イヴ (X-ファイルのエピソード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イヴ
X-ファイル』のエピソード
話数 シーズン1
第11話
監督 フレッド・ガーバー
脚本 ケネス・ビラー
クリス・ブランカトー
作品番号 1X10
初放送日 1993年12月10日
エピソード前次回
← 前回
堕ちた天使
次回 →
X-ファイル シーズン1
X-ファイルのエピソード一覧

イヴ」(原題:Eve)は『X-ファイル』のシーズン1第11話で、1993年12月10日にFOXが初めて放送した。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

レギュラー[編集]

ゲスト[編集]

ストーリー[編集]

コネティカット州グリニッジ。ジョギングをしていた2人組が一人で途方に暮れていた女の子(ティーナ・シモンズ)を見つけた。その近くのブランコに座ったまま、ティーナの父親は首から血を抜かれて死んでいた。

その事件に関する資料を読んだモルダーは、キャトル・ミューティレーションが人間に対しても行われるようになったのではないかと疑う。2人はコネティカット州に向かい、ティーナと話をした。ティーナは「パパが死んだとき、赤い光を見たの。そして、空から来た人間がパパから血を抜き取ったの。」と語った。それから2人はカリフォルニア州マリン郡に行った。ここに住むリアドン家の主も同じように首から血を抜かれて殺されたのだ。2人はその2つの事件が同じ日の同時刻に起こったことを知る。その頃、ティーナは何者かに誘拐された。

2人がリアドン家を訪れ、遺族に会った。驚くべきことに、被害者の娘のシンディーはティーナと瓜二つであった。シンディーの母親はサンフランシスコの産婦人科で体外受精を受け、シンディーを授かったのだという。その病院で、スカリーはシモンズ夫妻とリアドン夫妻に体外受精を施した医師が同じ人物であることを知る。その医師の名はサリー・ケンドリックといい、優生学に関連する実験を病院のラボで行ったために懲戒免職処分となっていた。その頃、モルダーはディープ・スロートと接触し、彼から冷戦期に勧められたスーパー・ソルジャー計画に関する情報を得た。その計画が進む中で、「アダム」と「イヴ」という高い能力を持った子供が遺伝子操作によって誕生したという。また、モルダーはディープ・スロートからスーパー・ソルジャー計画に関わる女性が精神病院に入院しているという情報も得た。

精神病院を訪れた2人はイヴ6に面会することができた。彼女は「計画で作られたクローンたちは知性と身体機能を向上させるための遺伝子操作が施されている。殺人を行うことに抵抗を感じないようにもつくられている。イヴ6、イヴ7、イヴ8の3体は計画が中止されると施設に隔離された。しかし、イヴ7が脱走し、サリー・ケンドリックとして産婦人科に職を得た。イヴ7は病院の患者の受精卵を利用して新しい「イヴ」を生み出した。イヴ8も脱走したが、行方をつかめていない」と2人に明かした。

モルダーとスカリーはイヴ7がシンディーを誘拐するのを阻止できなかった。イヴたちはシンディーをティーナを閉じ込めているモーテルに連れて行った。そこで、イヴ7はティーナとシンディーに出生の秘密を明かす。ティーナとシンディーはイヴ7の飲み物の中にジギタリスを入れて毒殺する。そこへモルダーとスカリーが駆けつける。ティーナとシンディーはイヴ7とイヴ8が自分たちに服毒自殺を迫ったと訴えるのだった。とりあえず2人は、ティーナとシンディーを現場から遠い安全な場所へ連れていくことにした。

その道中、一行はトラックショップに立ち寄った。隙を突いて、2人のイヴたちはモルダーとスカリーの注文したソーダ水の中に毒を入れる。しかし、モルダーはイヴたちの思惑に勘付き、スカリーにソーダを飲まないようにと告げる。それを見たイヴたちは逃走したが、結局は捕まってしまう。

ティーナとシンディーはイヴ6が隔離されている精神病院に収容された。2人はそれぞれイヴ9、イヴ10という名前で呼ばれていた。そこにある一人の研究者がやってくる。彼女こそが行方知らずとなっていたイヴ8であった。ところが、イヴ9とイヴ10はイヴ8がやってくることを事前に察知していたようだった。それを不審に思ったイヴ8が問いただすも、2人は「ただ何となくね。」と答えるばかりであった。

製作[編集]

フリーランスの脚本家であるケネス・ビラーとクリス・ブランカトーは、『X-ファイル』の製作総指揮を務めるクリス・カーターに遺伝子操作を受けた双子を題材にした企画「The Girls from Greenwich」を持ち込んだ。それから、本エピソードへとつながっていった[1]。ティーナはグレン・モーガンの妻の名前、シンディーはジェームズ・ウォンの妻の名前からとられた[2]

当初、製作スタッフはイヴを演じる双子をロサンゼルスで探していたが、ロサンゼルスの労働法が極めて厳しいものであったため、バンクーバーで探すことを余儀なくされた。イヴ役に適する双子を探す作業は難航し、プロデューサーのR・W・グッドウィンは一人の子役にふたつの役を演じてもらえばいいのではないかと考えたが、二人が同時に登場する際のCGを作成するのにお金がかかりすぎる上に、技術的にも困難であるため、この案は断念せざるを得なかった。最終的に、イヴ9/イヴ10にはクリーヴィンス姉妹がキャスティングされることになった[2][3]

トラックショップのシーンはホワイトロックにあるカフェで撮影された。そのカフェが砂利で舗装された大規模な駐車場を備えていたため、田舎っぽさを出すことができた[4]

評価[編集]

1993年12月10日、FOXは本エピソードを初めてアメリカで放映し、1040万人の視聴者(640万世帯)を獲得した[5][6]

本エピソードは批評家から高く評価された。『エンターテインメント・ウィークリー』は本エピソードにB+評価を下し、「内容が整理されていて、サスペンス性も十分だ。満足した。」「「イヴ」の物語上の設定とハリエット・ハリスの演技が素晴らしかった。」と述べている[7]。『A.V.クラブ』のキース・フィップスは本エピソードにB*評価を下し、「物語をゆっくりとしたペースで作り上げ、その過程で視聴者に衝撃を与えている。いい作品だ。」「クレヴィンズ姉妹の生気を失った眼の演技が実にいい。」と評している[8]。『デン・オブ・ギーク』のマット・ハイは「オリジナリティのある良作だ。」「双子に震えあがるのは間違いない。」「双子の演技は『X-ファイル』にふさわしく、おどろおどろしいものとなっている。」と評している[9]。『Television Without Pity』のジェシカ・モーガンは本エピソードにA評価を下している[10]

クリス・カーターは「ハリエット・ハリスの演技は卓越している。」「クレヴィンズ姉妹の演技は抑え気味でありつつも身の毛のよだつ素晴らしい演技だった。」「フレッド・ガーバーは監督としてエピソードに面白いものを加えてくれた。」と述べている[11][12]

余談[編集]

関連項目[編集]

  • イヴ6 - アメリカのロックバンド。メンバーの一人、トニー・ファーガソンが本エピソードのファンであったため、バンド名を登場人物からとった。

参考文献[編集]

  • Edwards, Ted (1996). X-Files Confidential. Little, Brown and Company. ISBN 0-316-21808-1. 
  • Gradnitzer, Louisa; Pittson, Todd (1999). X Marks the Spot: On Location with The X-Files. Arsenal Pulp Press. ISBN 1-55152-066-4. 
  • Hurwitz, Matt; Knowles, Chris (2008). The Complete X-Files. Insight Editions. ISBN 1-933784-80-6. 
  • Lovece, Frank (1996). The X-Files Declassified. Citadel Press. ISBN 0-8065-1745-X. 
  • Lowry, Brian (1995). The Truth is Out There: The Official Guide to the X-Files. Harper Prism. ISBN 0-06-105330-9. 

出典[編集]

  1. ^ Chris Carter (narrator). Chris Carter Speaks about Season One Episodes: Eve (DVD). Fox.
  2. ^ a b Lowry, p.127
  3. ^ Edwards, p.56
  4. ^ Gradnitzer and Pittson, p.40
  5. ^ http://anythingkiss.com/pi_feedback_challenge/Ratings/19931129-19940227_TVRatings.pdf#page=2
  6. ^ Lowry, p.248
  7. ^ The Ultimate Episode Guide, Season I”. 2015年10月11日閲覧。
  8. ^ The X-File: “Fallen Angel” / “Eve” / “Fire””. 2015年10月11日閲覧。
  9. ^ Revisiting The X-Files: season 1 episode 11”. 2015年10月11日閲覧。
  10. ^ Kids Today! I Blame the Rap Music.”. 2015年10月13日閲覧。
  11. ^ Edwards, p.56
  12. ^ Hurwitz and Knowles, p.43
  13. ^ http://www.worldcat.org/title/eve-a-novel/oclc/566371021&referer=brief_results

外部リンク[編集]