ビッグママ・ハウス2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ビッグママ・ハウス2
Big Momma's House 2
監督 ジョン・ホワイトセル
脚本 ドン・ライマー
製作 マイケル・グリーン
デヴィッド・T・フレンドリー
製作総指揮 マーティン・ローレンス
ジェフ・クワティネッツ
アーノン・ミルチャン
出演者 マーティン・ローレンス
音楽 ジョージ・S・クリントン
撮影 マーク・アーウィン
編集 プリシラ・ネッド=フレンドリー
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年1月27日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $138,259,062[1]
前作 ビッグママ・ハウス
次作 ビッグママ・ハウス3
テンプレートを表示

ビッグママ・ハウス2』(原題: Big Momma's House 2)は、2006年アメリカ合衆国アクションコメディ映画2000年の映画ビッグママ・ハウス』の続編である。日本ではビデオスルーとして、2006年8月4日にDVDが、2011年3月18日にBlu-ray Discがそれぞれ発売された。

ストーリー[編集]

FBI捜査官のマルコム・ターナーは、仲間の捜査官を殺した容疑者とされるフラーの家に家政婦ビッグ・ママとして潜入するが、その家の3人の子供たちに翻弄されることになった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
マルコム・ターナー/ビッグママ マーティン・ローレンス 江原正士
シェリー・ピアース ニア・ロング 日野由利加
リア・フラー エミリー・プロクター 安藤麻吹
トム・フラー マーク・モーゼス 横島亘
モリー・フラー カット・デニングス 木下紗華
キャリー・フラー クロエ・モレッツ 小林優子
ケビン・ケニーリー ザッカリー・リーヴァイ 宮本充
リリアナ・モラレス マリソル・ニコルズ 樋口あかり
トレント・ピアース ジャッシャ・ワシントン
カメオ出演
青山桐子
クロフォード ダン・ラウリア 浦山迅
スチュアート ジョシュ・フリッター 青山桐子
コンスタンス サラ・ブラウン 吉田陽子
ミセス・ギャラガー ローダ・グリフィス 火野カチコ
オーシマ ケヴィン・デュランド 奥田啓人
カサール キャメロン・ダッド 彩乃木崇之
ビショップ クリストファー・ジョーンズ 櫛田泰道
FBIエージェント ラムジー・ルーク 風間秀郎
校長先生 アンディ・スタール 吉田浩二
ブライアン マーク・ジョイ 武虎
秘書 メヘラ・ブラム 斉藤梨絵
ボニーコーチ ウェンディ・ブローン 久行敬子
リサコーチ アン・マホニー 森夏姫
ボブ ウィリアム・ラグズデール 佐藤美一
  • 日本語版制作スタッフ
    • 演出:高橋剛、翻訳:瀬谷玲子、制作:ビデオテック

受賞・ノミネート[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Big Momma's House 2” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]