SUPER CD-ROM2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SUPER CD-ROM²から転送)
移動先: 案内検索
SUPER CD-ROM2
Super CD-ROM2 with CoreGrafx II (3-4 right view).jpg
SUPER CD-ROM2本体
PCエンジンコアグラフィックスIIと合体した状態)
メーカー NECホームエレクトロニクス
種別 据置型ゲーム機
世代 第4世代
発売日 日本の旗 1991年12月13日
フランスの旗 1991年
対応メディア CD-ROM
CD-DA
対応ストレージ バッテリーバックアップ
外部接続 電源出力端子
互換ハードウェア PCエンジンDuo
前世代ハードウェア CD-ROM2
テンプレートを表示

SUPER CD-ROM2(スーパーシーディーロムロム)とは、1991年12月13日日本電気ホームエレクトロニクス(NECホームエレクトロニクス)より発売されたPCエンジン用の周辺機器、及び同等の機能を持つシステム、それを用いたゲームソフトプラットフォームの呼称。当時のメーカー希望小売価格は47,800円。

概要[編集]

PCエンジンの周辺機器であるCD-ROM2システムのSRAMを4倍に強化した上位規格のシステム。CD-ROM2用ソフトとSUPER CD-ROM2用ソフト両方を起動する事が出来る。 この規格に対応したシステムの組み合わせは主に以下の3通りの方法が提供された。

  • 旧CD-ROM2システムにスーパーシステムカードを追加する(旧機種ユーザー向けの方法)
  • PCエンジン本体にSUPER CD-ROM2本体を接続する(PCエンジン所有者向けの方法)
  • 一体型機種であるPCエンジンDuoシリーズを使う(新規ユーザー向けの方法)

この他、後年になってから発売されたOEMであるレーザーアクティブPCエンジンパックもSUPER CD-ROM2に対応している。

SRAM容量増加によって、旧CD-ROM2の欠点だった読み込みの多さをある程度解消することができた。また、CD-ROM2からSUPER CD-ROM2へのプラットフォーム移行過渡期には、SUPER CD-ROM2で起動したほうが動作が快適になるなど両者での動作に変化が発生する両対応ソフトがいくつか発売されている。

同時期にセガからメガドライブ用周辺機器としてSUPER CD-ROM2を大きく上回る性能のメガCDが発売され、初めてのCD-ROM機種の競合となるが、既にPCエンジンソフトの主流になっていたCD-ROM2システムからSUPER CD-ROM2環境へのアップグレードが容易だった事や、新規ユーザ向けにSUPER CD-ROM2用ソフトが遊べるPCエンジンDuoが発売された事で普及が進み、ソフト供給も安定していたため同世代のCD-ROMプラットフォームとしてはPCエンジンが活発であった。PCエンジンの市場はSUPER CD-ROM2中心に移行し多数のタイトルが発売された。

スーパーグラフィックスに直接接続したSUPER CD-ROM2

プラットフォームとしてのSUPER CD-ROM2普及の一方で、周辺機器としてのSUPER CD-ROM2本体は、同規格に対応するハードの中で発売が遅く、先行して発売された他のSUPER CD-ROM2対応システムが需要の殆どをまかなったことから、この機器自体はセールス的には不振に終わった。本体の色調はコアグラフィックスIIに合わせたもの。ユニット全体が拡張バスの後方に配置されるデザインにしたことでPCエンジンスーパーグラフィックスにもアダプタなしで直接接続可能となったが、PCエンジンLTとの接続にはSUPER ROM2 ADAPTER(PI-AD18)が必要となった。

CD-ROM2システムからの変更点は、システムカードとインターフェースユニットの内蔵、SRAM容量増加(2Mbit)。旧CD-ROM2システムで各々独立していたパーツをコンパクトに一体化させたことで、上位機種ながら定価は大きく下がった。

上記の通りシステムカード機能が内蔵されているため、CD-ROMソフトを使う場合は(下記アーケードカードなどの使用時を除き)PCエンジン本体のHuカードスロットには何も挿さないでスイッチを入れる。これはPCエンジンDuoでも同じ仕様になっている。

バージョンアップ[編集]

SUPER CD-ROM2にアーケードカードDuoを組み合わせる等の方法で16MbitのDRAMを追加したアーケードカード対応システムにバージョンアップできる。対応するシステムの組み合わせについては当該記事参照。
  • バージョンダウン
SUPER CD-ROM2対応機種に旧CD-ROM2付属のシステムカード(別売りも存在)を差し込むと旧CD-ROM2規格として起動できる。一見無意味だが、SUPER CD-ROM2用ソフトの多くは旧CD-ROM2で起動した際の警告画面が様々な趣向を凝らした一種のおまけ的要素となっており、中には隠しゲームが遊べるものや、あくまぢょお どらきゅらペケ(『悪魔城ドラキュラX 血の輪廻』の警告メッセージを兼ねたコース)のような凝った仕掛けもあったため、多少の需要があった。また、初期ロッドの『獣王記』はバージョン2.0以上のシステムカードでは不具合が発生するため、SUPER CD-ROM2やPCエンジンDuoではバージョン1.0のシステムカードを挿入したほうが安全にプレイできた。

仕様[編集]

CD-ROMドライブ 等速 (150KB/秒)
通信プロトコル SCSI-1
SRAM 2Mbit(256KB)
ADPCM用DRAM 64KB
ADPCMデータフォーマット 1ch 1Bit(符号)+3Bit(最適化済変位量 沖電気独自形式)
バックアップ用SRAM 2KB

周辺機器[編集]

アーケードカードDUO

NECホームエレクトロニクス純正[編集]

型番 名称 発売日 備考
PAD-125 ACアダプタ 1991年
12月13日
SUPER CD-ROM2用のACアダプタ。
PI-AD18 SUPER ROM2アダプター 1992年
3月
PCエンジンLTをSUPER CD-ROM2と接続する際に必須になるアダプタ。
特に意味は無いもののRAU-30と同時に使用することも出来る[1]
PCE-AC1 アーケードカードDUO 1994年
3月12日
PCエンジンDuo系の機種やSUPER CD-ROM2用のアーケードカード。

他社発売[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]