愛と哀しみの旅路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛と哀しみの旅路
Come See the Paradise
監督 アラン・パーカー
脚本 アラン・パーカー
製作 ロバート・F・コールズベリー
出演者 デニス・クエイド
タムリン・トミタ
音楽 ランディ・エデルマン
撮影 マイケル・セレシン
編集 ジェリー・ハンブリング
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年12月25日
日本の旗 1991年3月21日
上映時間 133分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $947,306[1]
テンプレートを表示

愛と哀しみの旅路』(Come See the Paradise)は1990年製作のアメリカ映画

概説[編集]

第二次世界大戦を背景に、日系人女性とアメリカ人男性との激しい恋愛の末に結婚した夫婦が体験する悲劇を描く。また、日系人女性の家族の悲劇も描かれている。マンザナー強制収容所など、日系人強制収容所での過酷な日々も描かれている。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ Come See the Paradise (1990)” (英語). Box Office Mojo. 2011年3月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]