機装ルーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
機装ルーガ
ジャンル 戦略シミュレーションゲーム
対応機種 PCエンジンSUPER CD-ROM²
開発元 工画堂スタジオ
発売元 工画堂スタジオ
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 [PCE]:1993年12月3日
[EGG]:2014年2月18日
その他 ASIN B0000ZPONI
テンプレートを表示

機装ルーガ』は、1993年12月3日工画堂スタジオから発売されたPCエンジン専用ソフトである。ジャンルは戦略シミュレーションゲーム。1995年5月26日には前作から4年後にあたる続編「機装ルーガII The Ends of Shangrila」が発売された。

概要[編集]

シュヴァルツシルトシリーズの流れを汲むシミュレーションRPG。 2014年2月18日からプロジェクトEGG向けタイトルとして配信されている。

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

ヴァイス
三木眞一郎
本作の主人公。ディストリア王国のクメス族のガーディアン。がさつではあるが、正義感が強く、心優しい面も持つ青年。彼がエレナをハイエルン帝国の兵士から助けたことが物語の始まりである。物語中はっきりした恋愛描写はないものの、エレナとは深い絆で結ばれている。1作目の戦いの後、各地の遺跡を封印するため旅立つエレナを追いかけて、共に旅に出た。2作目ではグロスベイル帝国が古代文明の技術を使った侵略行為を知り、再び戦いに身を投じる。皇帝グロスベイルとの戦いで一度は敗れるが、ヴァスツールの科学者が遺した戦神ルーガの名を持つ機装鎧をまとい、再度戦いを挑み、激闘の末皇帝グロスベイルを倒して戦いを終わらせた。戦いの後、行方不明になったエレナを探して旅立った(仲間を一人も死なせていない場合のみ、エンディングのスタッフロールの後でエレナと再会するシーンが見られる)。
エレナ
井上喜久子
本作のヒロイン。ハイエルン帝国の兵士たちに襲われているところをヴァイスに助けられた少女。温和でおっとりした性格だが芯の強さを持つ。正体は古代文明ヴァスツールが作り出した人工生命体。共に作られたリンナと共に環境制御装置リストア―システムの管理を任されていた。1作目のエンディングで各地の遺跡を封印するため、ヴァイスと旅に出る(最初はエレナ一人で旅立ったが、ガイムたちに後押しされたヴァイスが追いかけてきた)。2作目では古代文明の技術を悪用するグロスベイル帝国との戦いにヴァイスと共に参戦。治癒魔法などで援護する。中盤でヴァイスが皇帝グロスベイルに敗れたときにリストア―システム制御の為に捕らえられる。最終ステージでヴァイスたちに助けられるが、城の爆発によって地上がヴァスツールの二の舞にならないように、ヴァイスたちを脱出させた後一人残って、爆発の影響を最小限に食い止めた。その後の生死は不明だが、仲間を誰も死なせていない場合のみ、スタッフロールの後でヴァイスと再会するシーンが見られる。
ガイム
大塚明夫
クメス族のガーディアンの青年。
ロンディーア
木藤聡子
クメス族のガーディアンの女性。ガイムの姉。
タルコフ
北村弘一
ローディス
森川智之
ファーレイ
椎名へきる
ベドウィンの少女。2作目では裏技を使うことでプレイヤーキャラとして使うことができる。
リンナ
高山みなみ
リストア―システム制御のために、古代文明ヴァスツールによって作り出された人工生命体。エレナにとっては唯一の姉妹のような少女。かつて魔導科学を悪用する人間たちに絶望してリストア―システムを暴走させて、ヴァスツールを滅ぼした原因を作った。その後眠りについていたが、ハイエルン帝国によって発掘され、現代によみがえる。だが魔導科学を悪用するハイエルン帝国を見て再び人間に絶望し、「人間にとって魔導科学は過ぎたるもの」と判断して、あえて魔導科学の技術をハイエルン帝国に提供して利用することで、機獣神による世界滅亡を企む。機獣神復活時の建物崩壊で重傷を負うが、ヴァイスに救われて彼の優しさに触れたことで、人間に対する考えを改めてヴァイスに協力する。機獣神が倒されて戦いを終わったことを知って安堵して、エレナに自分の分まで生きるように言い残して亡くなった。その遺体は埋葬されていたが、リストアーシステム復活を企むグロスベイル帝国によって掘り起こされていたことが、2作目の最終ステージで明かされる。
ランドルフ
梁田清之
ハイエルン皇帝
糸博
ロイヤルガード
鈴木琢磨

機装ルーガII The Ends of Shangrila[編集]

機装ルーガII The Ends of Shangrila
ジャンル 戦略シミュレーションゲーム
対応機種 PCエンジンSUPER CD-ROM²
開発元 工画堂スタジオ
発売元 NECホームエレクトロニクス
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 1995年5月26日
その他 ASIN B0000ZPLTA
テンプレートを表示

1995年5月26日NECホームエレクトロニクスから続編が発売された。2017年10月17日からプロジェクトEGG向けタイトルとして配信されている。

外部リンク[編集]