CSI:サイバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CSI シリーズ

オリジナルシリーズ

マイアミ編

ニューヨーク編

サイバー編

製作者
アンソニー・E・ズイカー 
(全作品)
キャロル・メンデルソーン 
(ニューヨーク、マイアミ、サイバー)
アン・ドナヒュー 
(ニューヨーク、マイアミ、サイバー)

CSI:サイバー』(英語: CSI: Cyber) は、2015年3月4日から2016年3月13日までCBS系列で放送されていたアメリカ合衆国テレビドラマ海外ドラマ)シリーズ。全2シーズン。『CSI:科学捜査班』のスピンオフ作品であり、連邦捜査局本部のサイバー犯罪部門に焦点があてられたドラマである[1]。日本では、WOWOWが1シーズン遅れ、AXNが2年遅れで放送。

解説[編集]

製作総指揮はCSIシリーズ4作共通のジェリー・ブラッカイマー。主題歌はザ・フーが歌う「I Can See for Miles」。ザ・フーは他3作でも主題歌を歌っている(曲は異なる)。

シリーズの特徴としては、一番の違いとしてこれまでの3シリーズと異なり警察内のCSI(科学捜査班)ではなくFBIが舞台であること、そして事件が起きれば全米各地へ飛ぶことが挙げられる。2015年9月でオリジナルシリーズが終了してしまったため、2016年1月現在本作が唯一現行で放送されているCSIシリーズとなっていたが、視聴率が伸び悩んだことから2016年3月の第2シーズンでキャンセル[2]となり、これによって『CSI:科学捜査班』から16年間続いてきたCSI:シリーズが終焉を迎えることとなった。

登場人物[編集]

サイバー犯罪部門[編集]

エイヴリー・ライアン (Avery Ryan)
演 - パトリシア・アークエット (Patricia Arquette)、日本語吹替 - 松本梨香 / 林原めぐみ[3][4]
FBIのサイバー犯罪部門主任で[1]心理学にも明るい。元は臨床心理士だったが、自身のパソコンがハッキングされそれにより患者が殺され、死の真相を追うためFBIの捜査官になった。『CSI:科学捜査班』にも幾度か登場している[1]
イライジャ・ムンド (Elijah Mundo)
演 - ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク (James Van Der Beek)、日本語吹替 - 小松史法
元海軍兵士。私生活では離婚歴がある。
ダニエル・クラミッツ (Daniel Krumitz)
演 - チャーリー・クーンツ (Charley Koontz)、日本語吹替 - 丸山壮史
チームの一人。技術分野には明るいが、内向的な人物でもある。凶悪犯に両親を射殺された過去を持つ。CSIに編入される以前は、郵便係であったが、エイヴリーによって抜擢された。
ソースの解析や壊れたデバイスの修復などソフト、ハード両面に詳しい。正規のFBI捜査官として訓練も受けており、外に出て捜査に当たることもあり射撃の腕も悪くない。
レイヴン・ラミレス (Raven Ramirez)
演 - ヘイリー・キヨコ (Hayley Kiyoko)、日本語吹替 - 藤村歩
チームの新顔でブロディと同じく元ブラックハッカー。小さい頃にいじめに遭い、それで誰も信用できず孤立しブラックハッカーになった。ニューハンプシャー州の全電力網をダウンさせた罪で逮捕され、現在に至る[5]
ブロディ・ネルソン (Brody Nelson)
演 - シャド・モス (Shad Moss)、日本語吹替 - 杉山大
チームの新顔。元はクエスト(Qu35t)と言う名のブラックハッカーで、証券取引所へのハッキングにより逮捕された後、裁判所命令でFBIサイバー犯罪課への協力を命ぜられる。派手な色のシャツとベストが特徴。実はクモが苦手。かつては、ネルソン及びレイヴンの前にもトービンという元ブラックハッカーをエイブリーが採用していたが、FBIの機密情報をディープウェブ経由で犯罪者に売ろうとして逮捕されている[6]
D・B・ラッセル (D.B. Russell)
演 - テッド・ダンソン (Ted Danson)、日本語吹替 - 樋浦勉
元ラスベガスCSI主任。第2シーズンのみレギュラー出演[7]

FBI関係者[編集]

サイモン・シフター (Simon Sifter)
演 - ピーター・マクニコル (Peter MacNicol)、日本語吹替 - 江原正士
FBIの副長官で、エイヴリーの上司にあたる。エイヴリーは上司の存在を不要と見ており、シフターをわずらわしく思っていた。
制作上の都合から第1シーズンのみの出演となった[8]


エピソード一覧[編集]

シーズン エピソード 米国での放送日
初回 最終回
Pilot 1 2015年3月4日 (2015-03-04) 2015年5月13日 (2015-5-13)
1 13 2015年3月4日 (2015-03-04) 2015年5月13日 (2015-5-13)
2 18 2015年10月4日 (2015-10-04) 2016年3月13日 (2016-3-13)
トータル 31 2015年3月4日 (2015-03-04) – 2016年3月13日 (2016-3-13)

日本語製作版スタッフ[編集]

  • 制作:株式会社KADOKAWA
  • 翻訳:瀬尾友子
  • 演出:安江誠
  • 調整:吉岡拓真
  • 効果:リレーション
  • 制作協力:グロービジョン

放送局[編集]

シーズン アメリカ合衆国の旗 CBS 日本の旗 WOWOW
シーズン 1 2015年3月4日 - 2015年5月13日 2015年11月14日 - 2016年2月
シーズン 2 2015年10月4日 - 2016年3月13日 2016年11月5日 -

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『CSI:科学捜査班』の新スピンオフ『CSI:サイバー』、WOWOWにて11月14日(土)より放送スタート!”. 海外ドラマNAVI (2015年8月27日). 2015年10月12日閲覧。
  2. ^ ニュース:『CSI:サイバー』がキャンセル! 長年愛された『CSI』フランチャイズが終焉 - 海外ドラマNAVI 2016年5月13日(2016年6月28日閲覧)
  3. ^ #21「サイバーキラー」(原題:Kitty)(CSI:14 科学捜査班)”. 海外ドラマBlog (2015年3月9日). 2015年11月8日閲覧。
  4. ^ 『CSI:科学捜査班』ゲスト出演時
  5. ^ 第1シーズン7話「17歳の悲劇」
  6. ^ 第1シーズン5話「裏切りの記憶」
  7. ^ 『CSI:サイバー』途中加入したD・B・ラッセル役のテッド・ダンソンが降板!”. 海外ドラマNAVI (2016年1月13日). 2016年3月29日閲覧。
  8. ^ 「CSI:サイバー」からピーター・マクニコルが降板” (2015年5月17日). 2015年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]