ミッキーのつむじ風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミッキーのつむじ風
The Little Whirlwind
監督 ライリー・トムソン
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 ウォルト・ディズニー
音楽 オリバー・ウォレス
配給 RKO Radio Pictures
公開 アメリカ合衆国の旗 1941年2月14日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ミッキーのドキドキ汽車旅行
次作 ミッキーの青春手帳
テンプレートを表示

ミッキーのつむじ風』(ミッキーのつむじかぜ、原題:The Little Whirlwind)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が制作した1941年2月14日公開のアニメーション短編映画作品。ミッキーマウス・シリーズの一作品である。

あらすじ[編集]

ある日、ミニーはケーキを作っていた。そんな頃、ミッキーは口笛を吹きながら陽気に歩いているとケーキのおいしそうなにおいにつられてミニーの家へとやって来る。ミッキーはミニーの家をのぞくとその脇にはおいしそうなケーキが。食べさせてもらおうとするが、ミニーは冷たく追い返す。そんな彼女にミッキーは庭を掃除することを条件でケーキをもらうことにし、ミニーは承知した。

ミッキーは庭の落ち葉を掃除し始めるが、そこに子供のようなつむじ風が悪戯をしてミッキーの落ち葉掃除の邪魔をし始める。更にはミッキーをからかい、大事なかごで遊び出し、果てには落ち葉を行進させる始末。ミッキーはつむじ風を追い払おうと待ち構えて袋に閉じ込めるも、それすらも軽くあしらわれてしまうのであった。

業を煮やしたミッキーは掃除用具を振り回しながらつむじ風を追い回すも、そこへ母親らしき巨大なつむじ風が現れ、ミッキーは逃げ惑う。巨大なつむじ風はいろいろなものを巻き込みながら追い回し、追い詰められたミッキーは遂には飲み込まれてしまい、噴水へと捨てられる。

一方、ケーキを完成させたミニーが外へ出てみると驚くほど庭は荒らされたように酷い有様。噴水に乗り上げられているミッキーを見て、憤慨するミニー。自分を睨むミニーを見て、ミッキーはこれではケーキはもらえないと後ずさりをするも、そんなミニーはあげると言ってケーキをミッキーに投げつける。乱暴な形でケーキを手に入れたミッキーは「どうも」と言わんばかりに、自分の頭の上に乗っかったケーキの上にあるチェリーを食べるのであった。

登場キャラクター[編集]

キャラクター 原語版 ポニー
バンダイ
BVHE(旧)版 BVHE(新)版
ミッキーマウス ウォルト・ディズニー 後藤真寿美 納谷六郎 青柳隆志
ミニーマウス テルマ・ボードマン 下川久美子 水谷優子
ナレーション - 江原正士 - -

映像ソフト化[編集]

外部リンク[編集]