白銀に燃えて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白銀に燃えて
Iron Will
監督 チャールズ・ハイド
脚本 ジョン・マイケル・ヘイズ
ドルジェ・ミリセヴィック
ジェフ・アーチ
製作 パトリック・パーマー
ロバート・シュワルツ
出演者 マッケンジー・アスティン
ケヴィン・スペイシー
音楽 ジョエル・マクニーリー
撮影 ウィリアム・ウェイジス
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年1月14日
日本の旗 1994年6月11日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $21,006,361[1]
テンプレートを表示

白銀に燃えて』(はくぎんにもえて、原題:Iron Will)は、1993年制作のアメリカ合衆国の映画

厳寒のカナダからアメリカ合衆国・ミネソタ州までを走る犬ぞりによる過酷なクロスカントリー・レースに挑戦した少年の姿を、実話に基づいて描いた作品。

日本でのビデオタイトルは『アイアン・ウィル/白銀に燃えて』。

あらすじ[編集]

1917年の冬。17歳の少年ウィルは、農場を営む父の突然の死によって大学進学の夢を断念しかけていた。

そんなある日、ウィルは父が自分の学費を稼ぐため、犬ぞりレースに応募しようとしていたことを知る。そのレースはカナダからミネソタまで800キロを走るもので、優勝した者には賞金1万ドルが支払われるというものであった。

ウィルは父の夢をかなえるために、レースに出場することを決意、父と一緒に農場を経営していたネイティヴ・アメリカンのネッドのコーチを受けたのち、いよいよレースに出場する。

レースがスタートすると、北欧から来た尊大なチャンピオンのボルグが強さを発揮し、トップを走る。ウィルも負けじとボルグを追走するが、勝つためには手段を選ばないボルグは凶暴な犬を使ってウィルを妨害しようとする。

それにもめげずひたむきに走るウィルの姿は、新聞記者のハリーの書く記事によって伝えられ、人々はウィルを鋼鉄の意思(アイアン・ウィル)を持ったヒーローと称える。

そして、最後の難関とボルグの妨害を突破したウィルは、ゴールに飛び込んで優勝するのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

外部リンク[編集]