ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョニー・イングリッシュ
アナログの逆襲
Johnny English Strikes Again
DavidKerr2018.jpg
ニューヨーク・プレミアに出席するデヴィッド・カー
監督 デヴィッド・カー英語版
脚本 ウィリアム・デイヴィス英語版
製作 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
クリス・クラーク
ローワン・アトキンソン
製作総指揮 ライザ・チェイシン
ウィリアム・デイヴィス
出演者 ローワン・アトキンソン
ベン・ミラー英語版
オルガ・キュリレンコ
ジェイク・レイシー英語版
エマ・トンプソン
音楽 ハワード・グッドール英語版
撮影 フロリアン・ホーフマイスター英語版
編集 マーク・エヴァーソン
製作会社 スタジオカナル
ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 イギリスの旗 2018年10月5日[1]
フランスの旗 2018年10月10日
アメリカ合衆国の旗 2018年10月26日
日本の旗 2018年11月9日
上映時間 89分[2]
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[3]
興行収入 世界の旗 $158,953,864[3]
日本の旗 1億4,400万円[4]
前作 ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬
テンプレートを表示

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』(ジョニー・イングリッシュ アナログのぎゃくしゅう、原題:Johnny English Strikes Again)は、2018年に公開されるイギリススパイコメディアクション映画。『ジョニー・イングリッシュシリーズ英語版』の3作目。デヴィッド・カー英語版が監督、ウィリアム・デイヴィス英語版が脚本を担当し、ローワン・アトキンソンが主演を務める。

あらすじ[編集]

諜報機関MI7がサイバー攻撃を受けてエージェントたちの情報が漏洩してしまい、さらにロンドン各所でサイバー攻撃によるトラブルが発生し、G12英語版サミットを控える首相は頭を悩ます。MI7は引退していたエージェントたちを召集して事態を解決しようとするが、その中には小学校で教師をしていたジョニー・イングリッシュも含まれていた。イングリッシュのミスで催眠爆弾が作動して他の元エージェントたちは眠ってしまい、MI7部長のペガサスはイングリッシュにサイバー攻撃の犯人を探すように指示する。イングリッシュは情報を得るため相棒のボフと共に南フランスに向かい、サイバー攻撃の発信源である船ドット・カーム号に乗り込むが、謎の美女オフィーリアに見付かり捕まってしまう。2人は船内に発信機を設置した後、ドット・カーム号から脱出する。

脱出後にオフィーリアと再会したイングリッシュは、彼女から「ホテルのバーで落ち合いたい」と持ち掛けられる。彼はオフィーリアの美貌に夢中になり、彼女がスパイである証拠を集めてきたボフの忠告を聞こうとしなかった。オフィーリアは任務の妨げになるイングリッシュを殺すように指令を受けるが、睡眠薬と間違えて精力剤を飲んでハイテンションになったイングリッシュに圧倒されて暗殺に失敗してしまう。同じころ、サイバー攻撃に悩まされる首相は富豪のジェイソン・ヴォルタと提携してイギリスのシステム管理を一元化しようとする。ロンドンに戻ったイングリッシュはヴォルタがサイバー攻撃の犯人であると報告し、証拠を手に入れるため彼の屋敷に潜入しようとする。ペガサスはVRを使用してヴォルタ邸潜入のシミュレーションを行うように指示するが、VRゴーグルをかけたままロンドン市内に出てしまい、市民たちを巻き込んで騒動を起こしてしまう。

ヴォルタ邸に潜入したイングリッシュはオフィーリアと再会し、彼女がロシアのスパイだと知る。2人はヴォルタが犯人である証拠をスマートフォンで撮影するが、イングリッシュのミスで気付かれてしまう。イングリッシュは教習車を奪ってヴォルタ邸から脱出し、首相とペガサスに撮影した映像を見せるが、間違えて教習者のスマートフォンを持ってきてしまい、2人に呆れられてしまう。さらに捜査の最中に様々なトラブルを起こしていたことが発覚してMI7を追い出されてしまう。ショックを受けたイングリッシュはMI7を去ろうとするが、ボフに説得されてG12サミットが開催されるスコットランドに向かう。

イングリッシュはボフの妻リディアが艦長を務める旧型潜水艦を利用してサミット会場に乗り込む。オフィーリアと合流したイングリッシュはヴォルタを逮捕しようとするが首相に相手にされず、警備に追い回されてしまう。会場では首相がヴォルタにイギリスの全システム管理を委託する同意書に署名しており、ヴォルタはシステムを全停止してイギリス国内を混乱させ、他のG12首脳にも同意書に署名するように迫る。イングリッシュは応援を呼ぶため携帯電話でペガサスを呼び出そうとするが、携帯電話が原因でリディアの潜水艦のシステムが誤作動を起こしてミサイルが発射されてしまう。しかし、ミサイルはイングリッシュが仕掛けていた発信機に誘導されてドット・カーム号に命中してサイバー攻撃が阻止され、ヴォルタの計画は失敗する。ヴォルタはサミット会場から逃亡しようとするが、イングリッシュによって阻止され逮捕される。イギリスを救ったイングリッシュは小学校に戻り、生徒たちから英雄として迎えられる。

キャスト[編集]

ローワン・アトキンソン
オルガ・キュリレンコ
ベン・ミラー
ジェイク・レイシー

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

2017年5月、『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』の続編製作が発表され、主演には引き続きローワン・アトキンソンが起用されることが決まった[8]。8月3日にワーキング・タイトル・フィルムズデヴィッド・カー英語版が監督を務め、製作と撮影が開始されたことを公表した[5][9]。撮影はグロスタシャーハートフォードシャーウェルハム・グリーン英語版で行われた[10][11]。9月26日からはフランスヴァール県のサン・エギュルフで撮影が行われた[6]。2018年4月4日に映画のタイトルが「Johnny English Strikes Again」であることが発表され[12]、翌日には予告編が公開された[13]

公開[編集]

映画はユニバーサル・ピクチャーズ配給で2018年10月12日にイギリス・アメリカで公開されることになった[8][14]。後にアメリカの公開日は9月20日に変更され、最終的に10月26日に決定した[15]。日本では11月9日に公開される[16]

評価[編集]

興行収入[編集]

北米では『Indivisible』『ハンターキラー 潜航せよ』と同日に544劇場で公開され、公開週末に200万ドルの興行収入を記録すると予測された[17]。実際の興行収入は160万ドルに留まり、興行収入ランキングは第12位となった[18]Deadline.comは、アメリカでの公開は主目的ではなく、映画は海外の観客のために製作されたものであるため、この結果は製作スタジオにとって失望する材料にはならないと分析している[19]。イギリスでは公開当初に興行収入550万ドルを記録し、公開第2週には1,410万ドルを記録、累計興行収入は6,650万ドルを記録した[20]。公開第3週には世界市場でも上映が開始され、ドイツ240万ドルを含む57か国で980万ドルの興行収入を記録し、累計興行収入は9,600万ドルを記録した[21]

批評[編集]

Rotten Tomatoesには94件のレビューが寄せられ支持率34%、平均評価4.6/10となっている[22]Metacriticでは22件のレビューに基き39/100のスコアを与えている[23]

出典[編集]

  1. ^ Cinemax - É um espectáculo - Johny English: Volta Atacar” (ポルトガル語). www.cinemax.co.ao. 2018年10月10日閲覧。
  2. ^ Johnny English Strikes Again”. British Board of Film Classification. 2018年9月18日閲覧。
  3. ^ a b Johnny English Strikes Again (2018)”. Box Office Mojo. 2018年11月18日閲覧。
  4. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.54
  5. ^ a b Perry, Spencer (2017年8月3日). “Johnny English 3 Begins Production”. ComingSoon.net. http://www.comingsoon.net/movies/news/876463-working-title-announces-the-start-of-production-on-johnny-english-3 2017年8月4日閲覧。 
  6. ^ a b Amalric, L. (2017年9月27日). “Les photos du premier jour de tournage de Johnny English 3 dans le Var” (French). Nice-Matin. http://www.nicematin.com/cinema/exclu-les-photos-du-premier-jour-de-tournage-de-johnny-english-3-dans-le-var-170122 2017年9月27日閲覧。 
  7. ^ Horton, Kim (2017年9月13日). “Filming for comedy blockbuster comes to Gloucestershire”. 2018年8月21日閲覧。
  8. ^ a b Richardson, Jay (2017年5月18日). “Rowan Atkinson to make Johnny English 3 : News 2017 : Chortle : The UK Comedy Guide”. www.chortle.co.uk. http://www.chortle.co.uk/news/2017/05/18/36549/rowan_atkinson_to_make_johnny_english_3 2017年8月4日閲覧。 
  9. ^ @Working_Title (2017年8月3日). "He's back! #JohnnyEnglish3" (ツイート) – via Twitter.
  10. ^ Davies, Alan (2017年9月4日). “Johnny English 3 movie being filmed in Welham Green”. http://www.whtimes.co.uk/what-s-on/johnny-english-3-movie-being-filmed-in-welham-green-1-5180136 2017年10月9日閲覧。 
  11. ^ Horton, Kim (2017年9月13日). “Film crews have descended on a top Gloucestershire location and this is what they're shooting”. http://www.gloucestershirelive.co.uk/whats-on/film/film-crews-descended-top-gloucestershire-470705 2017年10月9日閲覧。 
  12. ^ “Prepare for the Johnny English Strikes Again Teaser with a Look Back”. (2018年4月4日). http://www.comingsoon.net/movies/trailers/935153-johnny-english-strikes-again-teaser 
  13. ^ “The Johnny English Strikes Again Trailer!”. (2018年4月5日). http://www.comingsoon.net/movies/trailers/935403-the-johnny-english-strikes-again-trailer 
  14. ^ @TomLinay (2017年5月17日). "For those interested, Johnny English..." (ツイート). Retrieved 2017年8月4日 – via Twitter.
  15. ^ Evry, Max (2018年1月3日). “Johnny English 3 Release Date Announced”. ComingSoon.net. http://www.comingsoon.net/movies/news/911843-johnny-english-3-release-date-announced#/slide/1 2018年1月3日閲覧。 
  16. ^ ローワン・アトキンソン主演「ジョニー・イングリッシュ」最新作 ゆるすぎる特報&ポスター公開”. 映画.com (2018年8月17日). 2018年8月21日閲覧。
  17. ^ Rubin, Rebecca (2018年10月24日). “‘Halloween’ to Make Another Killing at the Box Office”. Variety. 2018年10月24日閲覧。
  18. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年10月28日). “‘Halloween’ Screams $32M Second Weekend As October B.O. Moves Toward Record”. Deadline Hollywood. Penske Business Media. 2018年10月28日閲覧。
  19. ^ Tartaglione, Nancy (2018年10月29日). “‘Johnny English Strikes Again’ Strikes Gold: Why The Spy Spoofs Bond Outside U.S.”. Deadline Hollywood. Penske Business Media. 2018年10月29日閲覧。
  20. ^ Tartaglione, Nancy (2018年10月7日). “‘Venom’ Sinks Teeth Into $205M Global Bow; Sets Biggest October Debut WW – International Box Office”. Deadline Hollywood. Penske Business Media. 2018年10月24日閲覧。
  21. ^ Tartaglione, Nancy (2018年10月21日). “‘Venom’ Licks $461M Global; ‘Star Is Born’ Strums Past $200M; ‘Halloween’ Takes $92M WW Bow – International Box Office”. Deadline Hollywood. Penske Business Media. 2018年10月24日閲覧。
  22. ^ Johnny English Strikes Again (2018)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2018年11月3日閲覧。
  23. ^ Johnny English Strikes Again reviews”. Metacritic. 2018年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]