バスキア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バスキア
Basquiat
監督 ジュリアン・シュナーベル
脚本 マイケル・トーマス・ホルマン
ジュリアン・シュナーベル
製作 ジョン・キリク
ランディ・オストロウ
シガージョン・サイヴァッツォン
製作総指揮 ジョセフ・アレン
ピーター・ブラント
ミチヨ・ヨシザキ
出演者 ジェフリー・ライト
クレア・フォラーニ
マイケル・ウィンコット
音楽 ジョン・ケイル
撮影 ロン・フォーチュナト
編集 マイケル・バレンバウム
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年8月9日
日本の旗 1997年6月7日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

バスキア』(Basquiat 英語発音)は、27歳で亡くなったアーティスト、ジャン=ミシェル・バスキア伝記映画1996年制作、監督はジュリアン・シュナーベルベニチオ・デル・トロはこの作品でインディペンデント・スピリット賞の助演男優賞を受賞した。バスキアと以前バンドを組んでいたヴィンセント・ギャロカメオ出演している。

あらすじ[編集]

1979年のニューヨーク。黒人青年バスキアは「セイモ(SAMO)」と名乗り、バンド活動もするマイナーな画家だった。彼はドラッグを吸い、ホームレス生活をしているが、スラム育ちではなく中流の家族を持っていた。母親は、幼い頃のバスキアに絵画への興味を植え付けたが、離婚後は精神病院に入院していた。

ウェイトレスで画家志望のジーナと親しくなり、彼女のアパートに転がり込むバスキア。画廊で電気工事のアルバイトをしたバスキアは、人気アーティストのマイロを見かけて声をかけ、虚勢を張った。若いバスキアは、アーティストとしての成功を熱望していたが、売れなければ目の前の電気技師のように、「本業はアーティストだ」と自分に言い聞かせながら、年老いて行くはずだった。

ある日、バスキアはアンディ・ウォーホルを見かけて、自分の手書きのポストカードを売りつけた。落書きのような絵(グラフィティ)をモチーフにしてスプレーを吹き付けるのが、バスキア独自の自称「無知な絵」のスタイルだった[1]

パーティーの帰りに、バスキアは美術評論家のルネ・リカードに声をかけられた。バスキアの絵が気に入ったルネは、彼の売り出しに乗り出した。

1981年、グループ展に出品したバスキアの絵は2000ドルで売れた。画廊を営むアニーナ・ノセイは、バスキアにアトリエを提供し、次々と大作を製作させた。金と名声を手に入れて、マイロとも友人になるバスキア。だが、ジーナやバンド仲間のベニーとは疎遠になっていった。

初の個展を開く頃には、バスキアはアンディ・ウォーホルとも親しくなっていた。大物の画商ブルーノ・ビショップバーガーに協力を申し出られたバスキアは、彼に乞われて、ルネに贈るはずだった作品を売ってしまった。個展の後の食事会でも、バスキアは恩人であるルネやアニーナの席ではなく、大物たちのテーブルを選んだ。後年のインタビューで「人に利用され、利用している」と語るバスキア。

孤独なバスキアは、ウォーホルだけを友として親交を深めて行った[2]。ウォーホルとの関係をマスコミに揶揄され、悩みをマイロに打ち明けるバスキア。そんな時、ウォーホルが急死した。バスキアのドラッグ吸引は加速し、翌年の1988年8月12日にヘロインの過剰摂取で死亡した。27歳だった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

  1. ^ バスキアの主だった作品は「グラフィティ」をモチーフにしているが、グラフィティそのものではない。
  2. ^ アンディ・ウォーホルとは作品を共同制作している。

外部リンク[編集]