流血の絆/野望篇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
流血の絆/野望篇
Le Grand Pardon
監督 アレクサンドル・アルカディフランス語版
脚本 アレクサンドル・アルカディ
ダニエル・サンタモン
製作 アリエル・ゼトゥン
製作総指揮 ロベール・バンミュッサ
出演者 ロジェ・アナン
リシャール・ベリ
ジェラール・ダルモン
ジャン=ルイ・トランティニャン
音楽 セルジュ・フランクリン
撮影 ベルナール・ジツェルマン
編集 ジョエル・ヴァン・エフェンテール
配給 フランスの旗 ゴーモン
公開 フランスの旗 1982年1月27日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 130分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
次作 流血の絆
テンプレートを表示

流血の絆/野望篇』(りゅうけつのきずな/やぼうへん、Le Grand Pardon)は、1982年フランスクライム映画ロジェ・アナンリシャール・ベリジェラール・ダルモンジャン=ルイ・トランティニャン出演。日本では劇場未公開だったが、次回作『流血の絆』の公開後その前日譚としてVHSが発売された。

ストーリー[編集]

生まれたばかりの孫の割礼式が終わり、パーティを開いていたマフィアのボス、レイモン・ベトゥーンは、パーティに来ていた医者のキャロルと知り合う。そんなときレイモンの昔なじみのラビが帰るといい、彼を説得するレイモンだったが、来たくて来たのではないと言い放ち帰ってしまう。フレディ・アンブロジが歌っているとき、警察がパーティを監視していることに気づいたレイモンと息子のモーリスたちは、普通のパーティを装うよう部下たちに命令する。レイモンは見張っていた警視に会いに行き、監視している目的を聞くと、警視は犯罪者たちがベトゥーン家に来ていることが理由だと答える。モーリスのいとこのローランドは、レイモンの部下であるペペ・アトランの娘、ヴィヴィアンヌと口げんかになるが、アレキサンダーと遊び緊張がほぐれる。そのとき、レイモンの知り合いのマニュエル・カレラスが家を訪ね、レイモンが彼のカジノを狙っていることについて脅してきた。しかしレイモンは逆に、カレラスが警察に売ったサクリスタンを脱走させたと彼に伝え、カレラスに引退を迫る。

翌日レイモンの前にサクリスタンが現れ、自分を助けた目的を尋ねられるが、レイモンは自由を楽しむようにとだけ答える。するとサクリスタンが、彼を侮辱する言葉を吐いたため、レイモンはサクリスタンに暴行を加えて、再度自由を楽しむように話す。その足でパスカルのビール工場を訪れたレイモンは、彼に自分と組むよう説得するが断られ、パスカルを恫喝し考え直すよう伝えて、ペペの店に向かう。そして会費を払っていない人物の店に行き、脅して金を払わせた後、再度パスカルを説得するが前と同じく拒まれる。一方のモーリスは、ローランドとけんかになりそうだったが、気を静めて彼を追い払う。

後日カレラスが殺害され、容疑者としてサクリスタンがあがった。その捜査で警視は、彼と関係が疑われるパスカルの工場を家宅捜索する。警視はまた、ベトゥーンと組むことが噂されているパスカルに、レイモンは情け容赦ないと忠告する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
レイモン・ベトゥーン ロジェ・アナン 阪脩
モーリス・ベトゥーン リシャール・ベリ 江原正士
ローランド・ベトゥーン ジェラール・ダルモン 菅原正志
パスカル ベルナール・ジロドー 小野健一
警視 ジャン=ルイ・トランティニャン 立木文彦
ヴィヴィアンヌ・アトラン クリオ・ゴールドスミス
キャロル アニー・デュプレー
ジャッキー ジャン=ピエール・バクリ
フレディ・アンブロジ アルマン・メストラルフランス語版 長島雄一
サクリスタン リシャール・ボーランジェ 藤原啓治
アルバート ジャン・ベンギーギ 広瀬正志
ペペ・アトラン ルシアン・ラヤーニ 鈴木勝美
サミー ジャン=クロード・ド・グロス 梅津秀行
アレキサンダー アレクサンドル・アジャ
マニュエル・カレラス ロベール・オッセン
ボーリ マレク・カテブ 城山堅

スタッフ[編集]

  • 監督:アレクサンドル・アルカディフランス語版
  • 脚本:アレクサンドル・アルカディ、ダニエル・サンタモン
  • 製作:アリエル・ゼトゥン
  • 製作総指揮:ロベール・バンミュッサ
  • 撮影監督:ベルナール・ジツェルマン
  • プロダクションデザイナー:ジャック・ビュフノワール
  • 編集:ジョエル・ヴァン・エフェンテール
  • 衣裳デザイン:クリスチャン・ガスク
  • 音楽:セルジュ・フランクリン

外部リンク[編集]