ウィリアム・アザートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・アザートン
William Atherton
William Atherton
2009年撮影
本名 William Atherton Knight
生年月日 1947年7月30日(66歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コネチカット州
ジャンル 俳優
声優
活動期間 1972年-
配偶者 Bobbi Goldin (1980年 - 現在)

ウィリアム・アザートンWilliam Atherton, 1947年7月30日 - )は、アメリカ合衆国コネチカット州生まれの俳優声優である。

来歴[編集]

コネチカット州のオレンジに生まれる。役者を目指し高校時代から劇団に入っており、高校卒業後は様々な舞台へ出演。オフ・ブロードウェイデビューも果たした。

1972年に『センチュリアン』で映画デビューを果たし、しばらくは小さな役どころで細々と活動を続けていたのだが、1973年スティーヴン・スピルバーグ監督の『続・激突!/カージャック』へ出演してゴールディ・ホーンの気弱な夫を演じた。それがきっかけで徐々に大きな役がつくようになり、ビル・マーレイ主演の『ゴーストバスターズ』にアメリカ合衆国環境保護庁の小役人ペック役で出演。権力を笠に着た憎まれ役を嫌味たっぷりに演じてみせた。同作では大量のマシュマロ液を頭からかぶるシーンがあるのだが、その撮影時には怪我をしかけるほどだったらしく、彼の役者魂が垣間見られる。ブルース・ウィリスの出世作『ダイ・ハード』と続編の『ダイ・ハード2』でも、どこか抜けているテレビレポーターを演じ、印象を残した。嫌味な役を演じたせいで「バーで喧嘩を売られるし、子どもには馬鹿にされるようになった」と語っている。

映画の他にテレビやテレビアニメの声優としても活躍しており、近年ではトム・クルーズ渡辺謙真田広之らが出演の『ラスト・サムライ』や、スティーヴン・セガール栗山千明大沢たかお出演の『イントゥ・ザ・サン』と、日本人俳優が出演した映画にも顔を出している。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

外部リンク[編集]