPPKからワルサーP99へ替わった。
  • スイスの腕時計メーカーの「シーマスター ダイバー 300M」を着用[9]。劇中のシーマスターは、ウェイ・リンのアジトで入手したもので、彼女の言葉から中国情報部が改良を加えたものと考えられる。手榴弾を遠隔操作で起爆するのに、特殊機能が使用された[10][11][12]
  • ボンドカーとしてBMW・750iLが使用された。携帯電話を使った遠隔操縦・防弾ガラス・防弾ボディ・サンルーフミサイル・エンブレムカッター・リヤまきびし・パンク復旧装置・盗難防止装置・貴重品収納庫などの特殊装備がフルに活用されている。このボンドカーはエイビスのレンタカーを装ってボンドに引き渡され、ハンブルク都心の立体駐車場でカーチェイスを繰り広げた挙句に、エイビスの営業所に突っ込んでしまった。
  • ボンドのバイクアクションシーンでもBMWが使用された。
  • 合わせて三隻の23型フリゲートが登場するが、艦名はいずれも架空のものである。

参照[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Tomorrow Never Dies”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2012年4月3日閲覧。
  2. ^ List movies by worldwide gross” (英語). WorldwideBoxoffice.com. 2009年8月24日閲覧。
  3. ^ BBCを英語で読む「ボンド映画の主題歌になれなかった名曲たち」(7)
  4. ^ Bruce Feirstein (2008年1月29日). “Bruce Feirstein: The Tao of Bond-Film Naming”. Vanity Fair. http://www.vanityfair.com/ontheweb/blogs/daily/2008/01/bruce-feirste-2.html 2008年1月31日閲覧。 
  5. ^ 町山智浩『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』文藝春秋、2008年 p194
  6. ^ 劇中のモニター画面上の写真を見る限りでは全く日本人には見えず、中東系の顔立ちの様である。
  7. ^ “Dodi had planned to make 'very important' announcement two days after fatal Diana crash” (英語). Mail Online. (2008年3月13日). http://www.dailymail.co.uk/news/article-533390/Dodi-planned-make-important-announcement-days-fatal-Diana-crash.html 2009年6月25日閲覧。 
  8. ^ “Di due to see Bond filming” (英語). ザ・サン. (2008年3月13日). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/royals/912725/Di-due-to-see-Bond-filming.html 2009年6月22日閲覧。 
  9. ^ ジェームズ・ボンド・ウォッチとはどのシーマスター・ウォッチなのでしょうか?”. オメガ. 2009年8月16日閲覧。
  10. ^ ボンドウォッチプロジェクト
  11. ^ Q Branch at Her Majesty's Secret Servant
  12. ^ James Bond Gadget Watch History at the watchismo times

外部リンク[編集]