殺人鬼 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
殺人鬼
10 to Midnight
監督 J・リー・トンプソン
脚本 ウィリアム・ロバーツ
製作 パンチョ・コーナー
ランス・フール
出演者 チャールズ・ブロンソン
リサ・アイルバッハー
音楽 ロバート・O・ラグランド
撮影 アダム・グリーンバーグ
編集 ピーター・リー・トンプソン
製作会社 キャノン・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 キャノン・フィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年3月11日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,520,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $7,175,592[1]
テンプレートを表示

殺人鬼』(10 to Midnight)は、1983年のアメリカ映画である。監督は『ナヴァロンの要塞』のJ・リー・トンプソン、主演はチャールズ・ブロンソン。日本ではビデオストレート作品の為劇場公開はされず、日曜洋画劇場で放送された際には『真夜中の野獣刑事・全裸殺人鬼を追え!』というタイトルで放送された。

概要[編集]

夜の町で連続猟奇殺人事件が発生した。全く遺留品が発見されないために捜査は難航する中、この事件を担当するケスラー刑事(チャールズ・ブロンソン)はストーカーの常習で精神異常者であるウォーレン(ジーン・デイビス)を犯人として見つけ出す。彼は、服を脱ぎ全裸になってから人を殺し、トイレで服を着直して帰宅する手口を取っていた。そのため、証拠が無く通常逮捕には難しい状況であった。
そんな中、ケスラーの娘のローリー(リサ・アイルバッハー)のいる寮が殺人鬼のターゲットとなってしまい、それを知ったケスラー刑事は急ぐのであった…

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ朝日
レオ・ケスラー刑事 チャールズ・ブロンソン 大塚周夫
ローリー・ケスラー リサ・アイルバッハー 戸田恵子
ウォーレン・ステイシー ジーン・デイビス 堀勝之祐
マッカーン アンドリュー・スティーブンス 池田秀一

参考文献[編集]

  1. ^ 10 to Midnight”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]