MR.デスティニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MR.デスティニー
Mr. Destiny
監督 ジェームズ・オア
脚本 ジェームズ・オア
ジム・クラックシャンク
製作 ローレンス・マーク
ジム・クラックシャンク
ジェームズ・オア
スーザン・B・ランドウ
出演者 ジェームズ・ベルーシ
リンダ・ハミルトン
マイケル・ケイン
音楽 デビッド・ニューマン
撮影 アレックス・トムソン
編集 マイケル・R・ミラー
製作会社 タッチストーン・ピクチャーズ
Laurence Mark Productions
Silver Screen Partners IV
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナビスタ
日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年10月12日
日本の旗 1991年2月22日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $15,379,253[2]
テンプレートを表示

MR.デスティニー』(ミスターデスティニー、Mr. Destiny)は、1990年に公開されたアメリカコメディ映画

あらすじ[編集]

何もかもパッとしない冴えない男ラリー・バロウズは35歳の誕生日を妻エレンに忘れられたばかりか、会社をクビになってしまう。 帰りに何気なく寄ったバーで、20年前の野球の決勝で空振りさえしなければ、もっとマシな人生を送れたはずだったと愚痴る彼に、 バーテンダーのマイクが特製のカクテルを差し出す。 それを飲んだラリーがバーの外に出ると、そこは全く違う世界になっていた。 その世界では、20年前の試合でラリーがホームランを打ったことになっており、それがきっかけで今は会社の会長の娘シンディ・ジョーと結婚し、社長になっていたのだ。 美しい妻と二人の子供に囲まれ大豪邸で暮らす「完璧な人生」を満喫していたラリーだが、厳しく冷酷な社長として社員に嫌われているばかりか、親友クリップとは疎遠、しかも妻だったエレンが別の男と結婚していたことを知る。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mr. Destiny (1990) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年4月30日閲覧。
  2. ^ Mr. Destiny (1990)” (英語). Box Office Mojo. 2010年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]