ネブラ・ディスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネブラ・ディスク

ネブラ・ディスクとは、2002年ドイツ中央部、ザーレラン地方の街で発見された円盤。直径約32cm、青銅製で約3600年前に作られた人類最古の天文盤であると2005年ドイツの研究チームが結論づけた。盤の上にはの装飾で太陽、星(プレアデス星団)が模られ、太陽暦太陰暦を組み合わせた天文時計である。日本では、愛知万博で展示されたことがある。

チェコドイツ中部・南部、ポーランド西部に広がっていた、中央ヨーロッパ青銅器時代の中心的文化であるウーニェチツェ文化のもの。