アンドリューNDR114

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンドリューNDR114
Bicentennial Man
監督 クリス・コロンバス
脚本 ニコラス・カザン
原作 アイザック・アシモフ
バイセンテニアル・マン
製作 ウォルフガング・ペーターゼン
クリス・コロンバス
ゲイル・カッツ
ニール・ミラー
ローレンス・マーク
マーク・ラドクリフ
マイケル・バーナサン
製作総指揮 ダン・コルスルッド
出演者 ロビン・ウィリアムズ
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 フィル・メヒュー
編集 ニール・トラヴィス
ニコラス・デ・トス
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナ・ビスタ
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年12月17日
日本の旗 2000年5月13日
上映時間 132分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $100,000,000[1]
興行収入 $58,223,861[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$87,423,861[1] 世界の旗
テンプレートを表示

アンドリューNDR114』(原題: Bicentennial Man)は、1999年に公開されたアメリカ合衆国SF映画クリス・コロンバス監督作品。原題はアイザック・アシモフの原作通り『バイセンテニアル・マン』(The Bicentennial Man)。

あらすじ[編集]

近未来、妻と二人の娘を家族に持つリチャード・マーティンは、ノーザム・ロボティックス社製の人型家事ロボット「NDR114」を購入した。NDR114がマーティン家へとやって来た日、次女アマンダが「アンドロイド」を「アンドリュー」と聞き違えたことから、NDR114はアンドリューと命名され歓迎される。しかしアンドリューに反感を持つ長女グレースは、アンドリューに二階の窓から飛び降りるように命令する。アンドリューは素直に飛び降りて半壊するが、壊れながらも大丈夫と応えるアンドリューに、リチャードはアンドリューを人間として扱うことを家族に約束させる。

ある日、アマンダとグレースと共に浜辺を散歩していたアンドリューは、誤ってアマンダの宝物である小さなガラスの馬を落として壊してしまう。アマンダから絶交を言い渡されたアンドリューは、浜辺の流木から小さな木彫りの馬を作ってアマンダにプレゼントし、彼女の許しを得る。リチャードの妻レイチェルは「どうせ機械が作った複製だ」と意に介さないが、リチャードはその馬を見てますますアンドリューの創造性に興味を覚え、技術や人間、ジョークについて教え学ばせる。アンドリューが木工技術で作る柱時計は高値で売れ、リチャードはその対価をアンドリュー名義の銀行口座に蓄えさせた。

月日は流れ、リチャードは老いた。アンドリューにひそかに想いを寄せていたアマンダも成長し、結婚した。アンドリューは表情を作れるようにアップグレードを受けてアマンダの結婚を祝ったが、ロボット然とした外見には変わりがない。やがて、アンドリューは人類の歴史を学ぶうちに人類が求め続けた「自由」に憧れ、自分自身を買い取りたいとリチャードに申し出る。リチャードはアンドリューの行動に驚き、反射的に申し出を拒否して背を向け、「出たければ勝手に出て行くがいい、おまえは自由だ」と告げる。アンドリューはリチャードの反応に失望を見せるが、マーティン家の近くに家を建て、一人暮らしを始める。やがてリチャードが死の床につき、最後の別れを交わしたアンドリューは、自分と同じNDR型ロボットを探す旅に出る。

数十年の放浪の末、アンドリューは遂に女性型NDRのガラテアと、その主人でアンドロイドの研究者ルパート・バーンズと出会う。バーンズはアンドロイドに人間のような外見をさせるための研究をしていたが、その研究はロボティックス社を含むロボット業界から見向きもされていなかった。アンドリューは研究資金と、実験台としての自身の体や人工臓器の設計アイディアをバーンズに提供し、人間そっくりのボディを手に入れる。マーティン家に帰還した彼は、かつてのアマンダそっくりの孫娘ポーシャと年老いたアマンダに出会う。やがてアマンダの死に目に会い、孤独になったアンドリューはポーシャとの対話を求める。アンドリューはポーシャの不信と反感を解かし、やがて2人は愛し合うようになるが、人類法廷は2人の結婚を法的に認めてはくれなかった。

さらに月日は流れポーシャは老いたが、お互いに愛する者が側にいる穏やかな生活を送っていた。一方、バーンズはアンドリューのおかげもあって成功し、今やロボットのみならず人間の体でも使える人工臓器の分野における第一人者となっていた。事故や病気で損傷した体の一部をアンドリューと同じ人工臓器で置き換えた人間も多い中、アンドリューは「なぜ自分が人間でないのか」と改めて人類法廷に問うが、またも法廷はアンドリューの問いや訴えを否定した。

長い人生に疲れていたポーシャが、長寿をもたらす遺伝子活性剤を飲むのを止めて自らの死を決意する中、アンドリューは「人間」として認められるために不死でなくなることを決意し、バーンズの協力を得て自分の体に人間の血液を輸血した。バーンズが言うには、このまま血液は人工血管を介して電子頭脳を含む全身に行き渡り、そのまま凝固することでアンドリューの肉体の機能は停止し、死に至るという。血液の影響で老化の進んだ外観となったアンドリューは、人類法廷に出廷し「あなたのどこが人間なのか」という反問に、自分の胸を指して「ここです」と答えた。

判決の下る日、アンドリューとポーシャはベッドに横になってテレビ画面を見ながら判決を待った。人類法廷がアンドリューを「史上初めて200年生きたことが確かな人間である」と認めた時、アンドリューは活動を永遠に停止した。ポーシャは傍らに看護婦として付き添っていた、人間の姿を得たガラテアに、自分の生命維持装置を停止するように求めた。ガラテアはポーシャの頼みに従い生命維持装置のスイッチを切ると、「偉大なアンドリューならきっとこう言ったでしょう。お役に立てて、光栄です」とアンドリューへ抱いていた自らの尊敬の思いを込めて語った。ポーシャはアンドリューの手をとり、死を迎えるのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 日本テレビ
アンドリュー ロビン・ウィリアムズ 江原正士 堀内賢雄
アマンダ・マーティン(リトル・ミス) エンベス・デイヴィッツ 渡辺美佐 田中敦子
ポーシャ・チャーニー
リチャード・マーティン サム・ニール 牛山茂 磯部勉
ルパート・バーンズ オリヴァー・プラット 手塚秀彰 塩屋浩三
ガラテア キルステン・ウォーレン 安岡有美子 雨蘭咲木子
レイチェル・マーティン(リチャードの妻) ウェンディ・クルーソン 宮寺智子 塩田朋子
リトル・ミス(幼少期・7歳) ハリー・ケイト・アイゼンバーグ 間宮くるみ
グレース・マーティン(ミス) アンジェラ・ランディス
ミス(幼少期・9歳) リンゼ・レザーマン 三浦智子
ビル・ファインゴールド弁護士 ジョン・マイケル・ヒギンズ 小室正幸
ロイド・チャーニー ブラッドリー・ウィットフォード 浜田賢二 井上肇
デニス・マンスキー スティーヴン・ルート 茶風林 玄田哲章
議長 ジョージ・D・ウォレス 北村弘一 村松康雄
マージョリー・ボータ議長 リン・ティグペン 磯辺万沙子 巴菁子
  • ソフト版:VHS・DVD収録
演出:清水洋史、翻訳:岸田恵子、調整:宇田川亨子、プロデュース:吉岡美惠子、制作担当:神部宗之、制作:東北新社
その他:古田信幸緒方文興朴璐美菅野莉央黒葛原未有
演出:小山悟、翻訳:たかしまちせこ、調整:重光秀樹、効果:リレーション、制作:ケイエスエス

スタッフ[編集]

受賞[編集]

  • ジョージー賞(2000年度)
    • 最優秀特殊メイク賞(グレッグ・カノン、ウェス・ウォフォード)

脚注[編集]

  1. ^ a b c Bicentennial Man (1999)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年2月13日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • アイザック・アシモフ、ロバート・シルヴァーバーグ 著、中村融 訳『アンドリューNDR114』東京創元社、2000年、ISBN 9784488604103

外部リンク[編集]