チャールズ・ネスビット・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・ウィルソン
チャールズ・ウィルソンとムジャーヒディーン
テキサスにある墓

チャールズ・ネスビット・ウィルソン(Charles Nesbitt Wilson、1933年6月1日 - 2010年2月10日)は、アメリカ合衆国政治家。通称チャーリー・ウィルソン(Charlie Wilson)。元・アメリカ海軍士官であり、テキサス州選出の民主党所属の元・下院議員である。

2003年に彼の伝記ジャーナリストのジョージ・クライルによって発表され、それを元にした映画『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』が2007年に公開されている。

人物[編集]

パーティー好きで陽気な人柄で知られ、地元新聞からは「グッドタイム・チャーリー」のあだ名を付けられ、プレーボーイ的なイメージの一方で、冷戦時代の英雄のひとりでもあった[1]

ウィルソンは米CIA史上最大の極秘作戦(covert operation)を敢行した立志伝中の人物として知られる。旧ソ連のアフガニスタン侵攻を食い止めるため、ウィルソンは下院の国防歳出委員会メンバーとして動き、メンバーを味方につけて当時アフガニスタンを侵攻していた旧ソ連軍に対するCIAのアフガン支援の秘密予算の大幅増額を図る。当初500万ドルだった支援額は7年のうちに10億ドルという空前の規模に達し、最終的に数十億ドルという多額の資金を調達した。これによる武器を供給などの支援によりアフガンのイスラム武装勢力ムジャーヒディーンは、最新の武器を手に入れ劣勢を跳ね返し、ソ連軍は撤退を余儀なくさせた[2][3]

ウィルソンはこの功績から、旧ソのアフガン撤退を決定づけた影の功労者として、CIAはそれまでCIA要員にしか贈ったことのなかった功労賞を、文民として初めて秘密裏に表彰。この話を映画化したのが2007年に公開された映画『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』である[3]

しかしながら、アフガニスタンのイスラム武装勢力に行った軍事支援は、旧ソ連軍のアフガニスタン撤退以後、米国につきまとう災いの種となってしまった。ウィルソンが支持し、CIAから何百万ドル単位の支援を受けたアフガニスタンの軍閥たちは現在、国際テロ組織アルカイダなどとのつながりをもつ危険なイスラム原理主義者とみなされており、その中にはグルブッディーン・ヘクマティヤール元首相や、アフガニスタンの旧支配勢力タリバンジャラルディン・ハッカニen)司令官など含まれている。

しかしウィルソンはアメリカ同時多発テロ事件以後も、「われわれは悪の帝国(旧ソ連)と戦っていたのだ。(支援しないとすれば)それは第2次世界大戦中にヒトラーと戦うソビエト軍に供給支援を行わないのと同様だ。当時、タリバンなんていう名前を知っていた人間なんていただろうか?」と述べ、イスラム武装勢力たちの軍事強化に荷担したことを悔いることはなかった[4]

2010年2月10日、テキサス州の病院で心不全のため亡くなった[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]