木星買います

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

木星買います』(もくせいかいます、Buy Jupiter and Other Stories)は、アイザック・アシモフSF小説短編集、またその表題作(Buy Jupiter)。短編集は1975年に刊行された。

概要[編集]

1950年から1973年までに書かれた短編集未収録作品を集めたもの。元々はボストン世界SF大会で限定出版された小冊子に、さらに短編を足して再構成したものである。

各作品の前後にはアシモフ自身の解説が記されているが、単に作品の内容のみならず、『アシモフ初期作品集』を引き継ぐ形で執筆当時の自身の状況が、かなり重大な事件(ボストン大学辞職、ガートルード夫人との離婚、師キャンベルの死去、ジャネット夫人との再婚など)も含めて詳細に記されており、さながら自伝の様相を呈している。

表題作『木星買います』(Buy Jupiter)のタイトルは、英語で驚き・喜びを表す成句「By Jupiter」をもじったもの。元々アシモフ自身は同作に別の題名を付けていたのを、雑誌掲載時に編集者に勝手に変更されたのであるが(通常アシモフは編集者らのこうした行為に憤慨している)、駄洒落好きのアシモフはこれをすっかり気に入ってしまい、短編集のタイトルにも採用したという経緯がある。

収録作の一つ『エヴェレスト』は、エベレスト山に人間が絶対に登頂できない理由を描いた作品だったが、掲載誌の出版準備中にエドモンド・ヒラリーらが登頂に成功、それでも掲載を取りやめずに出版されてしまったため、アシモフは本書中でも「私が『エベレストは登頂不可能』と予言したのは、それが登頂された6ヶ月だった」と述べている。

収録作品[編集]

  • ダーウィンの玉突き場 Darwinian Pool Room (1950)
  • 狩人の日 Day of the Huters (1950)
  • シャー・ギード・G Shah Guido G. (1951)
  • バトン、バトン Button,Button (1953)
  • 猿の指 The Monkey's Finger (1953)
  • エヴェレスト Everest (1953)
  • 休止 The Pause (1954)
  • 望郷 Let's Note (1954)
  • それぞれが開拓者 Each an Explorer (1956) 別題「媒介者」
  • 空白! Blank! (1957)
  • 蜜蜂は気にかけない Does a Bee Care? (1957)
  • ばか者ども Silly Assec (1958)
  • 木星買います Buy Jupiter (1958)
  • 父の彫像 A Statue for Father (1959) 別題「人類の恩人」
  • 雨、雨、向こうへ行け Rain, Rain, Go Away (1959)
  • 創建者 Founding Father (1965) 別題「入植者」
  • 地獄への流刑 Exile to Hell (1968)
  • 問題の鍵 Key Item (1968)
  • 適切な研究課題 The Proper Study (1968)
  • 二四三〇年 2430 A.D. (1970)
  • 最大の資産 The Greatest Asset (1972)
  • 好敵手 Take a Match (1972)
  • チオチモリン、星へ行く Thiotimoline to the Stars (1973)
  • 光の韻律 Light Verse (1973)