パンドラ・プロジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パンドラ・プロジェクト
The Pandora Project
監督 ジョン・ターレスキー英語版
ジム・ウィノースキー
脚本 ジョン・ターレスキー
原案 ジョン・ターレスキー
ジム・ウィノースキー
製作 ジョン・ターレスキー
製作総指揮 ポール・ハーツバーグ
出演者 ダニエル・ボールドウィン
エリカ・エレニアック
リチャード・タイソン
音楽 デディ・ツァー
撮影 アンドレア・V・ロソット
編集 ダニエル・ダンカン
製作会社 シネテル・フィルムズ
公開 1998年7月
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

パンドラ・プロジェクト』(The Pandora Project)は、1998年アメリカ合衆国アクションスリラー映画ダニエル・ボールドウィンエリカ・エレニアックリチャード・タイソン出演。

ストーリー[編集]

北アフリカにあるアメリカ軍のブラボー実験場が、謎の部隊に襲撃され「パンドラ・プロジェクト」とよばれる兵器実験に使われている、生物だけを殺す中性子爆弾が盗まれてしまう。CIA長官のギャレット・ハウトマンは、爆弾を唯一無力化できるマーティン・アドラーに連絡するが、アドラーはその部隊に消されてしまう。緊急事態として、ハウトマンは爆弾を取り戻せる人物としてジョン・レイシーを呼び出す。

ジョンはハウトマンから、部隊のリーダーがウィリアム・ステンウィックという、ジョンと同じ部隊に属していた男であると知らされる。その頃ステンウィックは、エンリケ・グティエレス中性子爆弾の売買を持ちかけていた。しかしエンリケは信用できないといい、ステンウィックはデモンストレーションを見てから考えるよう話す。ジョンはある村に向かうが、すでに中性子爆弾のデモンストレーションが実行され、村人全員が殺された後だった。そこにきた盗人の1人から、部隊のジープが北に向かったと聞き、そのエンリケの屋敷を目指す。その屋敷では、エンリケがステンウィックを脅して中性子爆弾を奪おうとしたが、逆に彼の部下に撃たれる。そして侵入者を探していた彼の部下がジョンを見つけ、ステンウィックに報告する。ステンウィックに再会したジョンは、彼から自分のやってきた任務記録が抹消された上に、職を追われたため中性子爆弾を売って金を稼ぎ、政府に対して復讐を果たす目的があると聞かされる。ジョンも計画に誘われるが拒み、爆弾を回収しにステンウィックに教えられた屋敷に侵入する。だがそれは罠で、すでにステンウィックらは撤収し、屋敷には爆弾が仕掛けられ爆破される。間一髪で脱出したジョンは、恋人でニュースキャスターのウェンディ・レーンの家に行き、電話でハウトマンにステンウィックから言われたことを話し、本当のことを言ってもらわない限り任務は続行しないと伝え、ハウトマンから詳細を聞く。

その後ステンウィックは、自分を追い込んだ女性議員を殺し、ジョンは彼との対決を決意する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・レイシー大佐 ダニエル・ボールドウィン 江原正士
ウェンディ・レーン エリカ・エレニアック 日野由利加
ウィリアム・ステンウィック リチャード・タイソン 大塚芳忠
ギャレット・ハウトマンCIA長官 トニー・トッド 玄田哲章
マンソン ボー・ジャクソン 松本大
ブルース・ボビンズ ジェフ・イェーガー英語版 成田剣
エンリケ・グティエレス ロバート・ヘジス英語版 宝亀克寿
サム・デイヴィス スティーヴ・フランケン 佐々木敏
スティーヴン・シューマー リチャード・タナー 小室正幸
マーガレット・ワイルディング ミミ・コゼンス 寺内よりえ
モモ マーク・アデアー=リオス 柳沢栄治
大統領 マーク・ヘイニング 伊藤和晃
ティム・レイシー ブラッド・ロウ 渋谷茂
マーティン・アドラー デイヴ・リチャーズ 辻親八

スタッフ[編集]

  • 監督・原案:ジョン・ターレスキー英語版ジム・ウィノースキー
  • 脚本・製作:ジョン・ターレスキー
  • 製作総指揮:ポール・ハーツバーグ
  • 撮影監督:アンドレア・V・ロソット
  • プロダクションデザイナー:ギルバート・アラン
  • 編集:ダニエル・ダンカン
  • 衣裳デザイン:ジェイム・ボーン、マージョリ・マドゥーラ
  • 音楽:デディ・ツァー

外部リンク[編集]