ファウンデーションの彼方へ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファウンデーションの彼方へ』(ファウンデーションのかなたへ、Foundation's Edge )は、アイザック・アシモフSF小説ファウンデーションシリーズの第4作で1982年に刊行された。

概要[編集]

前3部作の刊行から実に30年振りに書かれた続編。これは本作執筆の動機がアシモフ自身の意志と言うよりも、むしろ続編を求めるファンや編集者の圧力に抗しきれなくなったためであると本人は述べている。アシモフの263冊目の著作にして初めてベストセラーとなり、『ニューヨーク・タイムズ』誌のベストセラー・リストに25週連続で名を連ねることとなった。以後アシモフは、再び精力的に長編SFの執筆に取り組むことになる。

それまでファウンデーション世界には登場しなかったロボットに初めて言及し、『鋼鉄都市』などのアシモフのロボット物作品との関係が示唆されている。その後『ロボットと帝国』などで両シリーズの融合がなされている。

1983年ヒューゴー賞長編小説部門を受賞している。

あらすじ[編集]

設立から500年後、隆盛著しい第一ファウンデーション(ターミナス)はその版図を銀河系の半分に広げ、今や彼らと第二帝国との間を阻む物は何もないかのように誰もが思えた。ただ一人、ターミナスの若き議員ゴラン・トレヴィズを除いて。彼はいまだ自分達が「セルダン・プラン」のレールの上に乗っていることから、滅ぼしたはずの第二ファウンデーションが密かに存続していて、自分たちを陰から操作していると考えていたのである。そのことを議会で訴えようとするも、友人コンパーの裏切りにより拘束されたトレヴィズであったが、ブラノ市長は第二ファウンデーション存続説には同意見であり、彼にその所在の探索を命じる。

最新鋭の小型宇宙船「ファースター号」を与えられて旅立ったトレヴィズは、同行者の老科学者ペロラットから彼の専門である「起源問題」の話を聞かされる。人類発祥の惑星「地球」こそがターミナスと対をなす第二ファウンデーションの所在地ではないかと考えたトレヴィズは、地球の古代名である「ガイア」の名を持つ未確認の惑星があるというセイシェル星区へ向かう。

一方、第二ファウンデーションでは若き発言者ジェンディバルが第一発言者に面会し、かつてミュールにより狂わされた「プラン」の修復度が彼らの働きを上回っており、彼ら以上の能力を持つ「反ミュール」が存在してプランに干渉していることを示していた。彼はある事件により知り合った農民の娘ノヴィと共に、反ミュール探索の旅に出る。

ガイアに到達したトレヴィズとペロラットは、その惑星が他に類の無い異質の世界であることを知る。そこへジェンディバル、更に彼らを追ってきたブラノ市長も現れる。二つのファウンデーション、そしてガイアの三つ巴の状況の中、トレヴィズは銀河系の未来を決める重要な決断を迫られることになる。

書誌情報[編集]