ガーデニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガーデニア
Gardenia, il giustiziere della mala
監督 ドメニコ・パオレラ英語版
脚本 アウグスト・カミニートイタリア語版
原案 テオドロ・コライタリア語版
ジーノ・カポネ
アウグスト・カミニート
出演者 フランコ・キャリファーノイタリア語版
マーティン・バルサム
ロバート・ウェッバー
音楽 フランコ・キャリファーノ
撮影 セルジオ・ルビーニイタリア語版
編集 アメデオ・ジョミーニ
製作会社 Pac Orsa Maggiore
配給 Pac
公開 イタリアの旗 1979年5月5日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 100分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

ガーデニア』(Gardenia, il giustiziere della mala)は、1979年イタリアクライム映画フランコ・キャリファーノイタリア語版マーティン・バルサムロバート・ウェッバー出演。

日本では劇場未公開で、1984年にテレビ放送された[1]

ストーリー[編集]

伊達男のガーディニアはローマにあるレストランを経営するギャングだが、人情家で町の人々に対し親切に接しているため敬われている。

そんな彼を目障りだと感じているのが、カジノの経営者 サルーソだった。彼はトニー・カルーソの忠告をよそに他のギャングたちを集め、金になる麻薬ビジネスを手掛ける巨大な犯罪組織を半ば強引に結成しようとしていた。

サルーソは自分に儲けの半分を渡すという条件を他のギャングに受け入れさせ、麻薬売買のために手強いとされるガーディニアを抹殺しようと手下たちを率いて、レストランに対する破壊活動を開始する。これに憤ったガーディニアも友人のビスコートや弁護士と組んで反撃を始め、2人の戦いが激しさを増していく。

キャスト[編集]

※括弧内はTBS版日本語吹替(初回放送1984年2月18日24:10-26:00 『土曜映画』 放送タイトル「オレはギャング ガーディニア」)

スタッフ[編集]

日本語版スタッフ

  • 吹替翻訳 - たかしまちせこ
  • 吹替演出 - 松川陸
  • 吹替選曲 - 河合直
  • 吹替効果 - 南部満治、大橋勝次
  • 吹替調整 - 遠西勝三
  • 吹替制作 - ザック・プロモーション

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本語吹替版ではジャクソン
  2. ^ 日本語吹替版ではコロンボ

参考文献[編集]

  1. ^ ガーデニア”. allcinema. 2017年4月9日閲覧。

外部リンク[編集]