シークレット・アイズ〜華麗なる作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シークレット・アイズ〜華麗なる作戦(原題Fortune Hunter)は、1994年にフォックスネットワークで放送された、マーク・フランケル主演のスパイドラマである。日本では1995年にWOWOWで放送された[1]

概要[編集]

カールトン・ダイヤルの活躍を描いた、スピード感あふれる冒険アクションドラマである。ダイヤルは、サンフランシスコにある、世界規模の回収機構インターセプト・コーポレーションのトップ諜報員であり、パートナーのハリー・フラックと共に、回収業務のために、とてつもなく複雑な計画をこなしていく。かつて政府の諜報部員だったダイヤルは、リスクの大きな任務を何度も経験し、未知の土地であれ、かなり危険な任務であれ、何でもござれである。世界中から要請がある、しかし入手するのがきわめて難しいもの-闇の組織の手に落ちた機密書類、武器情報、時には絶滅危惧種の動植物-を、莫大な報酬と引き換えに回収して行く。

ダイヤルは魅力的な青年であり、雰囲気や服装はジェームズ・ボンドと共通するものがある。即座にウイットをひねり出すことができ、これが命拾いになることもある。彼の武器は、一瞬のチャンスを逃さないこと、そして、先端技術の粋を集めたガジェットである。 非常なリスクを伴う任務には、自らの功績のために、一瞬のタイミングとガジェットと、そして言うまでもないことだが、相棒のハリーと共に恐ろしいまでの真剣さで臨む。このガジェットとは、カメラ装着のコンタクトレンズレシーバーで、これをダイヤルが装着することにより、ハリーは、ダイヤルの行動を監視でき、会話もでき、即座に指示を出すこともできる。このやり方は『プローブ捜査指令』の捜査方法の進化版とも言える[1]

ハリーが、コンピュータを通して、任務をダイヤルと分担することもある。 このコンビの面白さは、それぞれが、自分こそが主導権を握っていると思っている点で、ダイヤルは自分を「完璧なる回収任務の業績」を持つ、常に危険にさらされる諜報部員と考え、一方ハリーは、自らをテクノロジーの魔術師であり「頭脳的存在」だと考えている。

アメリカカナダでは、1994年9月4日から10月2日までの、計5回分しか放送されなかった。番組編成上の問題から、フォックスエンタテインメント社長のサンディ・グルーショウが、チェアマンルパート・マードックに解任されたためと言われる。

キャスト[編集]

[1]

サブタイトル[編集]

  • 秘密諜報員カールトン    
  • 探査潜水艇を探せ!
  • 新型ミサイルを追え!
  • ダイヤモンドを奪回せよ!
  • 神経ガスを阻止せよ!
  • 核兵器疑惑を暴け!
  • フットボールチームを救え!
  • 考古学者の無実をはらせ!
  • 暗号解読機を取り戻せ!
  • 消えた死体を追え!
  • 休暇をとったハリー
  • 海賊ギャング団を壊滅せよ!
  • 宿敵テロリストを倒せ!

[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「番組ガイド:シークレット・アイズ 華麗なる冒険」海外ドラマ番組ガイド☆テレプレイ