肺水腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
肺水腫
PulmEdema.PNG
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
呼吸器学
ICD-10 J81
ICD-9-CM 514
DiseasesDB 11017
MedlinePlus 000140
eMedicine med/1955 radio/581
MeSH D011654
テンプレートを表示

肺水腫(はいすいしゅ、pulmonary edema)とは、の実質(気管支肺胞)に水分が染みだして溜まった状態をいう。溜まった水分により呼吸が障害され、呼吸不全に陥る。

概要[編集]

肺は酸素を取り入れ、二酸化炭素を排出するために、肺胞に空気を取り入れる[1]。肺胞は網目状の毛細血管で取り巻かれており、そこで酸素と二酸化炭素の交換が行われる[1][2]。この毛細血管から血液の液体成分が肺胞内へ滲み出した状態が肺水腫である[1][2]

原因[編集]

肺水腫の原因は、心臓の原因とそれ以外の原因に分けられる[1][2]。前者は心原性肺水腫と呼ばれ、何らかの原因で心臓の左心室から全身へ血液を送り出す力が低下し、血液が肺に過剰に貯まる状態である[1]。後者は非心原性肺水腫と呼ばれ、肺毛細血管が病的変化により、液体成分が滲み出して生じるものである[1]。非心原性肺水腫の中でも、急性呼吸窮迫症候群と呼ばれるものは死亡率が高い疾患である[1][2]。重症肺炎、敗血症、重症外傷など様々な疾患に引き続いて生じる場合が多い[1][2]

内因性には3つの原因が考えられる[疑問点]

  1. 血管内圧の上昇
    毛細血管の内圧が上昇して、水分が外に押し出される状態。左心不全僧帽弁狭窄症などが原因となる。
  2. 血漿膠質浸透圧の低下
    血液中のタンパク質(アルブミン)が減少することにより血管内に水分を留めておけなくなり、血管外に流出する状態。肝硬変ネフローゼ症候群などが原因となる。
  3. 血管透過性の亢進
    血管壁が水分を通しやすくなり、血管外へ漏出する状態。重症肺炎などが原因となる。

外因性には有毒ガスの吸入や感電、重症外傷が多い[疑問点]

  1. 窒息剤びらん剤などの化学兵器による物
  2. 感電、重症外傷による心不全、肺の毛細血管の損傷による物
  3. 薬物、覚せい剤の加熱吸引、燐化水素の吸引、サイアザイド系(チアジド系)利尿薬による急性アレルギーによる物
  4. 高山などの低気圧環境による物(高地肺水腫
  5. 水難事故などによる溺水

症状[編集]

肺水腫の主な症状は呼吸困難である[1][2]。ピンク色・泡沫状のが出る場合もある[1][2]

検査所見[編集]

診断は胸部X線撮影で行う[1]

  • 聴診 - 肺野全体に水泡性ラ音が聴取される[疑問点]
  • 胸部単純X線撮影 -肺野全体の透過性が低下し、真っ白になる。肺葉間に水分が溜まり、vanishing tumorと呼ばれる腫瘤影がみられる。心不全を合併する場合は心陰影の拡大がみられる[疑問点]

治療[編集]

肺胞内の水分除去のための利尿薬、肺の炎症を抑えるための薬が用いられる[1][2]。あわせて、酸素投与を行ったり、重症の場合には人工呼吸器を用いて、気道内を陽圧に保つ治療が行われたりする[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 呼吸器系の病気 肺水腫”. www.jrs.or.jp. 一般社団法人日本呼吸器学会. 2021年10月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 肺水腫 (はいすいしゅ) | 済生会” (日本語). 社会福祉法人 恩賜財団 済生会. 2021年10月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]