ホワイト・バッファロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホワイト・バッファロー
The White Buffalo
監督 J・リー・トンプソン
脚本 リチャード・セイル
原作 リチャード・セイル
製作 パンチョ・コーナー
製作総指揮 ディノ・デ・ラウレンティス
出演者 チャールズ・ブロンソン
ウィル・サンプソン
音楽 ジョン・バリー
撮影 ポール・ローマン
製作会社 ディノ・デ・ラウレンティス・プロ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年5月6日
日本の旗 1978年6月24日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ホワイト・バッファロー』(原題:The White Buffalo)は、1977年制作のアメリカ合衆国西部劇映画

幻の巨大な白い野牛と、それを追う2人の男ワイルド・ビル・ヒコッククレイジー・ホースとの闘いを描いたアクション映画。映画監督・脚本家のリチャード・セイル原作の小説(角川書店刊、石田善彦・訳)を作者自身が脚本を執筆。J・リー・トンプソン監督、チャールズ・ブロンソン主演。

あらすじ[編集]

ワイルド・ビル・ヒコックはインディアン討伐や野牛狩りで名を馳せ、西部の英雄となったが、今では夜な夜なホワイト・バッファローの悪夢にうなされていた。ホワイト・バッファローとは、背丈3メートル、体重1500キロの巨大かつ凶暴な白い野牛のことで、人がまだ入ったことのない山奥に棲息し、たびたび白人やインディアンを脅かしていた。

ある日、ヒコックはゴールドラッシュに湧くブラック・ヒルの町へ向かう。そこで宿敵のならず者カイリーン一味と出くわすが、旧友の金鉱探しの老人ゼインの助太刀を得て難を逃れる。ヒコックはゼインと共に白い野牛を求めて旅立つ。しかし、その途中でまたもカイリーン一味の襲撃を受ける。苦戦するヒコックらを助けたのは、インディアンのクレイジー・ホースだった。

クレイジー・ホースはかつてインディアンのスー族の部族長だったが、白い野牛の襲撃で多くの部下と愛娘を失い、部族長の座を追われた。復讐に燃える彼は白い野牛の皮を娘の遺骸に捧げるため、放浪の旅に出ていたのだ。

長い戦いによる白人とインディアンとのわだかまりはそう簡単に消えることはなかったが、白い野牛を追い求めるという目的で一致した3人は一緒に旅をする。そして過酷な旅の末、ついに白い野牛の棲息地に到達した彼らは、いよいよ対決の時を迎える。

キャスト[編集]

※放映時のタイトルは『幻の白い魔牛襲来!ホワイト・バッファロー』。

その他[編集]

2012年の映画『ジャンゴ 繋がれざる者』で主人公ジャンゴ(演:ジェイミー・フォックス)のかけているサングラスは、本作でチャールズ・ブロンソンがかけているものにインスパイアされている[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ Sharen Davis Costume Interview: Django Unchained”. Clothes on Film (2013年1月1日). 2017年6月6日閲覧。
  2. ^ Hanel, Marnie (2013年1月4日). “From Sketch to Still: The Spaghetti-Western Wit of Sharen Davis's Django Unchained Costumes”. Vanity Fair. 2013年1月8日閲覧。

外部リンク[編集]