メイド・イン・アメリカ (1993年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メイド・イン・アメリカ
Made in America
監督 リチャード・ベンジャミン
脚本 ホリー・ゴールドバーグ・スローン
原案 マーシャ・ブランドウィン
ネイディーン・シフ
ホリー・ゴールドバーグ・スローン
製作 リック・ビーバー
マイケル・ダグラス
アーノン・ミルチャン
製作総指揮 マーシャ・ブランドウィン
ネイディーン・シフ
出演者 ウーピー・ゴールドバーグ
テッド・ダンソン
ウィル・スミス
ニア・ロング
音楽 マーク・アイシャム
撮影 ラルフ・D・ボード
編集 ジャクリーン・キャンバス
製作会社 スタジオカナル
リージェンシー・エンタープライズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗1993年5月28日
日本の旗1993年7月10日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $104,942,695[1]
テンプレートを表示

メイド・イン・アメリカ』(Made in America)は、1993年アメリカ合衆国コメディ映画リチャード・ベンジャミン監督、ウーピー・ゴールドバーグテッド・ダンソン出演。撮影は、オークランド工業高校などで行われた。

日本で発売されたビデオでは『ウーピーの新・親子事情 メイド・イン・アメリカ』と改題されたが、DVD発売の際に戻された。

ストーリー[編集]

アフリカグッズショップに勤めている、未亡人の黒人女性サラ・マシューズは、成績優秀な一人娘のゾーラから、学校で血液検査の実験でAB型という、サラがAで、亡き父がOの組み合わせではありえない結果がでたことで、本当の父親は誰か問い詰められる。

サラは仕方なく、精子バンクで精子提供を受けたことを告白し、提供主は同じ黒人だと話す。ゾーラは父を探し出すため、友人のティー・ケーキと一緒に精子バンクに向かう。ひそかに、精子バンクのパソコンから精子提供者を検索し、ハル・ジャクソンという人物が父だと判明する。ゾーラは、彼の住む家を訪ねるが、彼は白人男性だった。さらにハルは、テレビCMも流している、ジャクソンモーターという自動車ディーラーを経営する有名な人物だった。ハルに、自分が精子バンクの精子で生まれた娘だと話すゾーラだが、彼はただ精子を提供しただけで、彼女に対してできることは何もないと言い、傷ついたゾーラは家に帰る。その夜、サラにそのことを話すと、彼女はアフリカ系黒人の精子を希望していたにもかかわらず、白人のものだったことに大きなショックを受け、それがあの変なハルだとしり唖然とする。翌日ハルに会いに行ったサラは、彼と口論になるが、そこに来たゾーラの指を鳴らす癖が、ハルから遺伝したものだと知り、意気消沈する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
サラ・マシューズ ウーピー・ゴールドバーグ 小宮和枝
ハルバート・”ハル”・ジャクソン テッド・ダンソン 江原正士
ティー・ケーキ・ウォルターズ ウィル・スミス 森川智之
ゾーラ・マシューズ ニア・ロング 石川悦子
ホセ ポール・ロドリゲス 稲葉実
ステイシー ジェニファー・ティリー 平松晶子
アルバータ ペギー・リア 久保田民絵
ボブ・タカシマ クライド・クサツ 峰恵研
テディ デヴィッド・ボウ 田原アルノ
ジェームズ ジェフリー・ジョセフ 星野充昭
ディエゴ ローリー・ヴァルヴェルデ 宮本充
ポーラ チャーリーン・フェレンツ英語版 井上喜久子
ドウェイン監督 ショーン・レヴィ 小室正幸
老婦人1 フィリス・エイヴリー英語版 久保田民絵
老婦人2 フランシス・バーゲン英語版 沢田敏子
ロッキー オニール・コンプトン英語版 辻親八
精子バンクのナース ルー・レナード 定岡小百合
撮影アシスタント ロス・ベンジャミン 三木眞一郎
寿司屋の給仕 ミユキ・タケイ 佐藤しのぶ

スタッフ[編集]

  • 監督:リチャード・ベンジャミン
  • 脚本:ホリー・ゴールドバーグ・スローン
  • 原案:マーシャ・ブランドウィン、ネイディーン・シフ、ホリー・ゴールドバーグ・スローン
  • 製作:リック・ビーバー、マイケル・ダグラスアーノン・ミルチャン
  • 製作総指揮:マーシャ・ブランドウィン、ネイディーン・シフ
  • 撮影監督:ラルフ・D・ボード
  • プロダクションデザイナー:エヴァリン・サカシ
  • 編集:ジャクリーン・キャンバス
  • 音楽:マーク・アイシャム
  • 衣裳デザイン:エリザベス・マクブライド
  • キャスティング:ルーベン・キャノン
  • 日本語字幕:稲田嵯裕里
  • 吹替翻訳:森沢麻里
  • 吹替演出:松岡裕紀
  • 吹替録音:KSSスタジオ
  • 吹替製作:ワーナー・ホーム・ビデオ、ACクリエイト
  • 吹替プロデューサー:小川政弘、東慎一

公開[編集]

アメリカでは1993年5月28日に約2000の劇場で封切られ、初週に1200万ドル以上を稼ぎ[2]、最終的に5000万ドル近くの興行収入を記録した[1]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]