ネロ指令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ネロ指令(ネロしれい、ドイツ語: Nerobefehl)とは、第二次世界大戦末期の1945年3月19日ナチス・ドイツ総統アドルフ・ヒトラーの承認の元、国防軍最高司令部によって発出された「ライヒ領域における破壊作戦に関する命令ドイツ語: Befehl betreffend Zerstörungsmaßnahmen im Reichsgebiet)」の通称。この命令は自国内における「焦土作戦」を命令する物であったため、後世の歴史家などによって、かつてローマを自ら焼いたという伝説があるローマ皇帝ネロになぞらえて「ネロ指令」と呼ばれる。

概要[編集]

1945年の時点で東部戦線西部戦線も戦場はドイツ国内となり、戦争は最終局面を迎えていた。3月19日に発出されたこの命令は、ドイツ国内のインフラストラクチャー、資源、産業施設等について、敵が入手する前の破壊を命じるものであった。

すでに戦後を考えていた軍需大臣アルベルト・シュペーアは、産業破壊が戦後復興や国民生活の差し障りになると考え、ヒトラーと面会してその中止を訴え出た。 しかしヒトラーは「戦争に負ければ国民もおしまいだ。(中略)なぜなら我が国民は弱者であることが証明され、未来はより強力な東方国家(ソ連)に属するからだ。いずれにしろ優秀な人間はすでに死んでしまったから、この戦争の後に生き残るのは劣った人間だけだろう。」と述べ[1]、命令を撤回しなかった。しかしシュペーアはヒトラーに内密で命令をサボタージュし、一定程度の産業保護に成功した。

指令の全文[編集]

発国防軍最高司令部(作戦本部) テレプリント 1945年3月20日

 主題「帝国領の破壊に関する件」

 我が国民の生存を賭けたこの戦いは、帝国領内の全ての資源を徹底的利用することによって我が敵の戦闘力を弱め、再び肉薄、出血を強要している。敵の攻撃力に直接間接に決定的打撃を与えるため、あらゆる措置を講じなければならない。輸送機関、通信設備、産業施設、補給所等、これまで破壊されていないもの、あるいは一時休止の状態にあるものが、失地奪回の暁には、再度我々のために役に立つとする意見は誤りである。敵は撤退するとき、住民のことは全く念頭になく、焦土しか残してくれない。以上に鑑み余は次の如く命令する。

1)軍用輸送機関、通信手段、施設、産業施設及び補給所と、敵に即刻あるいは近い将来利用される帝国領内の資産は、すべて破壊する。

2)この破壊実行責任のあるものは、次の通りである。
・軍指揮官
 軍事当局下にある交通施設及び通信施設を含めた軍事目標
・地区指導者及び帝国防衛委員
 全ての工業施設及び補給施設及び価値のあるすべてのもの

3)これら命令は、すべての部隊長に早急に告知され、この妨げとなる命令は無効となる。

署名 アドルフ・ヒトラー

— [2]

参考文献[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]