ミケランジェロ・プロジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミケランジェロ・プロジェクト
The Monuments Men
監督 ジョージ・クルーニー
脚本 ジョージ・クルーニー
グラント・ヘスロヴ
原作 ロバート・M・エドゼル英語版
ブレット・ウィッター
『ナチ略奪美術品を救え 特殊部隊「モニュメンツ・メン」の戦争』
製作 ジョージ・クルーニー
グラント・ヘスロヴ
製作総指揮 バーバラ・ホール英語版
出演者 ジョージ・クルーニー
マット・デイモン
ビル・マーレイ
ジョン・グッドマン
ケイト・ブランシェット
ヒュー・ボネヴィル
ボブ・バラバン
ジャン・デュジャルダン
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 フェドン・パパマイケル
編集 ルイ・ディアス
スティーヴン・ミリオン
製作会社 スモークハウス・ピクチャーズ英語版
22. Babelsberg Film GmbH
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 プレシディオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年2月7日
日本の旗 2015年11月6日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $70,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $78,031,620[1]
世界の旗 $154,984,035[1]
テンプレートを表示

ミケランジェロ・プロジェクト』(The Monuments Men)は、ジョージ・クルーニー監督・脚本・製作・出演による2014年アメリカ合衆国ドラマ映画英語版である。ロバート・M・エドゼル英語版による書籍『ナチ略奪美術品を救え 特殊部隊「モニュメンツ・メン」の戦争』を原作としており、第二次世界大戦時にヒトラーによって重要な美術品や文化財が破壊される前に奪還を試みる連合軍の活躍が描かれる[2][3]

製作はコロンビア映画20世紀フォックス22.バーベスベルグ英語版が共同で行い、2014年2月7日より封切られた。

あらすじ[編集]

第二次世界大戦真っ只中の1943年。ナチス・ドイツの支配下に置かれた地域では、教会などに飾られた貴重な美術品が親衛隊に強奪され、ヴィクトール・シュタールら親衛隊士官によってアドルフ・ヒトラーや側近のヘルマン・ゲーリングなどの手に渡されていた。さらにはモンテ・カッシーノの修道院が戦闘時の爆撃により破壊されたり、ナチス・ドイツが敗れて撤退する際美術品をわざと破壊したりしたため、欧州各地で数多くの文化財が失われていた。このままでは後世に残すべき歴史的財産が戦争中に消滅してしまう、と危惧したハーバード大学付属美術館長のフランク・ストークスは、戦線に若い美術学者を向かわせ美術品を救出させるようフランクリン・ルーズベルト大統領に直訴する。話を聞いたルーズベルト大統領は、若者の多くが戦場に送られ人手が足りないことをストークスに伝え、彼自身にその役割を担ってもらうよう要請する。

1944年3月、ストークスはアメリカ各地を回ってジェームズ・グレンジャー、リチャード・キャンベル、ウォルター・ガーフィールド、ドナルド・ジェフリーズ、プレストン・サヴィッツ、ジャン=クロード・クレルモンの6人の美術専門家を招集し、美術品救出作戦を実行する部隊「モニュメンツ・メン」を結成。やがて彼らは軍事訓練も兼ねてイギリスの英軍基地に向かい、新たなる仲間ジェフリーズに出迎えられる。ストークスは全員を集めて作戦の概要を伝え、ヒトラーが計画している強奪した美術品を展示する予定の施設「総統美術館」についても説明。そしてナチスが隠し持っている美術品を見つけ出すため、これから連合軍とナチスが戦っているノルマンディーに行き、そこを経由して隠し場所と思われる東側の地域に向かう予定だと伝える。その後グレンジャーだけは、友人であるパリの国立美術館館長から美術品の手がかりを得るため先にドーヴィルへ向かい、残りの6人はノルマンディーへと移動する。

1944年7月。その頃ナチス・ドイツが占領するパリで、クレール・シモーヌはシュタールに嫌悪感を抱きつつも彼の秘書を務めていた。忠実な秘書のふりをしながらシュタールらが握る美術品の行方に目を光らせていたシモーヌだったが、レジスタンス運動を行っていた彼女の弟が美術品を積んだナチスのトラックを盗もうとして射殺されたことをシュタールから知らされ、彼女自身も活動に加担していたのではないかと疑いの目を向けられる。

一方ノルマンディーに到着した6人は、現地の将校たちには協力を拒否されるも、ドイツ語に堪能な兵士エプスタインと出会い彼も仲間に加える。ストークスはエプスタインを連れて知り合いのフィールディング少佐の許を訪れ、少佐がドイツ兵の列車を押さえてヨハネス・フェルメールなどの絵画作品1ダースを回収したことを知る。早速捕らえたドイツ兵に絵画の入手先を問いただすが、捕虜たちは黙秘。しかし彼らが小声で交わし合う会話を聞き取ったエプスタインにより、この輸送部隊の目的地がジーゲンであることが判明する。

同じ頃、シュタールらは強奪した美術品と共に戦況の危うくなったパリから逃亡。まんまと美術品を持って逃げられてしまったシモーヌは、いつか彼らを見返してやると誓う。そんな折、件の美術館館長と対面したグレンジャーは、美術品の行方を知りたければシモーヌに会えと助言を受ける。

キャスト[編集]

モニュメンツ・メン[編集]

フランク・ストークス
演 - ジョージ・クルーニー / 老年期:ニック・クルーニー英語版、日本語吹替 - 郷田ほづみ
ハーバード大学付属美術館の館長。「モニュメンツ・メン」のリーダー。美術品をナチスによる破壊から守り、略奪された物を取り戻すため「モニュメンツ・メン」を結成する。エプスタインと組む。妻と8歳の息子がいる。
モデルはジョージ・スタウト英語版
ジェームズ・グレンジャー
演 - マット・デイモン、日本語吹替 - 咲野俊介
メトロポリタン美術館キュレーター。パリに友人の美術館長がおり、彼から隠された美術品の情報を得るため、ストークスたちとは別行動をとってパリに向かう。9歳と12歳の娘がいる。フランス語も一応話せるが、不自然さを度々指摘される。
モデルはジェームズ・J・ロリマー英語版
リチャード・キャンベル
演 - ビル・マーレイ、日本語吹替 - 江原正士
シカゴの建築家。サヴィッツと組み、祭壇画があったベルギーヘントに向かう。銃を向けてきた敵兵の警戒心を解くなど、機転が利く人物。孫が2人いる。
モデルはロバート・ケリー・ポウジー。
ウォルター・ガーフィールド
演 - ジョン・グッドマン、日本語吹替 - 楠見尚己
彫刻家。ドイツ軍に近づくため、クレルモンと組んでアーヘンへ行く。
モデルはウォーカー・カークランド・ハンコック英語版
ドナルド・ジェフリーズ
演 - ヒュー・ボネヴィル、日本語吹替 - 沢木郁也
イギリス人歴史家。若い頃暮らしていた、聖母子像があるブルージュの教会に1人で向かう。酒のせいでトラブルを起こし、父に迷惑をかけたことを悔いている。
モデルはロナルド・エドマンド・バルフォア。
プレストン・サヴィッツ
演 - ボブ・バラバン、日本語吹替 - 田中亮一
演劇興行主および美術鑑定家。キャンベルと組み、ベルギーのヘントに向かう。 詩や現代美術に詳しい。初めはキャンベルのことをよく思わなかったが、次第に打ち解ける。
モデルはリンカーン・カーステイン英語版
ジャン=クロード・クレルモン
演 - ジャン・デュジャルダン、日本語吹替 - 森田順平
ユダヤ系フランス人美術商。ガーフィールドと組みアーヘンへ行く。以前は戦闘機のパイロット志望だったが、視力と聴力が悪いため断念した。
モデルは不明。
サム・エプスタイン
演 - ディミトリー・レオニダス英語版、日本語吹替 - 柿原徹也
18歳のドイツ系アメリカ人兵士。通訳兼運転手。英軍基地でストークスらと別れた後、ノルマンディーの連合軍キャンプで再会する。ストークスと組む。
モデルはハリー・エトリンガー。

関係者[編集]

クレール・シモーヌ
演 - ケイト・ブランシェット、日本語吹替 - 工藤静香
美術品の行方を知る女性。ナチスの占領下に置かれた美術館で働きながら、秘密裏に美術品の流れを記録していた。レジスタンスの弟がいた。
モデルはローズ・ヴァラン英語版
ヴィクトール・シュタール
演 - ユストゥス・フォン・ドホナーニ、日本語吹替 - 鈴木清信
ナチス親衛隊士官。略奪した美術品を、ヒトラーの総統美術館の展示品として占領下に置いた美術館に集め、ヘルマン・ゲーリングに引き渡していた。逃亡後は妻と子供と共に隠居している。
ラングトン大佐
演 - サム・ヘイゼルダイン英語版、日本語吹替 - 広瀬彰勇
連隊長。ジェフリーズから兵士を付けてブルージュに入れてくれるよう頼まれるが、ドイツ軍の撤退は間近だとして取り合わない。
フィールディング少佐
演 - マイルス・ジャップ英語版、日本語吹替 - 石住昭彦
エプスタインの上官。ストークスの依頼で、美術品をドイツ兵から押収する。
歯科医
演 - ミヒャエル・ブランドナードイツ語版、日本語吹替 - 遠藤純一
キャンベルの虫歯を治療するドイツ人。キャンベルとサヴィッツを、隠居していたシュタールと引きあわせる。
エミール
演 - アレクサンドル・デスプラ、日本語吹替 - 高宮俊介
フランス人の 連絡員。グレンジャーをパリまで送る。英語もしゃべることができる。
フランクリン・ルーズベルト大統領
演 - マイケル・ダルトン、日本語吹替 - 伊藤和晃
ストークスから直訴され「モニュメンツ・メン」の結成を認め、彼が参加することを要請する。
ハリー・S・トルーマン大統領
演 - クリスチャン・ロドスカ英語版、日本語吹替 - 小島敏彦
ストークスに美術品を取り返すことに命をかける価値があるか、またその人物を人々が将来憶えている可能性について質問する。
軍医
演 - グラント・ヘスロヴ
野営地で負傷した兵士を診ている医師。ストークスとエプスタインが連れてきた、瀕死の兵士にできるかぎりの治療を行う。

スタッフ[編集]

日本語版制作スタッフ

  • 翻訳:平田勝茂
  • 演出:中野洋志
  • 録音:兼子芳博、槇洋介
  • 録音スタジオ:WINK2、スタジオユニ
  • 制作:ACクリエイト
  • 吹替え版ミキシング・スタジオ:WINK2
  • ダビング・ミキサー:兼子芳博

製作[編集]

ダックスフォード帝国戦争博物館での撮影中にダックスフォード・エアフィールドに着陸するダグラスC-47スカイトレイン

主要撮影は2013年3月初頭よりドイツのポツダムバーベスベルグ・スタジオ英語版や、ベルリン・ブランデンブルク英語版地域、ハルツ山地で行われた。特にオスターヴィーク英語版の街は屋外の場面のための重要な場所となった。第二次世界大戦の軍事的な場面のために数千人のキャストが必要とされた[4][5]。いくつかの場面はイギリスのダックスフォード帝国戦争博物館で撮影された[6][7]

ジャーマン・フェデラル・フィルム・ファンドドイツ語版から850万ユーロ[8]、その他にもMitteldeutsche MedienförderungMedien- und Filmgesellschaft Baden-Württemberg、そしてMedien- und Filmgesellschaft Baden-Württembergから資金援助を受けた[9][10]

撮影は2013年6月まで続き、イースト・サセックスレイ英語版での終了が予定された[11]

公開[編集]

アメリカ合衆国では当初、2013年12月18日公開を予定していたが[12]、同年10月24日に2014年2月7日への変更が発表された[13]

予告編は2013年8月8日に公開された[14]

2014年2月に開催される第64回ベルリン国際映画祭において公開されることが決定した[15]

日本では2014年秋に20世紀フォックス映画の配給で公開が予定されていた[16]が、同年6月になって劇場公開中止の発表がされ、前売券払い戻しなどの告知が行われた[17]。工藤静香がケイト・ブランシェットの吹き替えで参加している事も公開中止に伴い未公表となっていたが、海外で発売されたBlu-rayには日本公開時に使用される予定だった吹き替えが収録されている。その後、プレシディオの配給で2015年の11月6日に劇場公開されることが発表された[18]。2016年4月6日に発売予定の国内版Blu-ray/DVDにも海外版と同じ吹き替えが収録予定となっている[19]

興行収入[編集]

北米市場において3083館で公開され、2,270万ドルを稼ぎ出し週末興行収入ランキング2位となった。観客の75%が35歳以上であった。批評家の評価はいま一つだったが、豪華キャストと実話であることを強調した宣伝が功を奏した結果であるといえる[20]。なお、この数字はジョージ・クルーニー監督映画としては過去最高の初動成績である[21]

評価[編集]

批評家からの評価は芳しくない。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには、221件のレビューがあり、批評家支持率は31%、平均点は10点満点で5.2点となっている。批評家の意見の要約は「その目的は素晴らしく出演者も見事だが、『ミケランジェロ・プロジェクト』のぎこちないノスタルジックな雰囲気とひどくだらけた物語を補うことはできない」となっている。[22]。また、Metacriticには、43件のレビューがあり、加重平均値は52/100で「混合または平均的な批評」となった[23]

ローリング・ストーン誌の映画批評家のピーター・トラヴァースは4つ星中3つをつけ、いくつかの会話と感動は本物ではないように見え、ドイツとイングランドで行われたロケーション撮影については演出と撮影が「非常に美しい」と記述した[24]。本作を同時期のものと比較し、金よりももっと価値のある物を捜索する人々に関する物語について彼は「流行を追わず、ひねくれていない堂々とした映画」と考察した。さらに彼は「(監督としての)クルーニーは影の美術戦士たちから多くのことを学んだように感じる...『ミケランジェロ・プロジェクト』は大志について、危険にさらされた文化について、戦う価値のあることについての映画だ。タイムリーで十分敬意を表する価値があると私は言いたい」と付け加えた[24]

ガーディアンに寄稿した歴史家のAlex von Tunzelmannはいくつかの歴史の誤りに言及し、プロットについて「あなたが本作をエピソード風で不十分な構成だと感じたとしたら、あいにくあなたは正しい」と言い、「あまりにも多くの登場人物がいるため、脚本では小さなグループに分け、様々な任務をカットした。これらのいくつかは他よりもより刺激的になった - だが満足の行くプロットとしては納得できないものだ。映画よりもテレビシリーズとして製作したほうが『モニュメンツ・メン』の物語にとって良かったかもしれない...物語は魅力的だが、この映画の良い意図はテンポ、演出、雰囲気、そしてほどよく肉付けされた登場人物が欠けていることにより妨げられている」と語った[25]

第9回オクラホマ映画批評家協会賞の隠れたワースト映画賞を受賞した[26]

歴史考証[編集]

映画のストーリーは実際の出来事に基づいているが、登場人物の名前は架空のものに変えられ、いくつかの史実はドラマに適した形に修正された[27] 。後にクルーニーが「物語の80%は正確な真実で、シーンに描かれたことのほとんどは実際に起きたことだ」と語ったと伝えられた[28]

しかし出来事を知る人物の証言では、美術品捜索の描写は映画の意図に合わせるため作り変えられているという。多数ある実際の証言の中からエルンスト・カルテンブルンナーの甥ミヒェル・カルテンブルンナーの証言から、オーストリアのアルトアウスゼーにある岩塩坑にはエルンスト・カルテンブルンナーの命令で美術品が実際に保管されていたが、彼は敗戦後敵の手に渡らないよう建物を破壊するヒトラーの「ネロ指令」を無視し、美術品を保護していたことが分かった[29]

スウォンジー大学英語版のナイジェル・ポラード博士は、映画の歴史的正確さについて5つの星の内2つだけつけた[30] 。ポラード博士は「『ミケランジェロ・プロジェクト』は歴史の中核を描いているが、考え無しの行動はおそらく映画としての物語を形作るために必要だったのだろうが、鑑賞者は映画の終わりにMFAA英語版という組織、そして保護された美術品についてかなり混乱するだろう。実際の組織も決して大きくなかったが(組織構成は最高で2、3ダースの士官)、映画では更に7人へと人数を減らされた:組織は5人のアメリカ人と最初に殺される1人のイギリス人士官、そして自由フランス軍の士官で構成される。映画ではモンテ・カッシーノの爆撃後(1944年2月以後)にストークスが率先して組織を設立したと描かれている。実際の起源は1942年のリビアにおけるイギリス軍の奮闘まで遡り、1943年7月に連合軍がシチリア島に侵攻したとき組織はすでに存在していた」と書いた[30]

関連作品[編集]

  • 大列車作戦 - ローズ・ヴァランのノンフィクションを原作とした1964年の映画

参考文献[編集]

  1. ^ a b c The Monuments Men” (英語). Box Office Mojo. 2015年3月30日閲覧。
  2. ^ George Clooney Sets Daniel Craig, Bill Murray, Cate Blanchett, Jean Dujardin For WWII Drama ‘The Monuments Men’”. Deadline. 2012年11月18日閲覧。
  3. ^ Directors' Page”. Monuments Men Foundation for the Preservation of Art. 2013年3月5日閲覧。
  4. ^ Komparsen für Clooney-Film in Babelsberg gesucht”. Berlin.de, Official Berlin press release (in German). 2013年1月25日閲覧。
  5. ^ Tausende Berliner Männer als Komparsen für die Dreharbeiten des historischen Kinofilmes THE MONUMENTS MEN” (German (Appears to be accessible only if the browser's language is German.)). Babelsberg Studios press release (2013年1月26日). 2013年9月8日閲覧。
  6. ^ IN PICTURES: Hollywood stars come to Cambridge as George Clooney films Monuments Men with Matt Damon and John Goodman”. 2013年5月30日閲覧。
  7. ^ George Clooney and Matt Damon try out Cambridge gym”. 2013年6月5日閲覧。
  8. ^ Produktionsspiegel 2014” (German). Deutscher Filmförderfonds. pp. 32 (2014年1月6日). 2015年3月30日閲覧。
  9. ^ Rekordwert für den Deutschen Filmförderfonds”. Bundesregierung - Federal Republic of Germany (2014年1月24日). 2015年3月30日閲覧。
  10. ^ “George Clooney zurück in Berlin: Studio Babelsberg Koproduktion Monuments Men – Ungewöhnliche Helden hat Premiere auf der Berlinale” (プレスリリース), Studio Babelsberg, (2013年11月8日), http://www.studiobabelsberg.com/public-relations/pressemitteilungen/newsdetails/?tx_ttnews%5Btt_news%5D=275&tx_ttnews%5BbackPid%5D=49&cHash=faaff4869219460abf8cf82e4bc177a4 2015年3月30日閲覧。 
  11. ^ Chitwood, Adam (2013年3月5日). “Production Begins on George Clooney’s THE MONUMENTS MEN Starring Matt Damon, Cate Blanchett, and Bill Murray”. Collider.com. 2013年3月5日閲覧。
  12. ^ Han, Angie (2012年12月7日). “Release Dates: George Clooney’s ‘Monuments Men’ Slotted for December 2013, Terence Malick’s ‘To the Wonder’ Announces April Release”. /Film. 2013年3月5日閲覧。
  13. ^ UPDATE: ‘Monuments Men’ Gets February 7 Release Date After George Clooney Sets Record Straight” (2013年10月24日). 2013年10月25日閲覧。
  14. ^ Tapley, Kristopher (2012年8月8日). “'Monuments Men' trailer finds George Clooney and Matt Damon on the hunt for stolen art”. HitFix. 2013年8月8日閲覧。
  15. ^ The Monuments Men in the Official Programme of the 64th Berlinale”. 2013年12月24日閲覧。
  16. ^ 映画『ミケランジェロ・プロジェクト』オフィシャルサイト (2014年6月3日のアーカイブ)”. 20世紀フォックス映画. 2015年8月5日閲覧。
  17. ^ 『ミケランジェロ・プロジェクト』公開中止/払い戻しのお知らせ (2014年6月10日のアーカイブ)”. 20世紀フォックス映画. 2015年8月5日閲覧。
  18. ^ ナチスからダ・ヴィンチらの名画を奪還した実話!ジョージ・クルーニー監督作『ミケランジェロ・プロジェクト』11月日本公開”. シネマトゥデイ. 2015年7月31日閲覧。
  19. ^ ミケランジェロ・プロジェクト”. 松竹DVD倶楽部. 2016年3月10日閲覧。
  20. ^ Weekend Report: Everything Is Awesome For 'The LEGO Movie'”. 2014年2月10日閲覧。
  21. ^ George Clooney”. 2014年2月10日閲覧。
  22. ^ The Monuments Men (2013)”. 2016年3月8日閲覧。
  23. ^ The Monuments Men”. 2016年3月8日閲覧。
  24. ^ a b Travers, Peter (2014年1月31日). “The Monuments Men”. Rolling Stone. 2016年3月8日閲覧。
  25. ^ von Tunzelmann, Alex (2014年2月20日). “The Monuments Men: a rickety plot ruins this relic hunt”. The Guardian. 2016年3月8日閲覧。
  26. ^ Oklahoma Film Critics Circle Names Boyhood Top Film of 2014”. 2015年1月10日閲覧。
  27. ^ The Monuments Men (2014)”. History vs Hollywood (2014年). 2015年4月7日閲覧。
  28. ^ Markovitz, Adam (2013年8月12日). “George Clooney talks 'The Monuments Men'”. Entertainment Weekly. 2015年4月7日閲覧。
  29. ^ Hall, Allan (2013年12月23日). “Has Hollywood rewritten history again? Writer claims Austrian salt miners - NOT George Clooney's 'Monuments Men' - saved priceless works of art from Nazis”. デイリー・メール. 2015年4月7日閲覧。
  30. ^ a b Historian at the Movies: The Monuments Men reviewed”. History Extra. 2015年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]