口呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

口呼吸(くちこきゅう[1]、こうこきゅう[2])は鼻の代わりに口で呼吸すること。開口呼吸とも。歯科のほか耳鼻科とも関連する[1]

人間は激しい呼吸をともなう全身持久性運動の際には口呼吸を中心とすることが自然ともされる[3]。人間の場合子供に比較的よく見られ[4]、宮城県仙台市内の保育園児を対象とした調査では、園児の22%以上が口呼吸をしていると推定された[5]

イヌは口呼吸をする[6]

イギリス英語で mouth breather (「口呼吸者」)は「馬鹿」を意味するスラングとして使われることがある[7]

原因[編集]

ヒトは本来鼻呼吸をする[5]が、鼻気道内の障害物や鼻炎により鼻呼吸が行えない際に口呼吸が生じる[8]鼻詰まり[5][4]アデノイド[4]鼻中隔彎曲症英語版[4]口唇閉鎖不全[9]は口呼吸の原因となる。鼻呼吸が可能になった後でも習慣により口呼吸を行う場合もある[8][5]

口呼吸をする子どもは安静時にの位置が下がっている傾向がある[10]

問題点[編集]

口呼吸を日常的に行うと口腔内が乾燥し(ドライマウス[11]唾液の殺菌消毒作用が妨げられたり[12]扁桃免疫機能が低下したり[13]する。口呼吸により唾液の歯垢浄化作用が低下し、歯周病、特に歯肉炎を悪化させることもある[4]

アデノイド患者では口呼吸が行われることによりアデノイド顔貌が生じる[14]

口呼吸が不正咬合を引き起こすという説もあるが確定してはいない[5]

出典[編集]

  1. ^ a b 伊藤公一 さまざまな障害を起こす口呼吸
  2. ^ 口呼吸(こうこきゅう)と歯並び | 星が丘の矯正歯科の治療に関するQ&A | 星ヶ丘DC矯正歯科
  3. ^ 山西哲郎 呼吸法の実験的研究(1) 群馬大学教育学部紀要 芸術・技術編. 13, 29-37 (1977)
  4. ^ a b c d e 西川 聖二 , 永田俊彦 , 住谷 光治 , 木戸 淳一 , 石田 浩 口呼吸が関連した歯肉炎の長期観察症例 日本歯周病学会会誌 37(1), 175-184, 1995-03-28
  5. ^ a b c d e 小久江 由佳子, 猪狩 和子, 小松 偉二, 真柳 秀昭小児の口呼吸に関する実態調査 保育園年長児の保護者に対するアンケート調査 小児歯科学雑誌/41 巻 (2003) 1 号
  6. ^ 鈴木 立雄 (1)イヌおよびネコという動物 ペット栄養学会誌2 巻 (1999) 1 号 16-24
  7. ^ The Concise New Partridge Dictionary of Slang and Unconventional English p.531
  8. ^ a b 宮薗 久信 / 橋本 恵司 / 飯野 靖子 / 伊藤 啓介 / 中島昭彦 口呼吸患者における顎顔面形態 : 遺伝および環境要因の分析 日本矯正歯科学会雑誌 58(5), 325-334, 1999
  9. ^ 飯田順一郎 , 金子 知生 , 山本 隆昭 , 佐藤 嘉晃 口唇閉鎖不全の患者に対する対処法について 北海道歯学雑誌 36(2), 43-46, 2016-03
  10. ^ Cattoni DM, Fernandes FD, Di Francesco RC, Latorre Mdo R. [Characteristics of the stomatognathic system of mouth breathing children: anthroposcopic approach. - PubMed - NCBI Pro Fono. 2007 Oct-Dec;19(4):347-51.
  11. ^ Taubert M, Davies EMR, Back I. Dry mouth. BMJ : British Medical Journal. 2007;334(7592):534. doi:10.1136/bmj.39036.433542.68.
  12. ^ 保健師からのちょっといいはなし 担当:山口 鼻呼吸と口呼吸 皆野町広報みなの平成29年2月号平成29年2月1日
  13. ^ 角田 正健, 喜多 成价, 久保 伸夫, 角田 博之, 福田 光男, 本田 俊一 口臭への対応と口臭症治療 におい・かおり環境学会誌 44 巻 (2013) 4 号 p. 230-237
  14. ^ 本多 清志 [1] 日本音響学会誌 57 巻 (2001) 4 号 308-313