マイト・ガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マイト・ガイは、岸本斉史作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『NARUTO -ナルト-』に登場する架空の人物。アニメでの声優江原正士、少年時代は牧口真幸[1]

概要[編集]

木ノ葉隠れの里の忍であり、うずまきナルト世代の一期上となるロック・リー日向ネジテンテン属するガイ班(第三班)を率いる担当上忍。同里のはたけカカシとは同期で、彼を自身にとっての“永遠のライバル”として強く意識し、その関係を喧伝している。ゲジマユならぬ「ゲキマユ」と呼ばれる太い眉毛[2]に艶やかな黒髪のおかっぱ頭を靡かせ、忍服として自家製の緑色のボディスーツを纏い、両脚には脚絆を装着するその独特ともいえる容姿は、他の忍には概ね不評ながらも、本人にとっては機能性を追及した究極の一着であると自認(宣伝)し愛用して憚らない[3]。眉毛に関しては、八門をすべて開くと炎のような形に変わっていた。木ノ葉の額当ては頭部ではなく腰に巻き付けている。

「熱血」を体現する性格の持ち主で、「青春」を主張し戦闘スタイルや生き様そのものに色濃く影響を与えており、その熱血ぶりはマイト・ガイという忍を象徴する要素そのものとなっている。「木ノ葉の気高き碧い猛獣」を自称し、敵と相まみえる際には挨拶代わりにその口上を述べている。情に厚く涙もろい、血気盛んで無茶を厭わない性格ゆえ、その場のノリで事を運ぶ事も往々にしてあるが、上忍の名に恥じない冷静な状況判断や対応力を併せ持ち、「木ノ葉崩し」にて大蛇丸の部下・音の四人衆が生み出した結界の存在を即座に察知し、里に侵入した暁のうちはイタチ干柿鬼鮫が、カカシ・猿飛アスマ夕日紅を窮地に陥れた時には瞬時に参上し圧倒的な俊速と剛力で鬼鮫に一撃を見舞い、三人が手を焼いていたイタチの写輪眼にも自己流の対抗策を講じ劣勢にあった戦局を立て直してみせた。忍としての実力とは裏腹に、普段の性格が生み出す独特のペースには、テンテンをはじめとする周りの者はサジを投げる有様で、彼女からはよくツッコミを入れられている。また、本人曰く人の顔を覚える事が苦手とのことで、一戦交えた相手に対しての記憶力が薄く、三度顔を合わせた鬼鮫の顔と名前を最後まで思い出せないという反応をみせている。正体が割れる前のうちはオビトには、少年時代の中忍試験における因縁もあって、素性を問うガイに対し「顔を覚えないお前にそれを教える意味があるのか?」と皮肉られていた。また、船酔いし易い体質であり、ナルトの護衛任務における洋上生活の大半は床に伏していた。

エリート忍者として名を轟かせる同期の仲間であるカカシのことを常に意識し、時間を見付けてはライバル勝負を挑んでいる。対戦成績は本人曰く「俺が勝ち越している」との事だが、ペインによる木の葉襲撃直後の里縦断競争を終えた時点で50勝50敗のイーブン、その後の回転寿司大食い勝負でカカシが勝ったことで50勝51敗のカカシ勝ち越しとなっているらしい[4]。闘志溢れるガイとは対照的にカカシがやる気を見せない上、じゃんけんや大食いなど忍者としての技量に関係ない適当な物も含む為、真剣勝負とは言い難いが、カカシに比肩し得る実力を持っていることは明白であり、サスケからも「スピードならカカシ以上」と言わしめた。実力如何を度外視した評価では、ビジュアル面においてテンテンから「ガイ先生の完敗」と手厳しく評された。また下の方はカカシ曰く「どんぐり」。ガイ自身が風呂でカカシのものを目撃した時に大きなショックを受けている。ただしカカシが写輪眼を得るよりも前の、下忍~中忍時代であるためかなり昔の話であり、ガイ本人によると今は違うとのこと。

忍としてしのぎを削る間柄ではあるが、カカシの病状が思わしくない時には手を貸し、危機が迫る場合には必ず駆け付けたりと、今ではライバル以上の関係を築き上げるまでになり、当初は快く思っていなかったカカシの素気ない態度は歳月を経て穏やかになっていった。

今でこそ高い実力を有する忍であるが、当初は忍術を使う事ができない、忍者はおろかアカデミー忍者学校の入学すらままならない曰く付きの忍であった。実父であるマイト・ダイもまた同様に忍幻術の適性に恵まれない忍であったが、努力を怠らない父の常に前向き且つ情熱的な生き様を見て自信を得るようになり、父譲りの努力によって実力の乏しさを克服する。その点で、同様の境遇を辿るリーに対しては計り知れぬ思いを抱き、彼の人生を導いていくことになる。その意志は、自分自身の忍道も左右する程のものとなり、リーを立派な忍者に育て上げる事を終生の目標と定めるまでに至り、愛弟子の成長に更なる影響を与えているが、その忍道が後に自身の生涯にも大きな影響を及ぼす一因となる。我愛羅との一戦で重傷を負ったリーが、帰郷した綱手に忍生命の有無に留まらない生命の危機を孕んだ宣告を受けた際には「もし手術が失敗したらオレも一緒に死んでやる」という覚悟を示し、手術を決意させ、後悔のない選択をさせている。前述の通り、彼に対する愛情には並々ならぬものがあるが、担当上忍の立場として他の二人にも影響を与え、ガイの教育により班結成時に見られたネジの冷淡な性格は柔和になり、天才に敵う事は無いと常々発していたテンテンはリーの努力を見守るようになった。元々ガイ似であった太い眉毛を除き、服装や髪型、思想まで感化される程にリーはガイに心酔しているが、ネジとテンテンは2人の過剰すぎる程のテンションと情熱ぶりにはさすがについていけないようで、リーほどに影響を受けるまでには至っていない。

修行の一環で提唱している「自分ルール」は、精神面に働きかける至極前向きな修行法として幼少期にダイから伝授された。大抵はカカシとのライバル勝負で取り入れ、敗戦時に課す罰といった勝負事に用いている[5]。自分を敢えて過酷な状況に追い込む事で己を鍛え、負けたとしてもこのルール下では修行で得た力を元手に次は勝利できるという「自信」と「実力」を獲得することができる究極の修行法という位置付けがされている。父から受け継いだこの思想は、弟子であるリーの特徴として、今もなお活用されている。蓮華等の体術技には禁術としての制限以外に幾つかの発動条件が設けているが、その真意には自分ルールの影響が表れている。

プロフィール[編集]

  • 忍者登録番号:010252
  • 忍者学校卒業年齢:7歳
  • 中忍昇格年齢:11歳
  • 誕生日:1月1日
  • 星座:やぎ座
  • 血液型:B型
  • 好きな食べ物:激辛カレーライスカレーうどん
  • 嫌いな食べ物:なし
  • 好きな言葉:とび出せ青春 !!
  • 趣味:反復横跳び、ミット打ち
  • 戦ってみたい相手:はたけカカシ

第一部以前[編集]

第一部以前の半生については、作中の回想等で時折描かれ、疾風伝でのエピソードにおいても触れられることがある。幼少期は忍術の使えない忍として不遇の時を過ごし、アカデミーの入学試験でも補欠合格を待つ憂き目に遭うなど天才と謳われ若くして頭角を現すカカシとは対照的な立場にあった。彼との出会いはアカデミーの入学試験に遡り、初対面の段階でライバル宣言をする。少年期はエビスと不知火ゲンマと班を組み、同期が臨んだ中忍試験ではうちはオビトと対戦し破っているが、カカシとの一戦では敗れている。11歳で中忍へ昇格するが、わずか一年後に上忍となったカカシとの差は更に浮き彫りとなる。今でこそ木ノ葉の忍として双璧を成す域にあるが、当時みられた実力差ではライバルとしての立場も危ういものであったが、そういった意味でも「カカシに挑み続ける」という姿勢は忍生命を送る上で欠かせないものであり、後のマダラとの戦いにおいての決意を掻き立てる事にもなった。

「写輪眼のカカシ」と名を轟かせるカカシと、「守護忍十二士」として名の知れた猿飛アスマといった他国で活躍する同期仲間に比べると、知名度では劣るものの、うちは一族のイタチやカカシの父であるはたけサクモといった里の実力者には一目を置かれ、イタチは特に戦歴の多い鬼鮫に対して事あるごとに「甘く見るな」と警告し、サクモに至っては初対面の段階でその能力を見出し、不遜な態度をとるカカシに対して忠告を与え、後に現実となるライバル関係を予覚していた。疾風伝では暗部に所属していたカカシより一足早く担当上忍に推挙されたエピソードが付け加えられ、受け持つ下忍を自らの信念に従って悉くアカデミーへ送り返すカカシとは対照的に、後にガイ班の隊員となるリー・ネジ・テンテンを一発合格させて迎え入れた。

第一部[編集]

27歳。身長184cm。体重76kg。リーがうちはサスケとの手合せで挑んだ一戦にて、禁じ手である表蓮華を発動しようとした場に参上。口寄せ動物である忍亀を足場に決めポーズで現れ、チームメイトのナルト・春野サクラを含めた全員の度肝を抜かしつつ、リーを叱責しつつも熱い師弟愛を披露して見せた。

第三次試験予選では、部下のネジ・リー・テンテンの試合を見守る。テンテンは砂隠れのテマリに対して忍具攻撃を繰り出すが、風遁を主体とする攻撃に完封され敗れる。ネジは宗家出身の日向ヒナタと因縁の一戦を迎え、完膚なきまでに叩きのめすも、宗家に対する憎悪に駆られて狂乱したネジを止めに入る事態になる。我愛羅と死闘を演じ、結果的には敗れることになったリーの一戦では、殺人衝動に駆られる我愛羅の手からリーを護り、自分の忍道を貫かんと無意識状態で立ち上がった彼の姿を涙ながらに見届けた。その後大蛇丸が画策した「木ノ葉崩し」では、大蛇丸の側近・薬師カブト幻術をカカシと共に解き、里を襲撃した音忍達をその俊速と剛力で殲滅し、上忍としての実力の高さを見せつけた。

暁のイタチと鬼鮫が木ノ葉の里に侵入した際には、最初に対峙した猿飛アスマ夕日紅、救援に入ったカカシの3名までも追い詰められた危機的状況に、突如として鬼鮫に「木ノ葉剛力旋風」を見舞いながら参戦し3名の窮地を救うも、この蹴撃が後々続く鬼鮫との因縁を図らずも生むこととなる。カカシとの戦いにおける写輪眼への対応策を得ていたこともあり、イタチに対して臆することはなく結果的に2人を退却させた。

イタチが里に来ていたことを知り、兄の跡を追うために飛び出したサスケを連れ戻すため短冊街まで追跡するが、イタチと鬼鮫は既に逃走。宿舎内部を鏡の代用として用いた額当てに映った影を敵だと思い込み「ダイナミック・エントリー」を喰らわせようとしたが影の主は自来也で勢い余って真正面から飛び蹴りを入れてしまう。その後は綱手捜索に向かうナルトと自来也と別れるが、修行の旅路に向かうナルトへの餞別として、特製のボディスーツを授ける。自来也には人知れずファッションセンスを酷評されるが知る由もなく、イタチに重傷を負わされ「月読」で意識を喪失したサスケを背負い里へ戻って行った。

第二部[編集]

30⇒31歳。第二部では序盤から早々に登場し、カカシ班(第七班)の救援要請を受け、新生ガイ班として更に成長した三人の教え子を率いて「風影奪還任務」に参加し、任務の過程で過去に一戦を交えた鬼鮫[6]と再会、遺恨を晴らそうと躍起になる鬼鮫を前にガイ本人は名前はおろか顔すら思い出せず仕舞いで悉く敵の感情を煽ってしまい、更には戦闘で鬼鮫の繰り出す圧倒的な水遁の術に劣勢な戦いを強いられ、リーやネジ、テンテンまでが水遁による水牢に捕らわれた挙句、自らも水中深くに沈められて「水遁・五色鮫」で生み出された鮫に囲われたことで苦戦するが、直後に「八門遁甲」の第六景門を開放して水中から脱出し、超高等体術「朝孔雀」を用いて鬼鮫を撃退する。その後、暁アジト前でカカシ班と合流し、入口に施された「五封結界」を解くが、仕掛けられたトラップ「鏡面襲者の術」により出現した自分の偽者と交戦して難戦となりながらも辛くも勝利する。その後はカカシやナルトと対戦していた暁の一人であるデイダラを班の連携で追い詰めるも「自爆分身」の術によって逃亡を許す。奪還任務後は長らく登場機会が無かったが、ペインによる襲撃の折に久方ぶりに登場し、任務を終えた帰還の折に上空を飛び交う無数の鳥の動きから木ノ葉の異変を察知し、班を率いて里へ急行したことで惨状を目にする。

忍連合の結成後はナルトを隔離する世話役の一人として、船酔い体質でありながら洋上での護衛を兼ねた船上任務に就き、ヤマトやアオバと共に雲隠れの孤島(島亀)に向かい、ナルトがキラービーに九尾チャクラの引き出し方を乞う間に『真実の滝』においてもう一人の自分である「闇ガイ」と対峙する。が、そこにはネガティブ思考で青春に対して後ろ向きな自分が映し出され[7]、熱血らしからぬ態度で口走る自分自身に憤慨する(その際に目を開いた為に闇ガイの全貌を見ることはできなかった)。その後、突如として滝から現れた鮫肌と融合状態にある鬼鮫[8]と3度目の遭遇(しかし、ここでもやはり名前を覚えておらず呆然とさせる)を果たし、スパイ活動にて奪取した情報を認めた巻物を持って逃亡する鬼鮫を猛烈な速度で追跡して海上で戦闘に発展、地の利を活かした水遁系の攻撃を受けるが、「朝孔雀」や「昼虎」の二つもの禁術を惜し気も無く炸裂させて圧倒する。その後は鬼鮫の自決時にその行為に感嘆し、初めてその名を呼んだが、回収した巻物を確認した際に発動したトラップの一種である水牢の術に捕らえられ、大技発動後の残り僅かな体力を奪われて撃沈する。その後、開門の後遺症による疲労と筋断裂により倒れ込むが、忍連合軍に合流した際の出撃前にサクラに治療され、間もなく戦列に復帰した。

第四次忍界大戦では第3部隊に配属され、穢土転生で蘇った血継限界の忍や忍刀七人衆達と交戦するが、敵を全滅させた後は尾獣六体と戦闘状態にあるナルトとビーの増援に向かう。ナルトがトビの手に落ちる既の所を「激 木ノ葉金剛力旋風」で阻止し、カカシと共に駆け付ける。その後、戦闘過程において尾獣五体と対し、尾獣玉による攻撃の危機的状況を迎えた際には、八門の開放を匂わせたがカカシに制され、九喇嘛との和解を得て完全体となったナルトの力によって危機を脱する。トビとの戦闘では、卓越したヌンチャク捌きで肉弾戦を演じ、能力を見切ったカカシの発案する連携攻撃の一翼を担う。正体がかつての同期であるうちはオビトだと知った時は、動揺するカカシの意を酌みつつ戦意を喚起する。マダラが戦場に現れて劣勢となり、須佐能乎に対し「昼虎」を放って応戦するも極度の肉体疲労に苛まれ、十尾が復活した後に合流したサクラに再度治療された。その後、ナルトからチャクラを分け与えられ、ネジの死に接し、悲しむリーを諭して十尾との交戦を続ける。

十尾がオビトを経てマダラの手に落ちた後は、中間地点で極度の疲労に襲われながらも六道仙人と化し猖獗を極めるマダラが戦場へ向かう。途中、只ならぬ戦況の気配を察知した直後に上空を通過するマダラが吐出した六道仙人の宝具が直撃するハプニングに見舞われるも、同行するリーとテンテンより一足先に戦場へ赴き、マダラと戦闘状態にあるカカシの急場に駆け付け、求道玉の脅威を遣り過ごして援護を果たすが、強大な力を得たマダラの攻略に手をこまねく一同を頼みの綱である物理攻撃を生み出す体術使いとして事態を察して前線に推参する。その後、第七驚門を開放し、驚異的な体捌きで間合いを詰めて至近距離から「昼虎」を放つが、効果乏しいために逆に技の反動で倒れ込んで危機を迎えたところを土壇場でリーに救い出されたことで事なきを得る。その後は難攻不落のマダラを前に更なる攻撃能力で対抗すべく、八門の全開放を決意する。ミナト達から再考を促されるが決意は固く、再度体内門を開きかつて八門を開いて殉じた父の姿を想起しながら死門を開放し、発動すれば必ず死ぬと云われる「八門遁甲の陣」に到らせ、三度マダラへ立ち向かう。

体術技「夕象」を発動し防戦一方に追いやり、ミナト達との連携も加えて戦況的に圧倒するが、六道の耐久力と柱間の回復力をもつ敵に対してはその効力も不十分に終わる。開門の反動により次第に肉体の限界を目前とする状況を迎え始める。夕象を凌ぐ攻撃手段に打って出ることを決意し、死門を完全開放させて体内に宿る全エネルギーを最終奥義「夜ガイ」に託す。その際、術を発動するガイの姿を見たマダラに「体術において、俺の戦った者でお前の右に出るものは一人としておらん」と言わしめた。疾風伝ではさらに、他の忍を事あるごとに柱間と比較し下に見る彼をして「お前を最強と呼んでやる」とまで言わせた。また、それを見たカカシも昔、父サクモがガイを見て言った「このままいくとあの子はお前より強くなる」という発言を思い出し、納得する。そして乾坤一擲の飛び蹴りを炸裂させ、マダラの半身を抉り取り、致命的なダメージを与える。死の一歩手前まで追い詰めるも討ち果たすまでには及ばず、八門遁甲の陣の代償として灰燼に帰する程に燃え尽きて意識を失う。蹴りを食らわせた右足末端がボロボロに崩れた上に心臓部のチャクラも消えかけたところでマダラの追撃を受けるが、瀕死状態から六道仙術を会得し生還したナルトによって救われ、生命活動を繋ぎ止められた。

第四次忍界大戦終結後は、八門遁甲の影響で歩けなくなり車椅子生活を送っているものの、ハチャメチャ振りは健在で、家の屋根の上に車椅子で乗ったりと巧みに使いこなしている。ナルトとヒナタの結婚式には、リーと共同でダンベルを片方ずつ贈った。

[編集]

元々は忍術と幻術が使えない忍であったが、一定水準レベルにまで能力を磨いてその難点を克服した。描写こそ少ないものの、幻術能力の基準でもある幻術返しを見せたり、時空間忍術の一種である口寄せの術を発動することも可能で、口寄せ動物である忍亀と口寄せ契約を結んでいる。

体術[編集]

最も心血を注いで研鑚を積み体得した唯一無二の能力で、ガイの代名詞とされている。幼少期から体術修行に多くの時間を割き、体術以外の術の不出来を補う為に重点的に鍛え上げていった。ガイの体術は骨折や外傷といった外面的損傷を与える「剛拳」に分類され、肉弾戦を軸にした戦いを主としている。クナイや起爆札などの忍具は用いず、徒手空拳での攻撃が技の根幹を成している。一方でヌンチャクを用いた武術にも長けており、攻防一体となった有力な武具として力を発揮する。体術熟達の至る先が、写輪眼の対抗策という形になって現れ「相手の足元のみを観察して動きを読み、次に繰り出され得る攻撃動作を察知して戦う」という離れ業の体得を実現させている。 潜在能力を引き出し身体能力を極限以上に高める「八門遁甲」を開放する稀有な術者であるが、その能力は一生涯を下忍として過ごした父が唯一会得できた技であり、ガイに伝えられた唯一の技として「自分ルール」と共に授かり、その後は師として弟子であるリーにも受け継がれるものとなった。 歴戦の忍であるマダラに「体術において自分と戦った相手の中で右に出る者は一人としていない」と言わしめ、その実力を称賛された。

使用術一覧[編集]

  • 時空間忍術
    • 瞬身の術
    • 口寄せの術
  • 幻術
    • 幻術返し
  • 体術
    • 木ノ葉烈風
    • 木ノ葉旋風
    • 木ノ葉大旋風
    • 木ノ葉つむじ旋風
    • 木ノ葉剛力旋風
    • ダイナミック・エントリー
    • 木ノ葉壊岩升
    • 小指攻撃
    • 影舞葉
    • 八門遁甲
      • 朝孔雀
      • 昼虎
      • 激 木ノ葉金剛力旋風
    • 八門遁甲の陣
      • 夕象
      • 夜ガイ
  • その他
    • 変わり身の術(疾風伝・第288話)
  • 忍具
  • ゲーム
    • 表蓮華(ナルティメット、激闘忍者対戦各シリーズ)
    • 裏蓮華(ナルティメットシリーズ)
    • マキシマム・エントリー(ナルティメットアクセル)
    • 夜鳳凰(ナルティメットアクセル)
    • 究極乱舞(ナルティメットストーム)
  • アニメオリジナル
    • ダイナミック・アクション(疾風伝・第13話)
    • 木ノ葉・大閃光(疾風伝・第28話)
    • キノコ旋風(疾風伝・第229話)
    • キノコ大旋風(疾風伝・第229話)
    • キノコ剛力旋風(疾風伝・第229話)

映画[編集]

カカシと共に兵馬俑の迎撃部隊に参加。里を出る前にはリーへ秘薬「超コレでボーン」(実際はただのチョコレートボンボン)を渡していた。
少年時代のガイが登場している。
声の出演こそないものの、ナルトの増援に駆け付けリーとのコンビネーション体術を披露する。
当該記事を参照。
当該記事を参照。
相変わらず車椅子姿で登場しており、中忍試験の第三次試験の試合を観戦していた。台詞なし

脚注[編集]

  1. ^ 劇場版『疾風伝 ザ・ロストタワー』以降。
  2. ^ ナルトからはその濃ゆい眉毛とリーの師匠という点から「ゲキマユ先生」と呼ばれている。
  3. ^ はじめはナルトに与える程度だったが、アニメ版(疾風伝第84話)ではサイに着用を勧めるほどになっている。
  4. ^ 疾風伝461話。
  5. ^ カカシとのジャンケン勝負に敗れた際は、自分ルールとして宣言した「里を逆立ち歩きにて500周」という罰を実行した。
  6. ^ 「象転の術」による身代わりであり実際は砂隠れの上忍。
  7. ^ 具体的には「老けたオッサンが無理をすると体を壊す」や「誰もおまえの無理矢理な青春なんか望んでいないんじゃないか?」などと発していた。
  8. ^ その特異な形姿が自分の闇の姿であると勘違いしてショックを受けていた。