ビル・ナイ (教育者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビル・ナイ
Bill Nye
2011 Bill Nye by US Navy cropped to collar.jpg
2007年4月10日ブリッジウォーターステート大学にて
生誕 (1955-11-27) 1955年11月27日(63歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントンD.C.
住居 ニューヨークロサンゼルス
出身校 コーネル大学
職業 司会者科学者俳優作家
署名
BillNye.png

ウィリアム・サンフォード・"ビル"・ナイWilliam Sanford "Bill" Nye1955年11月27日 - )[1]は、アメリカ合衆国の科学教育者テレビ司会者コメディアン俳優作家科学者であり、アメリカで1993年から98年まで放送されていた科学教育番組「Bill Nye the Science Guy」の司会を務めていたことで有名な人物である。

ショーティー・アワード受賞、デイタイム・エミー賞受賞、サイコップ会員。

経歴[編集]

1955年11月27日 ワシントンD.C.にて、第二次世界大戦期間の暗号解読員であったジャックリンと、退役軍人のEdwin Darby "Ned" Nyeの間に生まれた[2][3][4]

学生時代[編集]

市内のラファイエット小学校とアリスディール中学校に在籍した後、一部奨学金を受けながら私立学校シドウェル・フレンズ・スクールを1973年卒業した[5][6]コーネル大学にて機械工学を勉強(この時、カール・セーガン天文学も受講[7])し、機械工学学士(理学)として1977年卒業した[8]。その縁で、時折コーネル大学には、入門レベルの人類生態学と天文学のゲスト講師として呼ばれている[9]

キャリア[編集]

ナイはシアトルボーイングに務め、ボーイング747油圧共振抑制技術を開発する傍ら、作業説明用のトレーニングフィルムに主演していた。その後、航空業界のコンサルタントとして働いていた。数年ごとにNASA宇宙飛行士採用を志願していたが落選していたことを1999年タンパベイ・タイムズで語っている[10]

The Science Guy[編集]

ナイは、「Almost Live!」というワシントン州シアトルのローカルコント番組の作家 兼 俳優を兼ねて活動を始めた。 この番組の司会であったRoss Shaferが、番組内の6分の枠内で「The Science Guy」という愛称の科学的な実演を行う企画を提案した[11]。 この企画は1991年から1993年まで行われ人気を博し、1993年から1998年まで子供向け科学番組として全米に放送された。

参考文献[編集]

  1. ^ 2015 Commencement Speaker: William Sanford Nye”. Rutgers.edu. Rutgers. 2015年5月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月4日閲覧。
  2. ^ Jacqueline Jenkins-Nye, 79, World War II code breaker”. Baltimore Sun (2000年4月3日). 2011年3月24日閲覧。
  3. ^ Biography | Bill Nye the Science Guy”. Billnye.com. 2010年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月24日閲覧。
  4. ^ Transcript of Oral History of Jenkins, S.S. (Bud)”. Library.uncw.edu (2003年10月8日). 2011年3月24日閲覧。
  5. ^ Nye, Bill (2009年1月21日). “My School Days – The Crazy Luck”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/bill-nye/bill-nyes-school-days_b_159818.html 2009年6月30日閲覧。 
  6. ^ Sidwell Authors Archived 2009年4月5日, at the Wayback Machine. lists Nye as a '73 graduate.
  7. ^ Nye Bio”. BillNye.com. 2009年7月2日閲覧。[リンク切れ] A PDF file from Nye's official website. This information can also be found in Flash format at the site under "Bill Info".
  8. ^ Janet Reno and Bill Nye appointed CU Rhodes Class of '56 Professors”. Cornell Chronicle. Cornell University (2001年6月19日). 2014年1月17日閲覧。
  9. ^ Bill Nye, the Science Guy, at Cornell”. Everything Science (2006年3月14日). 2013年10月3日閲覧。
  10. ^ Davis, Pamela (1999年10月11日). “Bill Nye, the successful guy”. St. Petersburg Times. 2008年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月26日閲覧。
  11. ^ Bill Nye the Science Guy Interview”. 2014年3月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]