バーディ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バーディ
Birdy
監督 アラン・パーカー
脚本 サンディ・クルーフ
ジャック・ベアー
原作 ウィリアム・ワートン
製作 アラン・マーシャル
製作総指揮 デイヴィッド・マンソン
出演者 マシュー・モディーン
ニコラス・ケイジ
音楽 ピーター・ガブリエル
撮影 マイケル・セレシン
編集 ジェリー・ハンブリング
配給 トライスター・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年12月21日
日本の旗 1985年8月30日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $12,000,000[1][2]
興行収入 $1,455,045[3]
テンプレートを表示

バーディ』(Birdy)は、1984年アメリカ映画。監督はアラン・パーカー、主演はマシュー・モディーンニコラス・ケイジ。原作はウィリアム・ワートンの同名小説。

あらすじ[編集]

高校時代の親友だったバーディ(マシュー・モディーン)とアル(ニコラス・ケイジ)は共にベトナム戦争に従事する。以前からに病的な執着心を持っていたバーディは戦争体験から精神に異常をきたし、軍の精神病院に収監される。

顔面を負傷したアルは別の病院で治療を受けていたが、バーディの治療の協力のため、軍医少佐のワイス(ジョン・ハーキンス)に招集される。心を固く閉ざしたバーディに高校時代の数々の思い出を語り続けるアル。その努力も虚しく一向に反応を示さないバーディ。アルがバーディの病院に滞在できる残り時間は刻一刻と少なくなっていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

サウンドトラック[編集]

本作の劇伴はミュージシャンのピーター・ガブリエルによって作曲された。自身のアルバム『ピーター・ガブリエルIII』『ピーター・ガブリエルIV』からインストゥルメンタルアレンジされた曲も使用されている。製作には初期のサンプリングシステムであるフェアライトCMIのシリーズIIxが多用された。ガブリエルは最も早くシリーズIIxを使用した一人でもある。

本作品の2年後の1986年香港で製作されたジョン・ウー監督の『男たちの挽歌』ではこのサウンドトラックから「Birdy's Flight」が使用されている。

批評[編集]

1985年のカンヌ国際映画祭では審査員特別グランプリを受賞し、パルム・ドールにもノミネートされた[4]

映画評論家ロジャー・イーバートは4点満点で4点の評価をつけている。映画レビューサイト大手のRotten Tomatoesでは25レビューで88%の好評を得ている[5]

参照[編集]

  1. ^ Nixon, Rob. “Birdy”. Turner Classic Movies. 2016年10月25日閲覧。
  2. ^ Detail view of Movies Page”. American Film Institute. 2016年11月2日閲覧。
  3. ^ Birdy” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年3月20日閲覧。
  4. ^ Festival de Cannes: Birdy”. festival-cannes.com. 2009年6月26日閲覧。
  5. ^ Birdy (1984)”. Rotten Tomatoes. 2016年11月2日閲覧。

外部リンク[編集]