僕を育ててくれたテンダー・バー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
僕を育ててくれたテンダー・バー
The Tender Bar
監督 ジョージ・クルーニー
脚本 ウィリアム・モナハン
原作 J・R・モーリンガーThe Tender Bar
製作 ジョージ・クルーニー
グラント・ヘスロヴ
テッド・ホープ
製作総指揮 J・R・モーリンガー
バーバラ・A・ホール
出演者 ベン・アフレック
タイ・シェリダン
リリー・レーブ
クリストファー・ロイド
音楽 ダラ・テイラー
撮影 マーティン・ルーエ
編集 タニア・M・スワーリング
製作会社 ビッグ・インディー・ピクチャーズ
スモークハウス・ピクチャーズ
配給 世界の旗Amazonスタジオ
公開 世界の旗2022年1月7日(配信)
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

僕を育ててくれたテンダー・バー』(原題:The Tender Bar)は2021年に公開されたアメリカ合衆国青春映画である。監督はジョージ・クルーニー、主演はベン・アフレックが務めた。本作はJ・R・モーリンガー2005年に発表した自伝『The Tender Bar』を原作としている。

なお、本作はソンドラ・ジェームズの遺作でもある[1]

概略[編集]

J・R・モーリンガーの父親は彼が生まれた直後に突如失踪した。青年になったモーリンガーは父親代わりになってくれる存在を求め、叔父(チャーリー)が経営するバーに足繁く通っていた。

本作はモーリンガーがチャーリーやその店の常連客との交流を通して、自己を確立していく姿を描き出す。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

2013年8月6日、ソニー・ピクチャーズチャーニン・エンターテインメントが『The Tender Bar』の映画化を企画しており、セオドア・メルフィに監督と脚色を任せる意向であると報じられたが、結局、企画は頓挫してしまった[2]

2020年12月9日、Amazonスタジオがソニーから映画化権を買い取り、ジョージ・クルーニーを監督に起用したとの報道があった[3]。2021年2月、ベン・アフレック、タイ・シェリダン、リリー・レーブの出演が決まった[4][5]。3月、本作の残りの主要キャストが発表された[6]

撮影・音楽[編集]

本作の主要撮影は2021年2月22日にマサチューセッツ州ボストンで始まり、同年4月に終了した[7]。10月4日、ダラ・テイラーが本作で使用される楽曲を手掛けるとの報道があった[8]

公開・マーケティング[編集]

2021年9月23日、本作の劇中写真が初めて公開された[9]。10月10日、本作はロンドン映画祭でプレミア上映された[10]。14日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[11]

評価[編集]

本作に対する批評家の評価は平凡なものに留まっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには107件のレビューがあり、批評家支持率は50%、平均点は10点満点で5.6点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『僕を育ててくれたテンダー・バー』には郷愁を誘う暖かな魅力が満ちており、出演者の演技も上々のものである。しかし、それらを以てしても、気怠くかつ感傷的な青春ストーリーという欠点を覆いつくすことはできなかった。」となっている[12]。また、Metacriticには33件のレビューがあり、加重平均値は54/100となっている[13]

本作での演技によって、ベン・アフレックは第79回ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされた[14]

出典[編集]

  1. ^ Sondra James Dies: ‘Joker’ And ‘Sick Of It’ Actor, Sound Department Veteran Was 82”. Deadline.com (2021年9月13日). 2022年1月4日閲覧。
  2. ^ Sony, Ted Melfi Teaming On Adaptation Of J.R. Moehringer Memoir ‘The Tender Bar’”. Deadline.com (2013年8月6日). 2022年1月4日閲覧。
  3. ^ Ben Affleck To Star In George Clooney-Directed ‘The Tender Bar’ Adaptation For Amazon”. Deadline.com (2020年12月9日). 2022年1月4日閲覧。
  4. ^ Tye Sheridan Joins Ben Affleck in George Clooney’s ‘Tender Bar’ for Amazon”. Hollywood Reporter (2021年2月10日). 2022年1月4日閲覧。
  5. ^ Lily Rabe Joins Ben Affleck in George Clooney’s ‘Tender Bar’ (Exclusive)”. Hollywood Reporter (2021年2月16日). 2022年1月4日閲覧。
  6. ^ George Clooney’s ‘The Tender Bar’ Rounds Out Cast, Amazon Studios Adaptation Of J.R. Moehringer Memoir Starts Production”. Deadline.com (2021年3月2日). 2022年1月4日閲覧。
  7. ^ George Clooney is filming a new movie in Boston, and Ben Affleck will reportedly join him”. Boston.com (2021年2月12日). 2022年1月4日閲覧。
  8. ^ Dara Taylor Scoring George Clooney’s ‘The Tender Bar’”. Film Music Reporter (2021年10月4日). 2022年1月4日閲覧。
  9. ^ Ben Affleck, Tye Sheridan Get Confessional in First Look at George Clooney’s ‘The Tender Bar’”. Variety (2021年9月23日). 2022年1月4日閲覧。
  10. ^ George Clooney’s ‘The Tender Bar,’ Jane Campion, Asghar Farhadi Talks Added to London Film Festival – Global Bulletin”. Variety (2021年9月23日). 2022年1月4日閲覧。
  11. ^ The Tender Bar - Official Trailer Prime Video”. YouTube (2021年10月14日). 2022年1月4日閲覧。
  12. ^ The Tender Bar”. Rotten Tomatoes. 2022年1月4日閲覧。
  13. ^ The Tender Bar (2021)”. Metacritic. 2022年1月4日閲覧。
  14. ^ Golden Globes 2022: The Complete Nominations List”. Variety (2021年12月13日). 2022年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]