蒸気船ウィリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
蒸気船ウィリー
Steamboat Willie
監督 ウォルト・ディズニー
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 ウォルト・ディズニー
配給 セレブリティ・プロダクション
公開 アメリカ合衆国の旗 1928年11月18日
上映時間 約7分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 (本作がシリーズ第1作)
次作 ギャロッピン・ガウチョ
テンプレートを表示

蒸気船ウィリー』(じょうきせんウィリー、原題:Steamboat Willie)は、1928年11月18日アメリカ合衆国で公開されたディズニー制作の短編アニメーション作品である。

ミッキーマウスの短編映画シリーズとして最初に公開された作品である。

概要[編集]

世界初のトーキー・アニメーション、つまり音声つきのアニメーション作品であるという評価がなされることが多いが、正確にはこれは間違いである。この作品以前にマックス・フライシャーが経営していたインクウェル・スタジオの『ソング・カー・テューンズ(Song Car-Tunes、1924年 - 27年)(全36作品中19作品がトーキー)』ポール・テリーの『ディナー・タイム(Dinner Time、1928年)』などが既に音声つきアニメーションとして制作されている。『蒸気船ウィリー』の価値は、サウンドトラック方式を世界で初めて採用したところにある。[1]

一般的には、この作品がミッキーマウスミニーマウスのデビュー作とされているため、公開日の11月18日はミッキーとミニーの誕生日、もしくはスクリーンデビューの日となっている。厳密には本作の前に作られた『プレーン・クレイジー』と『ギャロッピン・ガウチョ』に出演しているが、公開は本作が最初だった。

ウォルト・ディズニーは『オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット』の版権をユニバーサル映画に奪われてから、信頼するアニメーターであったアブ・アイワークスと共に新たなキャラクター、ミッキーマウスを考案した。当時の主流はサイレント映画であり、ミッキーを主役にしたサイレント映画を数本作ったが、配給会社には受け入れられなかった。しかし1927年に世界初のトーキー映画である『ジャズ・シンガー』が公開され、トーキーがこれからの主流になっていくと確信したウォルトはアニメでもトーキーを利用できないかと考え、当時サイレント映画用に作っていた『蒸気船ウィリー』をトーキー映画として作り直す。ニューヨークのコロニー・シアター(現ブロードウェイ・シアター)で公開された本作はまさに大成功を喫し、その後のディズニーの基盤となった。ミッキーは裸足で素手だったものが、この映画の中で靴を履いている。

配給業者さがしに難航した本作であるが、封切られてからはプレスや観客の評判を呼び、映像と音声を完璧にシンクロさせた画期的・独創的な手法が評価された。

劇中のミッキーやミニー、ピートなど全ての声をウォルト自身が演じている。タイトルと内容は喜劇俳優バスター・キートンの『キートンの蒸気船』(Steamboat Bill Jr.)のパロディである。

2007年公開の長編作品『ルイスと未来泥棒』以降、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ制作のアニメーション作品のオープニングロゴタイトルとして、本作の1カットを使ったものが新たに製作、使用されている。

あらすじ[編集]

とある蒸気船。ミッキーは機嫌よく船を操縦していたが、船長のピートに断りなく勝手に操縦していたため叱られる。

港に着いた船は牛や七面鳥と言った家畜を積み込み、ふたたび出港するが、ミッキーの恋人・ミニーが置いてけぼりを食う。ミッキーはクレーンを操作してなんとか彼女を救い上げるものの、そのさい彼女が持っていた楽譜や楽器が床に散らばり、すべてやぎに食べられる。ところが不思議なことに、楽譜や楽器を食べたやぎはオルゴールに変身する。そこでミニーが尻尾を回すと、楽しげな音楽が流れだす。楽しくなってきたミッキーはバケツやスプーン、果ては猫や七面鳥、豚、牛まで楽器代わりにして大騒ぎする。

しかし調子に乗りすぎて、またしてもピート船長に叱られ、罰としてジャガイモ切りをやるはめとなる。その無様な様子を見たオウムがミッキーをからかう。ミッキーはジャガイモをオウムに投げつけて海に突き落とし、その声を聞いて笑う。

スタッフ[編集]

著作権[編集]

製作されたアメリカ合衆国ではタイトルカードに著作権標記が入り、著作権登録とリニューが行われたこと、また、著作権延長法によって保護期間が延長されたことから、2024年(公開後95年)まで著作権が保持されているが、日本国内の著作権法では公開後50年と戦時加算10年を含めても60年以上が経過しているため、パブリックドメインとなっている。ミッキーマウス自体は商標で保護されているため、商標権の侵害となるのは商品の目印となる使い方であり、商用目的であろうと著作物の題号は商標ではないため、ミッキーマウスを題号に含んだ作品の販売は商標権の侵害にはあたらず自由である。また作中でのミッキーマウスの登場など商品の目印にならないような使い方ならば商標権の侵害にならず、商用目的には一切使えないというのは誤解である。

カットされたシーン[編集]

現在流通している本作のビデオソフトの中には一部シーンがカットされているものがある。ミッキーマウスが動物の鳴き声などを用いて『オクラホマミキサー』を演奏するシークエンスにおける、「母豚の乳を吸っている仔豚の尻尾を引いて鳴き声で曲を演奏する」シーンに続く「母豚の体を持ち上げて仔豚を振り落とし、振り落とされなかった仔豚を蹴り飛ばして母豚の乳房を楽器のように弄り母豚の鳴き声で曲を演奏する」というシーンである。カットされているバージョンにおいては、BGMがブツ切りにならないように編集がされておりカットされたことが分からないような配慮がなされている。

日本での公開[編集]

収録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 有馬哲夫著『ディズニーとライバルたち アメリカのカートゥーン・メディア史』(2004年 フィルムアート社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]