ザ・ヘラクレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ヘラクレス
The Legend of Hercules
監督 レニー・ハーリン
脚本 ショーン・フッド英語版
ダニエル・ジアト
製作 ダニー・ラーナー
レス・ウェルドン
ボアズ・デヴィッドソン
レニー・ハーリン
製作総指揮 アヴィ・ラーナー
トレヴァー・ショート
ジョン・トンプソン
出演者 ケラン・ラッツ
ガイア・ワイス英語版
スコット・アドキンス
ロクサンヌ・マッキー英語版
リアム・ギャリガン英語版
リアム・マッキンタイア
ジョナサン・シェック
ラデ・シェルベッジア
音楽 トゥオマス・カンテリネン英語版
撮影 サム・マッカーディ
編集 ヴァンサン・タベロン
製作会社 ミレニアム・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント
日本の旗 日活/アークエンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年1月10日
日本の旗 2014年9月6日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $70,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $61,279,452[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $18,848,538[1]
テンプレートを表示

ザ・ヘラクレス』(原題: The Legend of Hercules)は、2014年アメリカ合衆国で制作されたアクションファンタジー映画

ギリシア神話の英雄ヘラクレスを主人公にした映画作品。主演はケラン・ラッツ、監督はレニー・ハーリンが務めた。

ストーリー[編集]

古代ギリシアの時代、ティリンスの暴君アンピトリュオンは次々に他国を侵略し、自らの王国を恐怖によって支配していた。そんな王のやり方に恐れを抱いた王妃のアルクメネは、ある夜、ついに神に助けを乞うのだった。すると、そこに女神ヘラが現れ、アルクメネと神々の王ゼウスとの間に生まれた子供こそが、この世界を救う救世主となることを告げる。しばらくして、本当にゼウスとの子を出産したアルクメネは、その子にアルケイデスという名をつけるが、「ヘラへの贈り物」という意味の「ヘラクレス」という名こそが、その子の本当の名前なのであった。

やがてアルケイデスはたくましい青年へと成長し、クレタ島の姫君ヘベと恋に落ちる。しかし、アルケイデスを激しく嫌悪しているアンピトリュオンは、自らの息子イピクレスとヘベとの政略結婚を決め、二人の仲を引き裂くのであった。アルケイデスはヘベと駆け落ちを試みるが失敗、彼は決して生きては戻れない言われる戦地エジプトへと送られることになってしまう。

エジプトへの出発前夜、アルクメネはアルケイデスに出生の秘密と、彼の本当の名がヘラクレスであることを伝える。アルケイデスはヘベに対し、イピクレスとの結婚式までの3ヶ月の間に必ず生きて帰ってくると約束する。こうして過酷な旅へと出発したアルケイデスは、親友のソティリスと共に幾多の戦場を駆け抜け、ついにギリシアに帰還する。

ギリシアに帰って来たアルケイデスは、そこで残酷な報せを耳にする。なんと彼の母親であるアルクメネが、アンピトリュオンに殺害されたというのだ。母の仇を討つため、最愛の女性を連れ戻すため、アルケイデスは神の子ヘラクレスとして立ち上がる決意をする。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ヘラクレス/アルケイデス ケラン・ラッツ 小松史法
ヘベ姫 ガイア・ワイス英語版 甲斐田裕子
アンピトリュオン王 スコット・アドキンス 手塚秀彰
アルクメネ王妃 ロクサンヌ・マッキー英語版 松谷彼哉
イピクレス リアム・ギャリガン英語版 野沢聡
ソティリス リアム・マッキンタイア 星野貴紀
ケイロン ラデ・シェルベッジア 魚建
タラク ジョナサン・シェック 玉木雅士
アガメムノン ルーク・ニューベリー
カキア マライア・ゲイル英語版 竹内絢子
女神ヘラ 志摩淳
タラス王 ニコライ・ソティロフ マンモス西尾

参考文献[編集]

  1. ^ a b c The Legend of Hercules” (英語). Box Office Mojo. 2014年11月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]