北京のふたり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北京のふたり
Red Corner
監督 ジョン・アヴネット
脚本 ロバート・キング
製作 ジョン・アヴネット
ジョーダン・カーナー
チャールズ・B・マルヴィール
ロザリー・スウェドリン
出演者 リチャード・ギア
バイ・リン
ブラッドリー・ウィットフォード
音楽 トーマス・ニューマン
撮影 カール・ウォルター・リンデンローブ
編集 ピーター・E・バーガー
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
日本の旗 MGM/UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年10月31日
日本の旗 1998年10月10日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
北京官話
興行収入 $22,459,274[1]
テンプレートを表示

北京のふたり』(原題: Red Corner)は、1997年製作のジョン・アヴネット監督、ロバート・キング脚本の映画

ソフト化した際に『レッド・コーナー 北京のふたり』というタイトルに改題された。

舞台は北京だが、全編アメリカ国内で撮影され、北京のシーンは合成である。これは主演のリチャード・ギアダライ・ラマ14世の熱心な支援者であることで、中国国内での撮影が不可能だからという事情がある。

あらすじ[編集]

ジャック・ムーアは中国国内で中国政府との合弁事業の一部である衛星通信取引をまとめる仕事を行っていた。しかし、彼は取引が成立する前に、有力な中国のホン将軍の娘の殺人容疑者に陥れられる。そして、競合社に衛星通信の契約を取られてしまう。

ジャックの国選弁護人シェン・ユイリンは当初、ジャックの無罪主張を信じていない。しかし、やがて彼らコンビはジャックを弁護するだけではなく、中国の中央政府権力内の強力な影に巻き込まれ、打ち消し難い共謀と不正の証拠を白日の下にさらすこととなる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

出典[編集]

  1. ^ Red Corner (1997)” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]