カットスロート・アイランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カットスロート・アイランド
Cutthroat Island
監督 レニー・ハーリン
脚本 ロバート・キング
マーク・ノーマン
原案 マイケル・フロスト・ベックナー
ジェームズ・ゴーマン
ブルース・A・エヴァンス
レイノルド・ギデオン
製作 ローレンス・マーク
ジェームズ・ゴーマン
ジョエル・B・マイケルズ
レニー・ハーリン
製作総指揮 マリオ・カサール
音楽 ジョン・デブニー
撮影 ピーター・レヴィ
編集 フランク・J・ユリオステ
ラルフ・E・ウィンタース
製作会社 カロルコ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年12月12日
日本の旗 1996年2月26日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $98,000,000[1]
興行収入 $10,017,322[1]
テンプレートを表示

カットスロート・アイランド』(原題:Cutthroat Island)は、1995年アメリカ映画

ストーリー[編集]

女海賊モーガン・アダムズはかつて叔父であるドーグがモーニング・スター号の船長だった父ハリーを裏切り、宝の地図を渡すように要求している現場に駆け付けた。要求を拒否したハリーはドーグによって瀕死の重傷を負わされる。死ぬ寸前、ハリーはモーガンに自分の頭の皮を剥ぐように言う。そこには宝の地図の一部が描かれていたのだった。 モーガンはハリーの後を継いでモーニング・スター号の船長になり、父の仇であるドーグを倒し、地図に書かれた宝を手に入れようとする。ラテン語で書かれた文字を解読するためにウィリアム・ショーという男を奴隷取り引き場で購入。地図は3分の1なので、残りの2枚の内の1枚を持つモデカイ叔父を訪問。 だが宝を狙っていたのはモーガンだけではなかった。3枚の地図の内の1枚を持つドーグ、そしてエインズリー知事も宝を狙っていた。途中、手下スカリーの裏切りに会いながらも、ショーらの協力でモーガンはドーグやエインズリー知事と闘いを繰り広げながら、宝の眠る島=カットスロート・アイランドを目指す。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 フジテレビ
モーガン・アダムズ ジーナ・デイヴィス 塩田朋子 一城みゆ希
ウィリアム・ショー マシュー・モディーン 関俊彦 宮本充
ドーグ フランク・ランジェラ 小林清志 内海賢二
ジョン・リード モーリー・チェイキン 神山卓三 富田耕生
エインズリー パトリック・マラハイド 中村正 江原正士
グラスプール スタン・ショウ 大友龍三郎 安井邦彦
ボーエン クリス・マスターソン 遠近孝一 私市淳
ブレア レックス・リン 玄田哲章
スカリー ジミー・F・スキャッグス 若本規夫
ブラックハリー ハリス・ユーリン
トロッター アンガス・ライト 古澤徹 秋元羊介
演出:岡本知、翻訳:松崎広幸、調整:飯村靖雄、制作:グロービジョン、担当:山形淳二、保原賢一郎(フジテレビ)

スタッフ[編集]

評価[編集]

製作費・宣伝費合わせて1億ドル以上がかけられたが、その1割強ほどしか回収できず、ギネス・ワールド・レコーズに「最も興行赤字が大きい映画」として記載された[要出典][2]

賞歴[編集]

第16回ゴールデンラズベリー賞
  • ノミネート:最低監督賞 - レニー・ハーリン

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]